ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/06/06 Mon 21:14
 気が付けばもう6月です。
 blogが一週間停滞しましたが別に体調を崩していた訳でもなく元気だったのですが、もうTVや新聞を見て憤慨しない日は無いってくらい怒りMAXの連続で、ここはミーハーblogを自称しているだけに、とてもじゃないけどミーハーなことを書けるテンションにはなれ無かったのです。なんか油断すると、怒りモードで駄文を書き連ねてしまいそうで…

 でも、我慢ばかりしていても精神衛生上よろしく無いと思い、開き直って書いちゃいますっ!

 今、日本国民が一番に考えていることは東北の復興と東京電力の原発問題の終息であって、決して「野党に負けるな」「与党に負けるな」という下らない足の引っ張り合いじゃない。そんな現実を直視出来ない国会議事堂に集う人間は、揃いも揃って税金ドロボー。これで「増税は必至!」と訴えているんだから失笑モン。
 国会議事堂って無人島か何処かに移転できないのかな?税金ドロボーな上に、この3ヶ月間でまともな復興対策が出来ない人達は今の東日本には用無しというか、日本から出て行って欲しいくらいです。

 最近は映画『十三人の刺客(三池版)』のDVDをリピートすることが多いんだけど、今も昔も世襲制でぬくぬく育った人間が権力だけ持って大人になっても厚顔無恥の非常識人に成るだけでロクもんにならないな~と痛感。今の日本に一番必要なのは、日本人が誇れるような"刺客"の存在かも。

 別に全ての権力者が悪いって訳じゃないけど、自分の器に見合わない権力とお金を持っちゃった人はそれに溺れちゃって単なる恥晒しに成るだけなんじゃないかって、ニュースで取り上げられる"権力者"を見る度に思ってしまうんだな。

 …と、冒頭から毒吐きでごめんなさい。
 タイトルで内容が全く合ってない(笑)

 え~と、ここから本題。

 吾郎ちゃんが座長を務めている舞台『ぼっちゃま』の東京公演が昨日無事に千秋楽を迎えたようです。舞台そのものがかなり盛り上がる内容なのですが、千秋楽に参加された方のblogなどを読むと3回目のカーテンコールで三本締めをしたのに、客席の盛り上がりが収まらず4回目のカーテンコールで「三本締めをしたのに~」という吾郎ちゃんの声で一本締めをして終わったとか、すごくアットホームな千秋楽だったんだな~と嬉しくなりました。

 この舞台は大震災の前日に告知された舞台だっただけに、公演されるのか…公演が決まっても公演中に大きな地震が起きたら…と不安が尽きなくて、東京公演が無事に終わって本当に良かったです。内容も「元気を取り戻せ!」って感じの明るく楽しい物語で、偶然とはいえ"今"にとてもピッタリの舞台だったと思います。

 私は5/11公演を観劇(感想はこちら)しましたが、実は5/31公演も観劇していました。3週間ぶりに観た舞台は更に激しさを増し、展開が判っていても笑ってホロリとさせられてしまいました。客席は大盛り上がりでスタンディングオベーションまで起きたくらいだったのですが、何よりカンパニーのチームワークが一段と強くなっていたのが目に見えて判って嬉しかったですね。
 それに、この日は半兵衛…もとい(笑)市村正親さんが観劇に来られていたのでWで感激でした♪個人的にはその一週間前に別の舞台で市村さんを観ていただけに、今度は同じ客席にいらっしゃることが不思議な感じでしたね。あと、前日に『刺客』のDVDを観ていたから、「おっ、半兵衛が殿の舞台を観に来た!」と思っちゃった。さすがミュージカルスターだけあって市村さんの笑い声の通ること!市村ファンでもあるだけに笑い声でいらしているだと気付きましたよ(笑)

 3回目のカーテンコールでは吾郎ちゃん生声でなかり喋ってくれたし、帰り際には両手をブンブン振って「さようなら~」を連呼してテンション高くて可愛かったわぁ♪
 そんなこんなで、31日公演は内容的にもミーハー的にも非常にオイシイ観劇になって大満足でした。
 
 その舞台『ぼっちゃま』は6/9から大阪公演がスタートして13日で千秋楽を迎えますが、物凄いドラマティックな内容という訳ではないけど笑って泣けて楽しんで…凄く元気になれる作品だから、このまま終わってしまうのが非常に名残惜しいですね。舞台だと限られた人達しか観られないから是非とも映像化して欲しいけど、過去のは一度も映像化されてないからなぁ。ああ、今回のは特に映像化希望!

 …と、『ぼっちゃま』が終わることを名残惜しんでいたら、何と新しい吾郎ちゃんの舞台情報が出て来ちゃいましたよ!しかも、年内に公演ですよっ。ビックリです。
 今度はシス・カンパニーの舞台で井上ひさし作の『泣き虫なまいき石川啄木』に主演です。共演は貫地谷しほりさん、渡辺えりさん、西尾まりさん、鈴木浩介さん、段田安則さんで、演出も段田さんが担当。紀伊国屋サザンシアターで10/7~10/30の公演。
 お金持ちのおぼっちゃまから一転、今度は極貧の啄木です。でも、孤独というのは共通してますな。どんな感じの舞台になるのか楽しみではありますが、全くノーマークだったので資金のやり繰りチケット取り…難題いっぱい。

 シス・カンパニーは『ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?』以来ですが、嬉しいけど…とにかく驚きの方が先行します。「また舞台をやりたい」と吾郎ちゃんは語っていましたが、まさか年内にもう一本来るとは!
 しかも吾郎ちゃんは7月からスタートする連ドラ『ブルドクター』にも出演するし、9月にはSMAPで北京公演があるし、なんか凄いことになってますな。

 ただ、一つ気になるのはSMAPのコンサ。今年も国内コンサートを開催してくれるんだよね?20周年だよ?私はてっきり北京公演を皮切りに国内コンサもスタートするもんだと予測していたので、10月に吾郎ちゃんの舞台なんてホントに予想外。

 吾郎ちゃんにとってはムチャクチャ厳しいかもしれないけど、SMAP20周年記念のコンサは年内に絶対に開催して欲しい。夏場は電力供給が厳しくなるなら、こうなったら久しぶりに冬コンサでも良いよ!5人揃ってのコンサートが開催され無いとSMAPファンとしては盛り上がれないからね。
 吾郎ちゃんの新しい舞台情報もSoftBankの新CMも嬉しいけど、やっぱりコンサでしょうっ!

 新しい舞台のお仕事は吾郎ちゃんの役者としての更なる経験が積まれて嬉しいことには変わりないですが、自分が参加できるか二の次でSMAPのコンサート情報も欲しいよ。我侭かなぁ?


 以下「WEB拍手」のコメントのレスになります。



web拍手


>ころすけsan
コメントありがとうございます。

「TV LIFE」はGETしました。当たる気は全く無いですが(笑)応募も出しましたよ。
雑誌は出来るだけ買わないように心掛けているのですが、写真や記事が良かったりすると立ち読みで済ますことは不可能ですね~。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
大多数の国会議員はバカですが、中には真面目に働いている人もいますよ。

マスメディアの取り上げ方が偏っているので御存じないとは思いますが…
2011/06/07(火) 00:28:07
URL | obasan #-[ 編集 ]
>obasanさん
コメントありがとうございます。

全ての議員が島流しになって欲しいような人ではないとは解ってはいるのですが、結局仕切るのは"厚顔無恥"な人ばかりだな~と思ってしまうのです。本当に真面目に働いている人が報われる現場であって欲しいです。

ニュースが偏ったものだったり真実を報道してくれていないのは、ここ3ヶ月で嫌というほど痛感しました。ホントに何を信じれば良いんでしょうね…
2011/06/07(火) 23:20:09
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/333-99caf0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ