ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/02/09 Wed 19:38
 8日はミューザ川崎シンフォニーホールで『第65回毎日映画コンクール』の受賞式が開催されました。

 この受賞式の模様はTVKで生中継されてまして、私はリアルタイムでは見ることは叶わなかったものの、後で稲垣吾郎の役者としての晴れ舞台を存分に堪能することができました♪生中継って良いですよね、リアルタイムで見られなくても、その場の緊張感がダイレクトに伝わってきますものっ。

 グリーンカーペットでファンサービスに夢中になるあまり、フォトセッションの場所をスルーしてしまって慌てて戻る吾郎ちゃんにウケつつも、タキシードを着こなした姿に惚れ惚れ~。そして、壇上に紹介された際に上がった歓声やフラッシュの凄さに感動してしまった。

 映画『十三人の刺客』からは、録音賞の中村淳、監督賞の三池崇史、そして男優助演賞で稲垣吾郎(全て敬称略)が受賞したわけですが、3人共こういう受賞式で表彰されるのは『十三人の刺客』でが初めてだったんですよね。

 それぞれの受賞スピーチは良かったですけど、特に吾郎ちゃんが壇上に立ってフォトセッションという時間に何度か後ろ振り向いちゃって、「どうしたんだろう?写真撮影中なのに落ち着きないなぁ」と思ったら、開口一番、後方で生演奏をしてくれたオーケストラの人達に向って「素敵な演奏をありがとうございました」とお礼を述べた姿にやられましたね。ああいう場で今感じたことを自然に言えちゃうところが素敵。
 実際に演奏されていた方のお一人が、ご自身のブログにもその時の感激ぶりを書かれていて、それを読んだだけでもまた嬉しくなっちゃいました。

毎日映画コンクール受賞式 吾郎ちゃんのスピーチ内容は受賞できたことへの嬉さに溢れていて、役者として正当に評価された姿をしみじみと見ることができて幸せに感じました。また、「狂気に満ち溢れた最凶の暴君」という稀代の悪役を引き出してくれた監督はじめスタッフ、キャストに感謝をしていたところも印象に残りましたね。
 吾郎ちゃん自身も初めて脚本を読んだ時は「本当にこの役を自分がやるの?」と驚いたそうですが、監督から「好きなように楽しんでやって下さい」と打ち合わせてで言われて肩の力が抜けて、あの暴君ぶりが発揮できたというんですから、見事なまでのハマり役であったし、そこを見抜いて下さった監督やキャスティングして下さった方に感謝・感謝ですよ。

 壇上でもアピールしていたけど、これを機にもっと積極的に映画作品に関わっていって欲しいですね。今回の悪役で演技者としての幅も広がったし、悪役といっても色々あるから今後も稲垣吾郎の隠れたSの部分をどんどん見せていって欲しい。

 そうそう、エンディングをぶった切ってまで吾郎ちゃんが最後に付け加えたコメントが、外国映画ベストワン賞を受賞した『息もできない』ヤン・イクチュンのVTRコメントにあったのをパクッた「毎日新聞いい新聞♪」だったという(笑)。しかも、このフレーズは男優主演賞を受賞した堤真一さんまでパクッていましたな(笑)。二人伴、緊張しながらもオチャメっぷりは変わりませんね。

 嬉しかったのは、受賞後のバックヤードでのインタビューで、「市村正親さんとずっとご一緒するシーンが多くて、大先輩の市村さんが普段から僕のことを"殿!"って呼んでくれたりして、本当に気持ち良く役になれるようにアドバイスして支えて下さった」と、市村さんとのエピソードを語ってくれたとことかな。
 市村ファンでもある私は、そのコメントを聞いただけでも泣きそうになりましたよ。市村さんは日刊スポーツ映画賞の助演男優賞を吾郎ちゃんが受賞した時に「お陰様でウチの馬鹿殿が…っ!」て喜んでいたし(去年の12/20のblogを参照)、今回の受賞も絶対に「殿、おめでとうございまする~っ♪」て喜んで下さっているんだろうなぁ。ああ、またこの二人で何か共演して欲しいぞっ。

 そして、シルバーのタキシードというド派手な姿でキメて下さった三池監督のスピーチも最高でしたね。「プロデューサからハトでも出して来いと言われましたが何も出せません」とか、副賞のTポイント65万ポイントに対して「キャスト・スタッフ全員の力で得た賞ですが、この65万ポイントは俺の物です」なんて大笑いました。
 バックヤードのインタビューでも、「最新作はマラソンランナーの…」とかボケてみせるし、なんか映画監督という存在を超越していた気がします。

 やっぱり一生懸命に情熱を懸けて作り上げた映画が高い評価を得て表彰までされるっていうのは誰でも嬉しいものだと思うし、その喜びに満ち溢れた姿は第三者から見ても感動しますね。

 特に『十三人の刺客』は久しぶりに心から熱くなりハマッた作品だっただけに、これだけの評価を公式に得られたというのはファンとしても嬉しいですよ。なんだかんだで『十三人の刺客』絡みの新聞記事のスクラップが増えて、個人的にニマニマしてしまっている怪しい自分がいます。

 さ~ぁて、次に期待するのは『十三人の刺客』ソフト化のアナウンスかしら。そろそろ情報プリーズっ!もちろん、映像特典満載でよろしくよ♪

web拍手

テーマ:十三人の刺客 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/307-9c7c80da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ