ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2008/09/15 Mon 12:21
パコと魔法の絵本 レイトショーで邦画『パコと魔法の絵本』を観て来ました。風変わりな登場人物たちとファンタジーな内容には公開前から興味がありまして、もう勢いで作中に出てくる絵本『ガマ王子vsザリガニ魔人』のポップアップ絵本も買ってしまったほど。ホントに観客全員で笑って泣いて、また笑って泣いて…の繰り返しでしたね。いや~、イイ映画だったなぁ。

 変わり者ばかりが居る病院の中でも、特に人々から嫌われている大金持ちの超ワガママで頑固ジジィの大貫が、交通事故により一日しか記憶が持たないパコという一人の少女に出会ったことで、少しでも彼女に記憶に何かが残るようにと考えるようになり、彼女が毎日読んでいる絵本『ガマ王子VS ザリガニ魔人』を病院内のみんなで演じてパコに見せてあげようという案を思い付き、現実させるべく奮闘する。

 …という話で、頑固ジジィが純粋な少女に心を動かされるファンタジー作品なんですが、触れ込み通り「大人が笑って泣ける」作品でもありました。もう、大笑いしたり、笑った直後にウルウルしたり、ウルウルした直後に笑ったり、観ている方も忙しかったですよ。最後の方なんて涙無しには観られなかったんですが、心温まるエンディングにはジーンとしましたね。

 とにかく登場人物の設定と演じている役者さんが異常なくらいにハマッていて、個人的にはビジュアルだけでも70点はあげたいくらいツボでした。!

パコと魔法の絵本・画像1 ■大金持ちの頑固ジジィ…役所広司■天才子役だった俳優…妻夫木聡■ヤンキーな看護士…土屋アンナ■神出鬼没の謎の男…阿部サダヲ■頑固ジジィの甥っ子の気弱な男…加瀬亮■超Sで貢ぎ物に弱い看護士…小池栄子■消防車に轢かれた消防士…劇団ひとり■銃を暴発させて入院しているヤクザ…山内圭哉■噂とジュディ・オング好きのオカマ…國村準■メルヘン思考な医者…上川隆也
 これだけの変わり者をよく思い付いたというか、とにかく登場人物を観ただけでも笑える凄さ。しかも特殊メイクが凄くて、素とは別人になっている役者さんも少なくないですからね(笑)。そして少女パコを演じるアヤカ・ウィルソンちゃんがメッチャ可愛くてね~♪彼女を観ているだけでメルヘンの世界に居るようでした。

 また、超個性的な登場人物達にもそれぞれドラマがあって、頑固ジジィが少女パコに出会ったことで少しずつ変わっていったように、他の登場人物も頑固ジジィに振り回されながらも心の変化があったりして、どの登場人物にも愛着が持てる素敵な内容でもありました。
 特に後半の「劇中劇」のシーンなんて、それぞれの登場人物の個性が出ていてサイコーでした。この作品はシーンによってCGと合成になるんですが、絵本のガマ王子が池から出て来たシーンとか、絵本通りの動きをするシーンなんて妙に可愛い&カッコいい!と思ってしまい、少女パコと同じテンションで喜んでしまいました(笑)

映画『パコと魔法の絵本』・画像2 中島哲也監督というと映画作品よりも、随分前に山崎努さんと豊川悦司さんが対戦する温泉卓球シーンをスローモーションで描いたビールのCMや、SMAPがガッチャマンになったCMが印象に強いんですが、この作品もなんとなく、当時のCMの雰囲気を受け継いでいる気がしました。
 オールセットで、ホントに舞台をやっているような現実離れした作りな分(この原作は舞台作品)、奇抜なキャラクターや展開も違和感なかったし、逆にすんなりと作品のワールドに自分も入り込めた気がします。こういう独特なワールドが展開されたメルヘンチックな作品…私は非常に好物です♪

 あと、何といってもCG化された絵本のキャラクターが可愛くて!顔つきとか表情が劇中劇の中で演じている登場人物に似ていて愛嬌やユーモアがふんだんにあり、CG合成が全く違和感がなかったし、ガマ王子が最後にパコへ見せた表情にはキュ~ンとなったと同時に涙ボロボロでした。


 心から笑って泣いて、また笑えた!もう一度観たいかも!→★★★★


 【注意】以下、ネタバレを含んだ感想になります。

web拍手
 先にも書きましたが、一日しか記憶が残らないパコが、少しでもいいから何か心に残るように…と、あの頑固ジジィの大貫がガマ王子を熱演する姿をはじめ、それぞれの登場人物が自分なりに熱演する姿はサイコーでしたね。特に阿部サダヲさんが演じた掘米の怪演ぷりはツボでした。大貫が考えた配役には掘米の役は無かったのに、自分で勝手に役を作って出た挙句に無駄な活躍を見せたりして大笑いしました。
映画『パコと魔法の絵本』画像3 堀米はストーリーを進行していく役柄でもあったわけですが、登場の仕方が毎回可笑しいので、この堀米が登場する度に「今度は何をやらかすんだ?」とワクワクしながら観ちゃいました。

 阿部サダヲさんといえば、中盤のシーンで大貫に対してキレる時に「ピンポンダッシュッ!」と叫びまして、あの高見沢さんソロ曲『騒音おばさんvs高音おじさん』の同じフレーズを思い出して、一人でツボに入ってしまいました。あの曲にはグループ魂として参加してくれましたからね~。


 すごく奇抜なビジュアルでぶっ飛んだ内容でもあったけど、全体に流れる雰囲気はとてもピュアで、最後には本当に心温まる気分になれて良かったです。最後のあの運命の結末は予想していなかった分、すごく悲しく感じてしまいましたが、パコちゃんとガマ王子のあの表情に何とも言えない安らぎに似た幸せを感じました。

 なんかね、今でも最後のパコとガマ王子のシーンを思い出すと鼻がツーンときちゃうんですよ。それくらい余韻に浸れる作品でした。小ネタもふんだんに使われていたし(ケロロ軍曹だけでなく、ギロロ伍長までいたわ!)、DVDが出たら間違いなく買っちゃいますね。


テーマ:パコと魔法の絵本 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
山崎努と豊川悦司のサッポロ黒ラベルでしたっけ?
あのCM覚えています。
外で雪合戦するときは『マトリックス』みたいにのけぞりながら雪玉をよけたりしていたあのシリーズですね。

あのCMって中島監督作品だったんですね。
確かにあの頃から実写とCGの使い方が上手かったですよね。
2008/09/15(月) 16:22:18
URL | にゃむばなな #-[ 編集 ]
こんばんは♪
TBありがとうございました!

泣ける映画は時にありますが、ハナミズまで止まらなくなったのは初めてでした。
しかもその状態のまま笑わされるハメになろうとは・・・。

>堀米が登場する度に「今度は何をやらかすんだ?」とワクワクしながら観ちゃいました。

同感です。冷静に考えると彼、少々出過ぎなんですが、結局絶対笑っちゃうんですよね。
条件反射とは恐ろしいもので、しまいにはボタンが出てくるだけで笑えて笑えて。

あ、私、元「アル中」です~♪
2008/09/16(火) 21:41:02
URL | SOAR #yNivjtVU[ 編集 ]
>にゃむばななsan
コメントありがとうございます。

そうです。あの黒ラベルのCMです。
あのCMはインパクトありましたよね~。
ありがちな行動をオーバーアクション&スローでコミカルに見せる上手さが、この作品にも活かされていましたよね。

CGも他の邦画に比べて違和感が無かったのは、そのせいなのかな~?
2008/09/16(火) 22:15:06
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
>SORAさん
コメントありがとうございます。

「笑って泣ける映画」という触れ込みだったので、ストーリー展開はある程度予測していたんですが、まさか最後の最後でああいう展開になるとは思ってもいなくて、涙ボロボロになってしまいました。

それと同時に堀米の妙な言動もあって笑えるから、ホントに忙しい映画でしたよね。SOSAさんのおっしゃる通り、かなり堀米は出過ぎな印象もありますが、気が付けばあの存在が楽しみになっている自分がいたり(笑)、どっぷり中島ワールドに浸かっちゃいました。

元「アル中」でもあったんですか~!いつでも復帰歓迎ですよ(笑)
2008/09/16(火) 22:19:37
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
こんばんは^^
ななんぼさんは、大変気にいられたようですね。
自分は体調が悪い事もあって、良かったのですが
大感動までは行きませんでしたσ(^◇^;)

ブログを書いてから、皆さんのところにTBの
お邪魔すると感動とか号泣とかが多くてσ(^◇^;)
私は涙腺が弱い割りにはいつもより涙少なくて・・・
何回かはもちろん泣きましたが・・・
体調のいい時にリベンジしようかと思います^^

CG化された絵本のキャラクターは本当に
かわいかったですね(^_-)-☆
2008/09/19(金) 00:04:26
URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集 ]
>ひろちゃんsan
コメントありがとうございます。

涙腺にくる内容の次に大爆笑したくなるような展開になったりと、
なかなか感情のコントロールが大変な作品でもありましたから、
誰もが大号泣するという作品でもないのかな…?

私はあの絵本の世界観がとにかくツボでしたし、
どこか欠点がある大人達が純粋な少女と関わっていくことで、
少しずつ素直さを出していくという展開にハマってしまって、
もうラストの展開は涙々になっちゃいました。

CGキャラはちょっと生意気ちっくなところがイイですよね♪
2008/09/21(日) 00:48:49
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/30-61209754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
笑って泣ける感動ファンタジーと謳っていた予告編通りに、大いに笑って大いに泣かしてもらった映画でした。やはり『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督は素晴らしい映画監督さんです。濃い色彩にオーバーアクション、反則レベルの笑いや見事なCGと実写の融合など様々な要素...
2008/09/15(月) 16:22:26 | めでぃあみっくす
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 男はコーヒー、女はミルク、混ぜて混ざってワタシはカフェオレ(byカマ姫) 1ヶ月フリーパスポートで6本目の鑑賞 きました!きました!良かったです! 素直に感動しましたよぉ。 も、とにかく主演のア?...
2008/09/15(月) 16:39:58 | UkiUkiれいんぼーデイ
独特な色彩感覚の映像が魅力的な『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の最新作です。予告編は飛び出す絵本がさらに立体映像になったような華やかさ。豪華な顔ぶれの出演者たちによるブラックなファンタジーに期待です。 出演者はその他に、妻夫木聡、土屋ア...
2008/09/15(月) 17:57:57 | カノンな日々
昨日は、国際フォーラムの「パコと魔法の絵本」の完成披露試写会を観てきました。 15:30から座席指定券と引き換えできるということで、友達が15:30に並んでくれたのですが、すでに長蛇の列・・・。いったい皆さん何時からお並びで? それでも23列目がゲッ...
2008/09/15(月) 18:09:56 | まぁず、なにやってんだか
「パコと魔法の絵本」は病院に入院している嫌われジイさんが記憶が1日しか持たない少女と出会い心に残る事をしようと病院全員でお芝居をして頑張るコメディーファンタジーストーリーである。ストーリーは殆どハチャメチャだが最初から最後まで笑えて呆れてしまうコントの...
2008/09/15(月) 20:45:57 | オールマイティにコメンテート
どこか変わった人ばかりが入院しているとある病院で、1日しか記憶が 持たない少女のために、大人たちが彼女に思い出を残そうと奮闘する コメディファンタジー。医者もナースも患者もどこか一風変わった人ばかり集まっている病院に 一代で会社を大きくした老人・大貫がい?...
2008/09/16(火) 01:22:20 | だらだら無気力ブログ
映画「パコと魔法の絵本」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 *監督:中島哲也 *原作:後藤ひろひと *脚本:中島...
2008/09/16(火) 07:06:40 | 映画レビュー トラックバックセンター
絵本や童話は基本的に好きな世界カラフルポップなイメージと予告のカエルの王子様が飛びだして、サリーちゃんのパパみたいなヘアの役所さんとフワフワヘアのかわいい女の子この世界は、たぶん好みだわ♪という予感もあって久しぶりに初日鑑賞してきたのは『パコと魔法の絵...
2008/09/17(水) 00:27:09 | 黒猫のうたた寝
映画と、そのあとに見たお芝居の感想です。
2008/09/17(水) 09:36:15 | 塩ひとつまみ
2008/09/13公開(09/14鑑賞)製作国:日本監督:中島哲也出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 子どもが大人に、読んであげたい物語。
2008/09/17(水) 11:37:29 | 映画鑑賞★日記・・・
舞台そのもののような極端な登場人物がひしめく和製ファンタジー。入院中の大富豪・大貫は嫌われ者の偏屈ジジイ。そんな彼が、記憶が1日しか持たない少女パコのために彼女が愛読する絵本をお芝居にすることを思いつく。映像は一場面に原色が多すぎてちっとも美しくない。...
2008/09/18(木) 20:50:32 | 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
中島哲也という人は、文句なしに素晴らしい才能に恵まれた人だと思うのだが、しばしばサービス精神が旺盛過ぎて、お腹いっぱいなのに更に詰...
2008/09/18(木) 23:16:27 | ノラネコの呑んで観るシネマ
可笑しな医者に可笑しな看護婦、可笑しな患者達が集まる病院。偏屈な老人おーぬきは、自分勝手な言動でみんなから嫌われていた。ある日、おーぬきは一日しか記憶が持たない少女・パコと出会った事で、その心情に変化が現れる。おーぬきは、パコの記憶に残るよう、彼女の大...
2008/09/19(金) 07:40:20 | 5125年映画の旅
命きらめく絵本劇。  
2008/09/19(金) 10:15:48 | Akira\'s VOICE
 PACO and The Magical Book  患者も職員も、一風変わった人間ばかり集ったとある病院。その中でも超偏屈 で嫌われ者の「クソじじぃ」大貫(...
2008/09/21(日) 00:26:32 | 真紅のthinkingdays
パコと魔法の絵本 監督: 中島哲也 出演:  役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲ、      上川達也、土屋アンナ、加瀬...
2008/09/21(日) 03:09:49 | 映画@見取り八段
ここは、高台にある古いお屋敷。一階はダンス教室になっていて、黒塗りの顔の男性が雄叫びの響く中、大勢の主婦たちがハワイアン&タヒチアンのリズムに乗って踊っていました。 その屋敷の前に、ひとりの老紳士の姿がありました。彼を迎えたのは、屋敷に住む青年です。青...
2008/09/21(日) 07:05:17 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
親子連れがたくさんいたなかで観てきました。グッズがたくさんあったようで、かなりの大混雑。ちょっと見てみようと思ったんですが諦めまし...
2008/09/21(日) 08:27:29 | B級パラダイス
パコと魔法の絵本(2008 日本) 英語題  PACO and The Magical Book    監督   中島哲也    原作   後藤ひろひと    脚色   中島哲也 門間宣裕       撮影   阿藤正一 尾澤篤史                   音楽   ガブリ?...
2008/09/23(火) 16:27:04 | 映画のメモ帳+α
ゲロゲーロ! ゲロゲーロ! ガマの王子はわがまま王子。ガマの王子は嫌われ王子。
2008/09/23(火) 19:14:42 | 或る日の出来事
 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也 監督、最新作。「パコと魔法の絵本」(東宝)。最初に言っておきますが、ムッチャクチャ面白かったですわ!  一代で大会社を築いた、クソジジイ・大貫(役所広司)は、会議中に倒れ入院。しかし病院でも、オカマの木之元...
2008/09/23(火) 22:44:48 | シネマ親父の“日々是妄言”
誰の心にも残りたくないといきまいていた偏屈ジジイが この子の心にいたいと願う。 繰り返し繰り返し同じ絵本を読んで聞かせては ほっぺにさわる、その姿は子ども好きのおじいさんだ。 何でもない出会いは一人の男を ここまでもやさしい人にしてしまうんだろうか? コレは..
2008/09/24(水) 00:54:53 | ペパーミントの魔術師
 『昨日をなくした女の子と明日がいらない大人達のミラクル感動ファンタジー』  コチラの「パコと魔法の絵本」は、2004年に上演された「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」という舞台をベースに、日本映画では初となる3DのフルCGキャラと実写を融合させ映画化し...
2008/09/26(金) 22:11:24 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
子役の一生を皮肉ってるが子役が主役 【Story】 変わり者が集まるとある病院。そこは、大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役や消防車に...
2008/09/26(金) 23:26:01 | Memoirs_of_dai
パコと魔法の絵本 監督 中島哲也 出演 役所広司 アヤカ・ウィルソン 妻夫木聡 土屋アンナ     阿部サダヲ 加瀬亮 小池栄子 ...
2008/09/27(土) 15:41:48 | Blossom Blog
今日は先日ちらっと書いた試写会。 「パコと魔法の絵本」を観てきました。 個人的にはおおはまり。 オススメです! とある病院でのお話。 一代で大会社を築き、 「お前が私を知ってるってだけで腹が立つ!」 が、口癖のいかつい髭のおじさん大貫。 今日もこ...
2008/09/27(土) 23:17:13 | ぶっかにっき
■ シネフロントにて鑑賞パコと魔法の絵本 2008年/日本/105分 監督: 中島哲也 出演: 役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アン...
2008/09/27(土) 23:30:40 | 映画三昧、活字中毒
怪作品。 ディズニー、ピクサーに挑戦したのかと思っていたら、違った。 まるで、「キル・ビル」を初めて観たときのようです。 とんでもない奇天烈ワールドだと思ったら、原作は舞台『MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人』を映画化したもの。後藤ひろひとでした...
2009/03/22(日) 00:07:49 | 珍竹麟  ~映画とネットとモバイル機器な日々~
あらすじ舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院。中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日、パコという名の女の子と出会います・・・。感想『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の作品。後藤ひろひと...
2009/10/16(金) 20:37:31 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
ワケもなくペロペロ 毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの竹井みどり担当、ブロッケンです。 中島哲也監督の映画『パコと...
2010/04/04(日) 17:36:10 | 中川ホメオパシー 

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ