ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/09/15 Thu 21:24
 昨日、初めての海外公演の向けてSMAPが北京入りをしました。
 表向きは2度も中止になった中国公演を日本の復興支援のお礼公演ということで仕切り直したようですが、海外でお礼公演をするのならば台湾公演が先だと思うし、何よりこのニュースがエンタメ情報ではなく政治枠で報道されているのを見ると、思いっきり政治利用されているのが…なんとも複雑になります。パンダやアイドルグループを使わなければ外交が出来ない国や政府なんて…と、このまま書き続けると怒りが込み上げえてくるので止めますが(笑)

 ただ、SMAPとしては両国から政治的に利用されてしまうことは百も承知だろうから、逆にSMAP側もこの機会を存分に利用して、北京で待ち侘びていたファンの前で素晴らしいステージを披露して欲しいです。
 そして無事に帰国してくれることを祈るのみっ。

 そのSMAPが北京入りをした日は吾郎ちゃんが出演している連ドラ『ブルドクター』の最終回でもありました。

 『ブルドクター』は初回から欠かさずに観ていたにも関わらず、このblogでは多分初回しか話題にしていなかったような気がします。
 理由は簡単で、「稲垣吾郎しか見所がない」からです(笑)

 私はこのドラマが個人的にダメだったので、この先は愚痴のオンパレードです。このドラマが気に入っている方は、この先は読まないで下さいね。人の価値観なんて十人十色ですもの、みんな同じな方が珍しいくらいですから。

 例え、吾郎ちゃんの出番が10分にも満たない時間だろうが、ドラマとして面白ければ楽しく観続けるし、ドラマ部分が好みでなくても目の保養や妄想できる素晴らしい男性陣キャストが揃っていれば楽しく観続けられるのですが、今回の『ブルドクター』はどちらにも該当しなかったという虚しさよ…。

 NTVの水曜10時のドラマ枠は「働く女性を応援する」ってことで働く女性が主人公になることが多く、女性視聴者の共感も呼び易い枠でもあるそうなんですが、私は主人公はもちろん出てくるヒロインに一切共感出来なかったんですよ。むしろ苛々するばかり。

 江角マキ子さん演じる大達珠実は自分の信念を貫く為なら法すら無視する破天荒な医者という設定とはいえ、相手の感情を無視して自分の意志を一方的に押し付ける身勝手な人間なだけというイメージが付いてしまい、「うわ、このドラマ苦手」って思っちゃったんですよね。他のヒロインもそんな感じで、本来やるべき基本的な仕事や勉強を放っぽり出して好き勝手にやり、最後は強引に解決してドヤ顔というのが毎度なんですもん。
 しかも、これだけでは当然「独り善がりの女性」という印象になってしまいますから、そうならない為に関わる男性がとことん無能ぽい印象を与えるような演出になっちゃうんですよね。

 尚且つ、「法医学ドラマ」でありながら、医療の他に家族の絆、恋愛ドラマなど色んな設定を欲張って描いただけでなく、明らかなに大人の事情的な余計な設定まであったものだから、限られた時間内で全てを描くにはどうしても上っ面の描写にしかならず、結果的にどのシーンを取っても印象に残らなかった。
 医療現場だけに話を絞ってくれれば、主人公やヒロイン達に変な先入観持たないで見られたと思うんですよね。やっぱり視聴者の反応を意識し過ぎてあれもこれもと色んな設定を付けちゃうのは、1年スパンの大河ドラマならともかく3ヵ月の連ドラでは無理があるような…

 だから私には、見所が稲垣吾郎演じる名倉准教授の姿しかなくなっちゃったんですよ。逆に主人公やヒロインに共感できた人は楽しめたドラマだったと思います。

 名倉先生も最初は主人公と対立する立場という設定だったけど、回が進むにつれ主人公の活躍や名倉先生の恋人に同情がいくように物凄い小者の扱いになっていったので、「えーいっ、こうなったら暗黒面に堕ちて、主人公に説教されて戻って来いっ!」と開き直って最終回を観たら、主人公と恋人はただ法を犯して暴走しただけで、美味しい所は全部名倉先生が持っていったというドンデン返しに唖然呆然。
 ドラマのキャッチコピーに「名医か暴走女か?」ってありましたけど、主人公は暴走女でしたって結末だったんですよ。ある意味、なんて斬新なドラマっ!(笑)

 ドラマが後半に進むにつれ、新キャラが出てきたり、「ええっ?そういう設定だったの?」と後付け設定をバシバシ出してきて、広げ過ぎた風呂敷を最終回には強引に包んで予定調和にした力技は凄かったですけど、これと言って何も残りませんでした。でも、後味の悪さとかなくて、続編を思わせるようなハッピーエンドにしたのは良かったのかもしれません。むしろ、初回から「ツッコミ」在りきの見方をしていたら、もっとドラマを楽しめたかも。うーむ、惜しい。

 だけど吾郎ちゃんは初回から最終回まで麗しのビジュアルをバッチリキープしてくれたし、まさかの正義感ぶりで主人公よりも活躍しちゃったり、恋人に悲しい過去を告白して涙を流すシーンのビジュアルに惚れ惚れできたので、ビジュアルを堪能するって意味では満足でしたね。
 ただ、ラストの朝チュンシーンでは何でそこまで服を着込んでいるんだっ!?そこは、せめて上半身くらいは……←自主規制

 法医学研究室のメンバーも最終回ではチームワークを発揮したし、法を犯した珠実が武田教授から叱責されただけでなく、名倉先生も「一歩間違えば私と同じ目に遭っていましたよ!」と武田先生から叱責と共に心配されていたシーンにはジーンとしました。
 しかも、教授に昇格した名倉先生が他の研究室のメンバーも珠実と共犯だというのを上に暴露して取引を持ち掛けて珠実を研究室に戻した強かさが良かっただけに、もっともっと研究室のメンバーとのやり取りを丁寧に描いて欲しかったなぁ。やっぱり惜しいわよ。

 愚痴ばっかり書いちゃいましたが、このドラマに吾郎ちゃんが出演してくれたからこそ『黒バラ』に出て中居くんとの共演を楽しめたんだし、キャストが揃った最終回直前の番宣もドラマより見応えがあって(笑)キャストのチームワークの良さが滲み出ていたのも良かったし、珍しく吾郎ちゃんのNGシーンなんかも放送されたりして、感謝しなければならないことが多いのも判っております。

 だから吾郎ちゃんには、これからも主役脇役関係なくドラマに出演していって欲しいです。できれば大人の事情が絡まない、しっかりした脚本のドラマに出会えれば文句無しなのですが、「数字主義」の民放界では無理なお願いかしら…。

web拍手

テーマ:日本テレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
いよいよ北京
眠れずこんな時間にコメントです(^-^;

日が明けて、いよいよSMAP初の海外公演ですね♪

NHKのニュースやNEWS ZERO、NEWS23でも取り上げられていましたが、やっぱり政治のニオイがするので、ワイドショーで大きく取り上げられている部分が見たいですね…(^-^;

でも、NEWSで取り上げられるってやっぱり凄い事だと思うし、これぞ、真の国民的アイドルだと思う♪

3度目の正直…無事に公演が成功します様にと、日本より思います♪

北京でもグッズは売るのかな?あったら、SHOPで売って欲しいけど…(^-^;


「ブルドクター」吾郎ちゃんが良い役で終わった事に安心p(^-^)q

ただちょっと物足りさは有りましたけど…(´・ω・`)/~~

名取裕子さんのドラマや沢口靖子さんのドラマを見ている分、専門的な所が薄かったですね。

色々詰め込みすぎたのかな?

2クール位あっても良かったかも♪
そうすれば、色々詰め込めたのかな?

でも、視聴率は良かったみたいですよ(^-^)v16%は取ってたみたいです( ´∀`)/~~

個人的にツボだったのが、亀次郎さん…「オペより緊張する」と言った後の、女形姿での日本舞踊♪

余り本業の姿を見た事が無かったので、あのシーンが印象的でした。

これで、中居くんを見た後の吾郎ちゃんと言う、2時間SMAPタイムが無くなっちゃったのが、少し残念…。

そして、来月からは「世界仰天!!ニュース」の裏に「相棒」…(^-^; 我が家はDVDが大活躍する事になります。
2011/09/16(金) 03:48:50
URL | イシュタル #xtsQx3EI[ 編集 ]
あはは、ななんぼさん、筆が冴え渡ってますねぇv-218

わたしはフツーに全話見て、フツーに楽しみました。
(この“フツー”てのが微妙)
ななんぼさんが書かれているように、いろんな要素を詰め込みすぎていた感は否めませんでしたね。
亀さん演じる旦那さんがブチギレたのも、もっと長引いたほうがドラマとしては面白いのに、尺の関係であんなにすんなりモト鞘で。
そういう面では確かに物足りなさはあったかも(遅い)。

けどやっぱり最終回でのいちばんのオドロキは、吾郎さんでしょう!
いやー、持っていきましたね!!
途中から、あ、名倉先生は「敵を欺くには」戦法なのか、と分かってしまいましたが、それでもこれまでの経過からしたら
おもいっきり伏兵ですもんね。

そんでもって涙でしょ~。
もーズルイわぁ。
あれじゃあ知佳ちゃんでなくても抱きしめたくなりますわ。

と同時にななんぼさんに同意で、もっと名倉先生の人物像とエピソードを描いて欲しかったなあ、とおもいました。
そしたらあんな“いきなり感”は感じないですみましたもんね。

2011/09/16(金) 20:59:09
URL | 夏葉 #-[ 編集 ]
>イシュタルsan
コメントありがとうございます。
睡眠時間は大丈夫でしょうか?(^_^;;

とりあえず北京公演は雨も降られず無事に終わったみたいなので一安心です。中国語ver.にした持ち歌を何曲が披露したり、テレサ・テンの曲を原語で歌ったりと、北京公演ならではのサプライズ演出もあったみたいですね。

エンタメ情報番組でならともかく、NHKや政治ニュース番組枠で北京でのSMAPの様子が取り上げられると、一週間前に西武園ゆうえんちで1万人のファンの前でイベントを行ったグループと同じとは思えなくて、やっぱりSMAPて雲の上のスーパーアイドルなんだなぁ~と思ってしまったり…。

あと政治的ニュースのせいか、ネットでの画像掲載はNGなはずの時代錯誤な事務所に所属しているにも関わらず、日本のネットニュースでも普通に現地のSMAPの画像が掲載されていたのには驚きました(笑)

GOODSは去年のコンサGOODSやAIDのタオル関連らしいですよ。
あと、SMAPが西武園での1万人のファンと握手していた時の黒Tシャツが北京公演用のTシャツだったので、それも販売されたのかな?もしかしたら、それは日本からのツアー参加者のみの特典なのかもしれませんが…。どちらにせよ、会場で売られたGOODSは完売したそうだし、コンサートも盛り上がったみたいだし、3度目の正直になったと思います。

あとは無事に帰国してくれることを祈るのみですね。
全員ハードスケジュールで明日には日本に帰国だそうですから、慎吾は帰国して『スマステ』生出演かもしれません。


『ブルドクター』はこのまま小者キャラで終わるかな?と思っていたので、最後の最後の大活躍で驚きました。最近は悪役が定着していたので、逆に「正義感のあるキャラ」が意外性が出て良かったのかもしれませんね。

でもでも、やっぱり物足りないというか色々詰め込み過ぎでしたよね。
1クールドラマとしては、かなり欲張り過ぎてしまったドラマだと思います。

亀治郎さんは「歌舞伎役者だということがアピールできれば出演OK」という契約だったんでしょうか(笑)。それだけ突飛な設定でしたけど、あまり女形を披露しているシーンというのはTVでは流れないので新鮮だったかもしれませんね~。

とりあえず最終回が数字的にも有終の美を飾れて良かったです。
もしかしての続編があるのなか?名倉先生のスピンオフでもいいけど…←コラッ
2011/09/16(金) 22:34:09
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
>夏葉san
コメントありがとうございます。

あれ、飛ばし過ぎてました?(笑)
これでもかなり抑えたつもりだったんですけど…

珠実の旦那さんがブチキレた時も、「そうだっ!あんな自分勝手で一方的な妻には一言あるよね!」と思ったのに、不満内容が「料理の味が濃い」とか、「外で友達と飲んで息抜きぐらいしたい」とか…、「そんなことかい!」とズッコケましたもの(笑)。しかも、「どうして解ろうとしてくれないんだっ!」と珠実の上を行く自分勝手さ。ある意味、似た者夫婦でお似合いでいたね。

吾郎ちゃん演じる名倉先生が代議士を裏切るのは、あの露骨な手元の動きで「あ、何か録音している!」と直ぐに判ってしまいましたけど、警察とグルになっていたのは意外だったので、ホントに良い所を全部持っていったなぁ~と、違った意味で驚いてしまいました。

ええ、知佳との抱擁シーンは「私の方がズカズカ踏み込んで、守ってあげられるわ!」と思いました(笑)。あそこは、知佳にジェラシ~っ。

最初から最後まで吾郎ちゃんのビジュアルが良かっただけに、もっと最初からドラマの本筋に絡むようなキャラの立った人物でいて欲しかったな~と思います。1クールの連ドラは『ブルドクター』くらいのアッサリ描写の方が観易いのかもしれないですが、私はやっぱりがっつりハマれるドラマが観たいですねっ。
2011/09/16(金) 22:45:03
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/351-f14c457a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ドラマ「ブルドクター」を見ました。 日テレにて 水曜10時にやってました 法医学から事件を解明していくミステリー 基本は1話完結 アメリカ帰りの 刑事とコンビなど ありがちな設定で・・・ とはいえ、そこに家族の問題が入っているのが特徴か 夫婦間や恋人同士の話...
2011/09/17(土) 09:14:55 | 笑う学生の生活
7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』(公式)の第11話・最終回『死因究明絶対不可能禁じられた暴走!私は諦めない』の感想。 最終回に主役が活躍しないとは! プールのシーンが唐突に始まった時点で、今週も脚本家の思いつきエピソードが始まったと、?...
2011/09/18(日) 10:25:33 | ディレクターの目線blog
Final episode「死因究明絶対不可能禁じられた暴走!          私は諦めない」  視聴率16.4% 
2011/09/18(日) 13:54:15 | またり、すばるくん。
国会議員の縄文寺(鹿賀丈史)は記者会見で、医療センターで行われていた 死因の隠蔽と捏造は秘書の奥山(羽場祐一)と武田(小日向文世)が、自分と は関係なく行っていたと主張する。 間もなく、奥山の遺体が発見される。 遺書もあり、縄文寺の主張を裏付ける内容が...
2011/09/18(日) 19:30:49 | ぷち丸くんの日常日記
■全開ガール十話 最終回直前のこの話は、とんでもない展開になったな(汗)正直ここまでシリアスな話になるとは思ってなかった。ひさびさに最終回どうなる!??と楽しみだけど、見るの怖いなあ状態(苦笑)なんにせよ、ここまで楽しい月9になるとはね。 そよ子ちゃん...
2011/09/18(日) 20:09:52 | NelsonTouchBlog
「死因究明絶対不可能禁じられた暴走!私は諦めない」 代議士・縄文寺(鹿賀丈史)は記者会見で、関東医療センターで行われていた死因の隠ぺいねつ造は秘書・奥山(羽場裕一)と武田(小日向文世)が自分と関係なく行っていたと主張。まもなく奥山が遺体で発見される。奥山…
2011/09/19(月) 16:17:19 | ドラマハンティングP2G

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ