ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2008/09/21 Sun 00:44
 昨晩は『Sma-SATION !!』で月イチ恒例ので『月イチゴロー』がありました。先月は高見沢さんのソロコンサートの時だったので、気分がそっちに行っちゃっていたから番組は見ていたんだけど、これと言って印象に残らなかったんだよね。好きな映画を取り上げて貰えなかった僻みもあるかな(笑)

 今回は主演映画『パコと魔法の絵本』のPRも兼ねて役所広司さんがスタジオ生出演されていたので、『月イチ』以外にも好みな特集でしっかり見ましたよっ。てっきり『月イチ』のリストの5本に入っているのかと期待したけど、慎吾が既に観ていたというのとゲストの人の最新作はリストに入れない法則通り(笑)、『月イチ』の5本には入ってませんでした。これが、SMAPメンバーの作品だと絶対に入れるのにね~。

 そうそう。相変わらず不必要なくらいの御もてなしを受けていた吾郎ちゃんでしたが(今回は松茸づくしだよっ!)、大下アナから「今日はスタジオゲストに役所広司さんがいらしてます」と聞いたら、急に畏まって役所さんにコメントしていたのにはウケました。二人が共演した『笑の大学』も面白かったもんなぁ。

 でもって、香取慎吾がセレクトしたのは、『X-MAN』と並び大人気のアメコミの映画化『アイアンマン』、実際に起きた絵画盗難事件を追った作品『消えたフェルメールを探して』、人気コミックの映画化『イキガミ』、CGに頼らず世界24カ国で撮影を行ったファンタジー作品『落下の王国』、そして、北野武監督最新作である『アキレスと亀』…の5作品でした。

 今回、最下位は判らなかったんだけど、予告で吾郎ちゃん「コトイチ(今年一番)!」と絶賛した作品はどれか直ぐに判ったわ。去年の『月イチ』でも、吾郎ちゃんが「コトイチ作品!」と大絶賛した『パンズ・ラビリス』は本当に素晴らしい作品だったから、今回吾郎ちゃんがコトイチ!と大絶賛した作品も是非観ていたいな。


以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。





web拍手

1位『落下の王国』…映像の美しさから感情が伝わって来る。コトイチ作品!
2位『アイアンマン』…ロボット好きにはたまらないっ!アイアンマンになりたい!
3位『イキガミ』…設定は荒唐無稽なのに、"命"について考えさせられる。
4位『アキレスと亀』…北野作品の中でも判り易く、監督の"寂しさ"を感じた。
5位『消えたフェルメールを探して』…ただのドキュメンタリーで追及して行ってない。

 …という結果になりました。

 最下位の『消えたフェルメールを探して』は、パッと見た感じ吾郎ちゃんが好きそうなタイプの作品だと思ったけど、美術品泥棒を専門に追っている探偵を追っているだけのドキュメンタリーで、映画作品として観ると完成度が低いらしく、結果も出てないので(この事件は未解決)テーマもぼやけちゃっている印象らしい。かなり手厳しい意見が出てました。

 4位の『アキレスと亀』はランクの割には高評価だったので、今回は一作品を除いては吾郎ちゃんの嗜好と合ったいたようです。特にこの作品に関しては、「武さんの寂しさを前作以上に感じる」とか、「童心に返っていっている」とかコメントしたり、ちょっと母親目線ぽい感じで面白かったなぁ。

 3位の『イキガミ』も第一声が「面白かった!」だからね。吾郎ちゃんも大下アナも泣けたらしいです。吾郎ちゃんはこの原作コミックは読んでいないそうで、「逆に先入観無しで観られて良かった」と言っていました。設定はムチャクチャなのに、出演している役者陣が素晴らしいし、とにかく「自分の命があと24時間と知ったら」と考えさせられると語っていましたね。
 ちなみに、吾郎ちゃんも大下さんも余命24時間と宣告されたら大自然の中に行って独りになりたいらしい。私もそうかもしれないなぁ。自分が一番綺麗な自然の景色だと思う所で独りぼっちで居たいかも。

 2位は『アイアンマン』で、もうロボット好きの吾郎ちゃんは語る、語る(笑)。作品の内容なんてほとんど残ってないそうで(笑)、とにかく「普通の人間がアイアンマンのスーツを着ることで最強になれるところがイイ!」と大興奮していました。大金持ちの男が自分の資産でヒーローマシンを作り上げるというのは、『バットマン』と通じるものがあるけど、『バットマン』には陰湿な雰囲気がまとわりつくけど、『アイアンマン』は文字通り痛快アクションぽいから、そういう部分もロボット好きの吾郎ちゃんにはたまらないらしい。

 1位は予想通り『落下の王国』でした。この作品は以前『王様のブランチ』でも取り上げられていて、男が少女に何気なく語った空想話が少女の視点で映像化されていくって感じの作品で、映像の美しさといい、その純粋な世界観といい、気になっていた作品でもあるんですよね。
 あの『アイアンマン』をあれだけ熱く語っていた吾郎ちゃんが、「今の時点でコトイチ!」とこの作品を絶賛したので、更に「観たい!」て気持ちが高くなりました。

 このランキングに対して慎吾は、北野作品が好きだし絵も描くので『アキレスと亀』を1位にして、あとは順に繰り下げたランキングに変更していましたね。
 役所さんは「自分の演じる側の人間なのに、ちゃんと批評家の役を演じきっていて凄い」と吾郎ちゃんのことを評していました。でも慎吾がたまに「吾郎ちゃん、よくあそこまでちゃんと批評できるよね」って言うと、「お前の為にやっているんだぞ!」て怒られると言っていてウケましたわ。

テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/31-3c590f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ