ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2008/10/08 Wed 18:49
 第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞して以降、第81回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選ばれ、圧倒的な評判の良さで話題の『おくりびと』を観て来ました。さすが口コミで評判が広がっただけに、レディースデイということもあってか客席は満席でした。

映画『おくりびと』 主人公の小林大悟(本木雅弘)はプロのチェロ奏者だったが、所属していた楽団が経営難で解散となり無職になってしまう。チェロ奏者の腕前はそこそこでしかなかったのを自覚していた小林はチェロの道を諦め、妻(広末涼子)を連れて故郷の山形に戻ってやり直すことを決める。しかし、山形へ戻って職探しに出た小林は、ひょんなことから遺体を棺に納める"納棺師"の仕事に就くことになってしまい、初めて遭遇する世界に戸惑いを感じながらも、この仕事の素晴らしさを次第に自覚していく。

 という話で、納棺師の視点を通して人間の死や家族の絆を描いている作品であると同時に、現代の日本人には馴染みが薄い「納棺師」という職業の素晴らしさ、美しさを伝えている作品でもありました。
 私は母方の祖父母の時の納棺に立ち会っていますが、納棺師という方はいらっしゃらなかったので、映画で初めて観た納棺師の儀式というか作法の美しさに能などを観ている時のような感動を覚えました。故人を敬い丁重に扱っている仕草は美しく、それだけで心を打つような何か言葉では表せない力があります。

 納棺師の存在によって「人の死」とはどういうものなのか、それを取り巻く「家族」との関わりはどういうものなのか、考えさせられるところも多く、現代の作品ですが、古き良き日本の風習を見ているようにも感じました。

 死を扱った作品だけれども、妙な湿っぽさは無く、むしろ時にユーモアも散りばめられていたり、話が淡々と進む中でも飽きることはありませんでした。日本人らしい喜怒哀楽の表情や、四季の移り変わり、その映像に重なるように流れる久石譲さんの音楽がマッチしていて、目にも耳にも優しい作品だったな。

 後半は少しお涙頂戴的な流れを感じましたが、主演の本木雅弘さんの納棺師ぶりは一見の価値ありです。エンドロールでは納棺師の儀式での一連の動きを披露しているんですが、芸術作品のような美しさでした。

 どんな台詞よりも、納棺師の真摯たる姿勢だけで涙を流すことができる、心を洗われるような気分になる素晴らしい作品でした。人の命の重さや尊さが蔑ろにされ、家族間の絆が希薄になっていることを痛感させられる今の時代だからこそ、できるだけ多くの日本人の方に観て欲しい作品でもあります。


 「納棺師」という存在を知ることができて良かったです!→★★★★


web拍手

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
いい映画でしたね
ななんぼさん、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
この映画、庄内の自然もいい背景となっていましたね。
日本のどこか、でなく、山形が舞台ということがまた魅力的であったと思います。
古きよき時代を感じることができたのも、ロケ地に依るところが大きいような気がしました。
納棺師という職業を知ることができてよかったです。
ではでは、またです~。
2008/10/09(木) 09:29:30
URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集 ]
こんにちは♪
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

素敵な作品でしたね。
重いテーマのはずなのに笑える場面も多々あり、そして泣けて、、、、
生きている限り必ずやってくる「死」に関して、新たな認識を持つことが出来たように思います。

役者さんの演技も素晴らしかったですね♪
2008/10/09(木) 09:35:36
URL | non #FXbBe/Mw[ 編集 ]
>真紅san
コメントどうもありがとうございます。

庄内の自然の風景も良かったですね。
四季の見せ方とか、フィーリングムービーのような、
観ていて心穏やかになるような気分でした。

あの美しい自然の風景と納棺師の粛々とした動作が相まって、
美しく切ない作品になっていたんじゃないかと思います。

2008/10/10(金) 21:31:14
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
>nonさん
コメントありがとうございます。

私は観る前は笑う所なんて皆無だろうと思っていたんですが、
思いの他クスクスと声に出して笑った気がします。
登場人物の喜怒哀楽の表情がすっごく良かったですよね。
・・・それが「生きている」ってことなのかなぁとも感じました。
2008/10/10(金) 21:33:07
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/38-7dbf2387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他 モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞 チェロ奏者だった大悟(本木雅...
2008/10/08(水) 19:33:39 | Sweet*Days**
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・ド...
2008/10/08(水) 19:47:24 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
今日は久々の試写会。「おくりびと」を見てきました。 納棺師という初めて知る職業につく主人公。納棺は葬儀屋さんがやるものだとばかり思っていました。お葬式シーンだけなのにそれぞれの人たちの生前の様子や家族との関係が想像でき、ジーンときました。死者を見送る...
2008/10/08(水) 21:28:14 | 今日という一日。
おくりびと(2008 日本) 英語題  Departures 監督   滝田洋二郎   脚本   小山薫堂       撮影   浜田毅                   音楽   久石譲                出演   本木雅弘 広末涼子 山崎努     ?...
2008/10/08(水) 21:31:45 | 映画のメモ帳+α
来年のアカデミー賞、外国語作品賞部門に日本代表として出品されることが決まったと聞いてとりあえず観ておくか…と思い劇場に足を運びました。主演の若手二人が、ちょっと苦手なタイプの俳優さんだったこともありそれほど期待せず観たのですが「これはすごい」と感動して...
2008/10/08(水) 21:59:54 | ハピネス道
 “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属していたオーケストラが突然解散し、失業してしまう。己の能力の...
2008/10/08(水) 22:47:12 | シネマ親父の“日々是妄言”
公式サイト。滝田洋二郎監督、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫。遺体を「葬る」(ほうむる)ことと遺体を「頬張る」(ほおばる)こととは、実は一対じゃないかと思えてくるほど、なぜか食事のシーンが多い。
2008/10/08(水) 22:49:17 | 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
おくりびと’08:日本 ◆監督: 滝田洋二郎「バッテリー」「阿修羅城の瞳」「壬生義士伝」◆出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努 ◆STORY◆所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻...
2008/10/08(水) 23:02:05 | C\'est Joli
 2008年/日本  監督/滝田 洋二郎  出演/本木 雅弘      広末 涼子      山崎 努  予告編を初めて観た時から面白そうだな、と思っていました。モントリオール映画祭でグランプリに輝き、作品を観た人達の評判も上々・・・ということで、楽しみ...
2008/10/08(水) 23:06:43 | It\'s a wonderful cinema
おくりびと 監督: 滝田洋二郎 出演:  本木雅弘、山崎努、広末涼子、余貴美子、吉行和子 公開: 2008年9月 モントリオール世界映画祭グ...
2008/10/08(水) 23:18:08 | 映画@見取り八段
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
2008/10/09(木) 00:01:29 | MESCALINE DRIVE
\'08.09.08 『おくりびと』(試写会)@シビックホール これは見たかった! さんざん試写会応募してハズレまくった(涙) やっとyaplogで当選! 「チェロ奏者の大悟は楽団の解散で失業。妻の美香と共に故郷の山形に帰ってくる。求人広告で見つけた会社に就職が決まるが、...
2008/10/09(木) 00:06:43 | ・*・ etoile ・*・
「おくりびと」はチェロ奏者の主人公がオーケストラの解散で職を失って故郷の山形へ帰郷した先で就職活動をしていたが、ひょんな事から納棺師の仕事に就職する事になり最初は戸惑いながらも次第に納棺師としての仕事を理解して行き亡くなられた人たちを送り出していくスト...
2008/10/09(木) 01:25:56 | オールマイティにコメンテート
 きっと、「人を敬う」という気持ちが、美しい儀式を生む。 『おくりびと』 2008年・日本・130分 監督:滝田洋二郎 製作:信国一朗 プロデ...
2008/10/09(木) 03:53:40 | 【待宵夜話】++徒然夢想++
チェロ奏者の小林大吾は、所属していた楽団が突然解散してしまったことで職を失い、妻と共に実家のある山形へ帰郷する。新しい仕事を探していた時、新聞の求人欄の「旅のお手伝い」と書かれた求人が目に止まる。試しに面接に行ったその会社は、死者の「旅立ちのお手伝い」...
2008/10/09(木) 06:59:55 | 5125年映画の旅
 チェリストの大悟(本木雅弘)は所属楽団が解散してしまい、妻(広末涼子)を連れ て故郷の山形へ帰る。「旅のお手伝い」という広告と、...
2008/10/09(木) 09:23:18 | 真紅のthinkingdays
【監督】滝田洋二郎 【出演】本木雅弘/広末涼子/余貴美子/吉行和子/杉本哲太/笹野高史/山崎努 【公開日】2008/9.13 【製作】日本 ...
2008/10/09(木) 19:29:01 | シネマをぶった斬りっ!!
身近な人の葬儀に始めて出たのは、小学校五年生の春に祖母が亡くなった時だと思う。 それ以来、一体何件の「旅立ち」を見届けてきただろうか...
2008/10/10(金) 00:15:15 | ノラネコの呑んで観るシネマ
納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか? ? 物語:「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。」―...
2008/10/10(金) 10:21:55 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (383) おくりびと(ネタバレ編) -ぼろぼろ泣ける。しかし泣けるだけではない。 チラシを読みながら、20年以上前の祖父の通夜のことを思い出した。 かけられた布団の膨らみは亡くなっ...
2008/10/10(金) 21:56:24 | ヒューマン=ブラック・ボックス
チェロ奏者としての夢破れ、田舎の山形に帰った主人公が、 ひょんなことから遺体を清めて棺に納める納棺師となり、仕事内容に とまどいながらも次第にこの仕事への意義を見出しながら、自身が 成長していく様をえがいたヒューマンドラマ。楽団の解散でチェロ奏者の仕事を?...
2008/10/10(金) 23:36:32 | だらだら無気力ブログ
2008年 / 日本 / 130 minutes 出演 : 本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努 監督 : 滝田洋二郎 脚本 : 小山薫堂 音楽 ...
2008/10/11(土) 00:49:58 | いけこのDVD鑑賞記
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 冷たくなった人間を蘇らせ 永遠の美を授ける それは冷静であり 正確であり そしてなにより優しい愛情に満ちている 別れの場に立会い 故人を送る 静謐で全ての行いがとても美しいものに思えた 1?...
2008/10/11(土) 09:13:54 | UkiUkiれいんぼーデイ
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくすごい!素晴らしい!完璧です! ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い...
2008/10/11(土) 09:14:56 | UkiUkiれいんぼーデイ
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『生』を慈しみ、『死』を尊ぶ  
2008/10/13(月) 00:19:42 | カリスマ映画論
1日は『映画の日』ってコトで2本観て、 『イキガミ』に続き笹野高史さん登場! どちらの作品でも心に残る言葉を残してくれています...
2008/10/24(金) 11:33:22 | 映画館で観ましょ♪
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。
2008/11/29(土) 00:49:31 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
2009/03/02(月) 20:11:14 | にき☆ろぐ
春、夏季冬季休業と違って親は休めません。 年度末の忙しい時期に旅行などもってのほか! てなわけで、親としてできるのは 映画に連れて行...
2009/03/03(火) 16:45:31 | ダイエットと食費節約の弁当製作日記(ときどきレシピ有り)
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
2009/03/03(火) 23:40:59 | yanajunのイラスト・まんが道
    (C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会 製作年: 2008年 製作国: 日本 日本公開: 2008年9月13日 上映時間: 2時間10分 配給: 松竹 カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD 監督: 滝田洋二郎(陰陽師 阿修羅城の瞳) 脚本: 小山薫堂 音楽: 久石譲 キ...
2009/05/19(火) 00:27:46 | not simple.
キレイになって、逝ってらっしゃい。
2009/06/06(土) 14:41:32 | Addict allcinema 映画レビュー
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、?...
2009/09/15(火) 14:54:39 | おそらく見聞録
おくりびとはWOW
2010/01/10(日) 09:45:56 | 別館ヒガシ日記

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ