ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2011/10/10 Mon 23:31
CATEGORY【SMAP】
 10月の三連休も終わりましたが、なかなか衣替えのタイミングが掴めていないななんぼさんです。そろそろ衣替えをした方が良いんだろうけど、まだ日中は25℃近くまで上がる日もあるしね。かといって朝晩は少しずつだけど涼しくなってきているから、薄着でいるのはよろしくないし、今の時期って重ね着が色々楽しめるとはいえ服装には悩みますな。

 さて、今日はNHKで『プロフェッショナル 大人の流儀』の放送がSMAPスペシャルでした。

 今年デビュー20周年を迎えたSMAPに北京公演までの3ヶ月間を密着したドキュメンタリーでしたが、予想以上に見応えがありましたよ!さすがNHKはドキュメンタリー番組の制作姿勢が民放とは違うっ。媚びず偏らず、綿密な取材と構成で出演者の魅力や本音を上手く引き出していて、その奥深い内容に拡大版の73分間見入ってしまいました。

 冒頭の被災地訪問の映像も、チラリと映った瓦礫の街が衝撃的で、最近のニュース番組ではそういう"現在"の状況をちゃんと放送してくれないから、5ヶ月以上経ってもまだこういう状況なのか…と現実を見せ付けられもしました。そういう中で、一時とはいえSMAPと出会えたことで笑顔になって無邪気な質問をしてくる子供たちに、なんか見ている方が元気を貰った気分になったな。

 一番の驚きは、脱退した森くんのことをしっかり放送してくれたこと。
 他局だとタブー視されることもあるのに、森くんが歌っている映像もしっかり流してくれていて、あの時に森くんが脱退したことが残された5人にどれだけショックな事だったのかを伝えくれて嬉しかった。特に、中居くんの「戻ってきて欲しい」というコメントには泣けましたよ。当時は「居なくても大丈夫」と強がっていただけに、幾多の壁を乗り越えて今のSMAPでの自信をしっかりと持てているからこそ言えた台詞ですよね。そして無理だという現実を解っているからこそ言える台詞でもあり、妙に重く感じてしまいました。

 それに吾郎ちゃんや剛のこともしっかり放送して、それぞれ本人の言葉を放送してくれたのも(少し辛かったのも本音だけど)良かった。今となっては「自分の言葉」を出し難くなっているだけに、"その時"の気持ちや感情を素直に二人が話せる場を与えてくれたんですものね。
 それぞれの強い眼差しで語ってくれた姿に、これからも現実を背負ってしっかりSMAPとしてやっていく決意の強さを感じました。

 北京公演に向けてのSMAPの姿も、普段はあまり見せないプロとして妥協しないスタッフとのやり取りなど、どれも興味深い映像ばかりで正に目が釘付け状態。
 日本でのコンサートとは違い、言語の違いの他にも、中国政府から警備上の理由でステージと最前列の距離が通常のコンサの倍以上距離を取り観客を多くは入れないという要請を受け、予め空席が多いことを覚悟しておかなければならなかったり、お国柄的に女性ダンサーと密着した演出は避けるべきだとなったり、過密スケジュールな上に現地での天候にも恵まれず通しリハが出来ないなど、多くの障害があってもSMAPが常に考えていることは「いつもやっているコンサートを再現する」ということ。だから何が起きても動揺しない"強かさ"が彼らには在る。

 SMAPという存在は「大したもんじゃない」みたいなことを5人はそれぞれ言っていたけど(特に中居くんの「成功は保証されないけど、成長は保証されているから」という言葉が印象的)、自分達がエンターテイメントという世界において、どんな存在として望まれているのかをしっかり理解しているプロフェッショナル集団なんだなというのを痛感させられましたよ。

 あと、「プロフェッショナルとは何か?」という質問に対しての5人の答えが良かった。
 中居くんは「一流の二流。一流の素人」と答え、木村くんは「逃げないで常に最前線に立つ人。その分、風当たりも強いけど(笑)」と答え、吾郎ちゃんは「人を否定することなく、自分の仕事に持っているメッセージを伝えられる人」と答え、剛は「チームワーク…仲間を大切にする人」と答え、慎吾は「今日ではなく、明日を生きている人。振り向かない」と答え、凄く5人のバランス感覚が上手いこと出来上がっていますよね。
 5人がステージ横でスタンバイしている時も、敢えて言葉を交わすことなくそれぞれがモチベーションを高めている姿に揺ぎ無い信頼を感じました。

 ちょっとした打ち合わせシーンとかも何度か出て来たけど、馴れ合いグループではないエンターテイメントのプロだと本人達がしっかり自覚しているのが伝わってきて、カッコいいと思う以上に、彼らの仕事に対する姿勢…ただ目の前にあること自分に出来ることを一生懸命やり続けるだけ、という姿勢は見習わなくてはイカンなぁ…と考えさせれます。

 国民的アイドルグループで居ながら一般人と同じ視点と価値観を失わず仕事に対してはプロ根性を当たり前のように意識するところが、職業=SMAPという特異な存在を作り上げているんだと思いました。

 吾郎ファン的にも、今の舞台『泣き虫なまいき石川啄木』の稽古シーンが流れて嬉しかったし、懐かしい『陰陽師』の写真が出て来たり、あと舞台裏での"中間管理職"ぶりが見られて良かったです。裏では笑顔も多かった分、真剣な眼差しで意見するシーンが新鮮でもあり目福っ。

 これだけの内容を"今"放送してくれたNHKにホント感謝です。
 ああ、なんだかんだ言って受信料払い続けていて良かった(笑)


 以下、「WEB拍手」のコメントのレスになります。

  web拍手


>ころすけsan
コメントありがとうございます。

『アド街』の放送はまだ先でしたか、失礼しました!
そうですよね、テレビ東京ってローカル局ですものね(^_^;;
放送された際は懐かしい場所も出てくるので是非見て下さい。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
仕事研究会(名前検討中 アイドル研究会(名前検討中 
この番組 鳥肌立ちました。スマップの歴史
したずみの長さ 出遅れたヒーロー スマップメンバーそれぞれの活躍の積み重ね。戦後と言う歴史の中の中国公演。スゴイですね。芸能人としての ベテランの味ですね。
ジャニーズが芸能界が 良い世界になるといいなぁ
2011/10/12(水) 12:03:37
URL | 村石太レディ&ミステリーライター #dKLXp/Po[ 編集 ]
Re: >村石太レディ&ミステリーライターsan
あそこまで真っ向勝負な内容で放送してくれるとは思ってはいませんでした。
デビュー当時はイマイチでなかなか売れず1位も取れず…
それ以前にジャニーズは1位を獲って当たり前というのが凄いですが、
そんな中で腐らずに自分達のやるべきことをやり続けたSMAPは凄い。
彼らが突き進める限り、芸能界の未来は明るいと信じたいです。
2011/10/12(水) 21:48:15
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/357-6bf37dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ