ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/03/03 Thu 19:33
 昨日はレディースデイだったので、今年度のアカデミー賞最多12部門ノミネートされ主要部門の4部門(作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞)を受賞した話題作『英国王のスピーチ(英題:THE KING'S SPEECH)』を観て来ました。
 さすがアカデミー賞効果というべきか、中途半端な時間帯だったのに8割がた客席は埋まっていましたね。

『英国王のスピーチ』 ≪あらすじ≫
 幼少時代から吃音症に悩み続けていた為に内気な人間に育ったヨーク公アルバート王子…後のジョージ6世(コリン・ファース)は敢えて人前に出るようなことは避けてきたが、父親である英国王のジョージ5世(マイケル・ガンボン)の指示により式典でスピーチをする場が訪れた。しかし吃音が出てしまったジョージ6世は緊張の余りスピーチをすることが出来ず国民の前で恥を晒してしまった。
 そこで妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は人伝に吃音矯正の専門家であるライオネル(ジェフリー・ラッシュ)の存在を知り彼に吃音症の診察を依頼をするが、今まで色んなドクターに看てもらっても何一つ良くなっていなかった為にジョージ6世自身がライオネルに否定的な態度を取ってしまう。

 …という、現エリザベス女王の父親に当たるジョージ6世の実話に基づいた話です。

『英国王のスピーチ』 ジョージ6世が吃音症に悩んでいたという事実を、私はこの作品で初めて知りました。
 物語がドキュメンタリーのような作りで淡々と進行していくせいか、ジョージ6世のスピーチに対する緊張感が観客側にもヒシヒシと伝わってきて、これは主演のコリン・ファースのリアル過ぎる演技力の賜物だと思うのですが、もう彼の口元や緊張した眼差しがアップになる度にこっちもドキドキ、集中して聴こうとする国民たちの視線に冷や汗が…という感じなのです。
 特に前半なんて、喋る以前に人前に出ることが苦手だ…というのがオーラで伝わってきて、こういう人が王族にいると当人はもちろんだけど、周囲の人達も大変だよなぁと妙に伝わってくるんですよ。

 映画なんだから別に「無音」の状態が続いたって良いわけですが、状況が状況なだけにその「無音」の状態が居た堪れなくなる。あれほど会話と会話の「間」に緊張感が漂う作品も珍しいかもしれません。今にして思えば、あの「間」は作品上での絶妙な演出でもありましたね。

『英国王のスピーチ』画像3 そして、ジョージ6世の吃音症を改善させる役を担うことになるライオネルの存在がこれまた良いんですよ。ライオネルは吃音の専門家だけではなく、シェイクスピア好きな役者志望者でもあり、彼が所々に挟むシェクスピアの即興演技や例え話が物語の流れに上手くリンクしていて、正に"言葉巧みに物語の世界観に惹き込む"存在でした。
 ジョージ6世とライオネルが語り合うシーンは時に感情的になるので見応えがあって、まるで二人芝居を見ているかのような迫力。たまに「これって、子供の罵り合いなんじゃないか?」と感じる時もあって実にユニーク。、この作品は、役者さんが相当大変だと思いますけど(笑)舞台化も可能でしょうね。とにかく、二人の人間関係が素晴らしかったです。

 しかし、物語としては期待していたよりもフツーだな…というのが正直な感想です。もちろん事実に基づいている作品なので下手にいじれないというのもあるんでしょうけど、もっと感動の押し売りをしてくるものだと思っていました。
 それでも最後まで作品の世界観に惹き込まれたのは、主演2人の巧さと脚本の素晴らしさでしょうね。言葉の一つ一つがちょっとした伏線になっていたりして、本当に「あっ、この台詞って、ああ、そうなのか…」って思えたりしてね。鑑賞する度に新しい発見を見つけられる作品ではないでしょうか。変な言い方かもしれませんが、「普通だったけど、また観てもいいかも」って思いましたから。

『英国王のスピーチ』画像4 だってジョージ6世は生い立ちからして大変なのに、お父さんがあーなって、お兄さんがこーなって、世界情勢があーなっちゃって…と、物凄く激動の時代に中心人物にならなければならなかった人で、ホントにお気の毒にとしか言いようがないくらい大変な苦闘を強いられる。だから、例え淡々に描いていようとも彼を取り巻く緊張感はハンパないじゃんっ!と、目を離すことなんて出来ないんですよね。

 決められた人生を生きていくしかない人間の苦悩と葛藤がリアルに描かれているからこそ、クライマックスでは静かなカタルシスも感じられるわけで、最近の日本のドラマでは見ることが出来ない完成度の高い脚本と演出を十分に堪能できます。

 それに、ずーっと殺伐とした展開の映画ばかり鑑賞していたので、久しぶりに穏かで心温まる作品を観られて安心してしまいました。

 あと、物語を華を添える感じに流れる音楽も良かったですね。またサントラ盤に手を出してしまいそうだわ…。


 「エンディングのキャプションを読んで何故か切なくなった」→★★★


web拍手

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
最初は反発してたアルバートとローグが互いに認め合って、最後は尊敬と友情の絆ができるのは感動的でした。
名優二人の演技合戦も見応え十分でした。
しかし王様も楽じゃないですねえ。
普通の人なら吃音もコンプレックスにはなっても、あそこまで自分を追い込む事は無いですよね。
スピーチ一つに国全体の責任がのしかかってくるプレッシャーって、大変なものだと思います。
2011/03/03(木) 21:36:21
URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集 ]
何といっても王族のパーソナリティをここまで赤裸々に描いているのが驚きです。だっていくら若くして亡くなったとはいえ現女王の父上ですからねぇ。つまりライオネルとの友情も含めて、王室の国民との距離感だとか政治的な立ち位置までも描ききってるんだと思うのです。
確かにお話としては特にエキセントリックではなかったですが、監督のアカデミー賞のスピーチによれば原作があるらしいんで、そこは忠実にしたのかもしれませんね。^^
2011/03/03(木) 23:20:32
URL | KLY #5spKqTaY[ 編集 ]
>ノラネコsan
アルバートとローグの関係性はドラマチックでしたね。
最後の互いの眼差しだけの無言の会話のシーンにはジーンときました。

> スピーチ一つに国全体の責任がのしかかってくるプレッシャーって、大変なものだと思います。

そこですよね。
ただ人前で話すだけではなく、自分の言葉が国を左右するだなんて想像絶するプレッシャーだったと思います。作品上であれだけの緊張感なのですから、実際は壮絶なまでの苦闘があったんでしょうね。

2011/03/03(木) 23:52:44
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
>KLYさん
確かに、身内がしっかりご存命なのにここまで描ききったというのは凄いですね。あ、でも、『クィーン』が公開されたくらいですから、国民も王族のことを"知りたい"と望んでいるし、王族側も"知って欲しい"部分があるのかもしれません。

しかし、この作品には原作があるんですか!ということは脚色はあまりされていない可能性が高いですね。逆に当時の王族というかジョージ6世をとりまく環境で壮絶だったんだなぁと感じてしまうと共に、これだけの"覚悟"を決めてくれたからこそ、今こうして映画化されるほどの人物として称えられているんでしょうね。
2011/03/03(木) 23:57:16
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/311-1b95e24b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試...
2011/03/03(木) 19:39:36 | あーうぃ だにぇっと
英国王のスピーチ 子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身の......
2011/03/03(木) 19:44:31 | シネマDVD・映画情報館
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
2011/03/03(木) 19:49:51 | 日々“是”精進!
「英国王のスピーチ」監督トム・フーパー出演*コリン・ファース(ジョージ6世)*ジェフリー・ラッシュ(ライオネル・ローグ)*ヘレナ・ボナム=カーター(エリザベス)*ガイ・ピア...
2011/03/03(木) 20:08:27 | だめ男のだめ日記
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...
2011/03/03(木) 20:15:51 | 佐藤秀の徒然幻視録
英国史上最も内気で、繊細で、かんしゃく持ちなうえに、自分に自信がない内弁慶な国王の、男としてのプライドを賭けた静かなる戦い。それがジョージ6世の歴史に残るあの名演説。 ...
2011/03/03(木) 20:54:00 | こねたみっくす
監督:トム・フーパーあらすじイギリス王室のヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は幼いころから吃音に悩まされていた。彼は妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が探...
2011/03/03(木) 21:02:07 | ももたろうサブライ
王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...
2011/03/03(木) 21:15:35 | ノラネコの呑んで観るシネマ
<英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した、大注目作品です。 これを観に行った...
2011/03/03(木) 21:32:11 | ★紅茶屋ロンド★
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
2011/03/03(木) 21:42:09 | ノルウェー暮らし・イン・London
‘バーティ’。1シリング。心の解放。
2011/03/03(木) 21:43:10 | 悠雅的生活
現女王エリザベス2世の父である英国王のジョージ6世が吃音というコンプレックスを努力して克服し国民に愛される王になったという実話をモチーフに描いた作品です。監督を務めてい ...
2011/03/03(木) 21:49:42 | カノンな日々
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
2011/03/03(木) 21:56:44 | 英国日記
英国王のスピーチ ★★★☆☆(★3つ) アカデミー賞作品賞受賞作品。 う~ん。。。(眠かった・・・) 主演男優は納得だけど、作品賞は、ウィリアム王子成婚の祝いか?!(ま~、面白いけど・・・。丁寧に描かれているし、セットとかコマわりとか、良いのかもしれない...
2011/03/03(木) 22:12:21 | 食はすべての源なり。
2010年。イギリス/オーストラリア。"THE KING'S SPEECH".   トム・フーパー監督。  セットや美術は一見すると豪華だが、全体の雰囲気が何となくB級映画っぽい。  コリン...
2011/03/03(木) 22:22:07 | 映画の感想文日記
現英国女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記ドラマ。 内気で吃音障害を抱え、思いがけず国王となったジョージ6世が、言語療法士ライオネル・ローグの助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを行うまでを描く。 出?...
2011/03/03(木) 22:42:15 | Mooovingな日々
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
2011/03/03(木) 22:46:14 | 風に吹かれて
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...
2011/03/03(木) 22:56:52 | 映画鑑賞★日記・・・
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
2011/03/03(木) 23:05:21 | LOVE Cinemas 調布
※注・内容、台詞に触れています。吃音(きつおん)症に悩む英国王ジョージ6世とその妻エリザベス、スピーチ矯正の専門家ローグとの実話に基づく物語『英国王のスピーチ』監督は『くたばれ!ユナイテッド - サッ
2011/03/03(木) 23:48:52 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
Paul Bond 2011年2月3日 トム・フーパー監督、デビッド・サイドラー脚本 『英国王のスピーチ』 歴史的な出来事を扱おうとする映画制作者は、ある種の課題に直面する。作品が成功するためには、出来事の一言一句、あるいは元の言葉に忠実な再話である必要はないが、映画に?...
2011/03/04(金) 00:18:15 | マスコミに載らない海外記事
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。
2011/03/04(金) 00:22:31 | SOARのパストラーレ♪
公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ...
2011/03/04(金) 00:35:38 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
<<ストーリー>>幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。 そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は そんな息子を許...
2011/03/04(金) 01:37:37 | ゴリラも寄り道
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
2011/03/04(金) 02:09:01 | さも観たかのような映画レビュー
映画を鑑賞しました。秊 2011-10『英国王のスピーチ』(更新:2011/03/02) 評価:★★★☆☆ TOHOシネマズ南大沢で鑑賞です。 アカデミー賞作品賞をはじめとして脚本賞などを受賞した作品です。 しかし、面白いとかそういう…
2011/03/04(金) 02:42:35 | はっしぃの映画三昧!
     幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、自分を否定しながら生きてきた男がいる。      エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世。      自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の実話(秘話)...
2011/03/04(金) 04:58:53 | Piattの私的映画生活
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー...
2011/03/04(金) 07:19:35 | NiceOne!!
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
2011/03/04(金) 07:29:15 | 映画のブログ
映画『英国王のスピーチ』(公式)を、映画サービスデー(3/1)鑑賞。平日夕方の回であったが、観客は100名はいたろうか。先日のアカデミー作品賞受賞効果があったと思う(私も)。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら40点。 ざっくりストーリ?...
2011/03/04(金) 09:31:41 | ディレクターの目線blog
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
2011/03/04(金) 10:11:53 | 労組書記長社労士のブログ
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
2011/03/04(金) 10:38:05 | Akira's VOICE
’10イギリス、オーストラリア 原題:King’s Speech 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン 撮影:ダニー・コーエン 音楽:アレクサンドル・デスプラ コリン・ファース     : ジョー?...
2011/03/04(金) 10:41:28 | レザボアCATs
 なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです『...
2011/03/04(金) 13:10:00 | かろうじてインターネット
英国王のスピーチ、見てきました。 日曜日の朝、まだアカデミー賞が決定する前だったにもかかわらず、初回に間に合うように行ったのに次の回のチケットしか買えずにかなり長い時 ...
2011/03/04(金) 13:51:18 | シニカル・ヒストリー・タワー
監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース   英国史上、もっとも内気な王。 「ジョージ5世亡き後、兄のエドワードが即位するも、離婚経験のある女性との恋でその地位を自ら捨ててしまう。
2011/03/04(金) 15:37:38 | 日々のつぶやき
ジョージ6世(Albert Frederick Arthur George Windsor) 幼少より言葉が遅く、厳格な父ジョージ5世より厳しく育てられる。また左利きでX脚だったことから、半ば乱暴ともいうべき矯正の毎日を強いられ、次第に彼の心に大きな傷が出来始める。抑圧的でストレスが鬱積す?...
2011/03/04(金) 23:35:19 | Diary of Cyber
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。
2011/03/05(土) 00:48:27 | FREE TIME
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニフ...
2011/03/05(土) 13:03:14 | 京の昼寝~♪
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...
2011/03/05(土) 13:04:33 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
2011/03/06(日) 14:02:46 | 心のままに映画の風景
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
2011/03/06(日) 17:57:01 | 真紅のthinkingdays
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第83回アカデミー賞 作品、監督、脚本...
2011/03/06(日) 20:21:44 | 映画!That' s Entertainment
'11.02.16 『英国王のスピーチ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! *ネタバレありです! そして熱弁(笑) 「ヨーク公アルバート(通称バーティー)は、吃音に悩んでいた。高名な医者にかかっても効果はなし...
2011/03/07(月) 02:09:45 | ・*・ etoile ・*・
今年のアカデミー賞の有力候補と目されている『英国王のスピーチ』を試写会で観ました。 鑑賞できるのを楽しみにしていた1本です。 ******************** 『ブリジット・ジョーンズの日記』『シングルマン』のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民か?...
2011/03/08(火) 00:29:31 | Cinema + Sweets = ∞
第2次大戦直前に兄に代わって国王になったジョージ6世(コリン・ファース)が、子供の頃からのきつおんを克服して国民の前でスピーチをするまでが描かれている。ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)とのトレーニングが実に丁寧で共感を呼ぶ。うつ病の自分自身と照らし合わせ
2011/03/09(水) 00:19:31 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
2011/03/09(水) 05:14:33 | 気ままな映画生活
本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、2人の男の成…
2011/03/13(日) 19:55:06 | 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
未曾有の大地震のまっただ中、神戸までサイクリングして観ました。(^^)/ 初めて行った劇場でしたが指定席ではなかったのであんまり良い席では観れなかった、無念。 シネ・リーブル神戸という劇場で観ました。 (奇しくもこの劇場、阪神大震災で建て替えたそうです。) ...
2011/03/14(月) 10:38:00 | SUPER BLOG.JP
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
2011/03/15(火) 22:29:32 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                 ...
2011/03/16(水) 18:42:04 | soramove
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
2011/03/17(木) 01:22:37 | にき☆ろぐ
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的…
2011/04/02(土) 01:49:07 | だらだら無気力ブログ
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
2011/04/10(日) 18:52:24 | itchy1976の日記
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。...
2011/04/22(金) 21:45:15 | 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フ...
2011/04/29(金) 17:44:15 | kintyre's Diary~Goo Version
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
2011/05/02(月) 15:36:18 | C'est joli~ここちいい毎日を~
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディン...
2011/05/05(木) 17:58:14 | 映画、言いたい放題!
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。
2011/05/14(土) 01:15:50 | よしなしごと
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ...
2012/06/07(木) 13:33:26 | スポーツ瓦版

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ