ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2012.3.11. 
2012/03/11 Sun 21:45
 あれから1年が経ちました。

 あの日は生まれて初めて経験した大きな揺れと、その後の停電やら余震で仕事場周辺は騒然として、「関東大震災が来た」とその時は思ったけど、後で震源地は東北の方だと知り、夜にTVで見た津波の映像に衝撃を受けました。

 その後も余震は続き、更に東京電力による福島第一原発の事故、そして計画停電…。不謹慎だったとは思うけど、当時は「これで日本は終わっちゃうのかな…」とすら思ってしまうくらい、辛い情報ばかり見聞きして希望を持つことに自信が持てなかった日々。

 でも、あれから1年。
 日本は…東北は終わってはいない。

 余りに多くの犠牲者を出し、帰るに帰れない家族離散の日々が続いている人達だって大勢いる中で、「なんとか復興させようと」必死に生活されている姿に、大金やら家やらをポーン!と出すことも出来ない非力過ぎる自分に虚しさを覚えつつも、微力でも支援できそうな事をネットで探し、様々な形で支援を繰り広げている人達にも出会い、今は日本中が一つになろうとしているんだと認識することが増えてきました。

 1年経っても原発事故の終息は見えてこないし、それ故に復興の遅れも目立ち、更に取り仕切らなければならない上に立つ人間が「責任感、使命感という言葉の意味を知っている?」と問い質したくなるほどの他人事ぶりに苛立ちを覚えてしまい、悪い意味で変わっていない現状に落胆したくなるけど、そんな彼らにしっかり自覚を持たせるのも国民一人、一人の義務なのかな…と思ってもみたり。

 地震大国である日本に暮らす以上、この3.11.のことを教訓し、同じ悲劇を繰り返さないように生きていかなければ、犠牲になってしまわれた方々に申し訳が立たない。

 3月11日、14時46分…1分間の黙祷の中で、去年のことが走馬灯のように頭の中で流れていきましたが、決してあの日の事は自分の中で風化することなんて有り得ません。むしろ、誰もが経験なんてしたくなかった…という大災害だったけど、過去に目を逸らさずに、厳しい現実を見据えながら、少しでも希望が持てる未来にする為に、しっかり生きていかなければなりませんね。

 改めて震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々の日常が一日でも早く取り戻せることを心よりお祈り申し上げます。


 最後に、一見、今回の内容に相応しく無いように見える画像を掲載しますが…

天敵鳥・飛来 左の画像は、黙祷する少し前に姿を現した「かつての我が家の天敵」であるアオサギさん。本来ならこの辺に居るのは可笑しい野鳥です。だって、水辺というか川とか近くにありませんからね。
 家を建替える前は庭に金魚ちゃんが居て、それが住宅街には似つかわしくないアオサギの標的になって、ぶっちゃけ(もしかしたら世代交代しているのかもしれないけど)10年以上の付き合いです。でも家を建替える際に金魚ちゃんは従姉に譲ったので、もう二度と見ることはないだろうと思ったら、まだ半年に1回くらいの割合で目にするんですよね。どうも、散歩コースになっているらしい。

 たまたま、今日、アオサギを黙祷の前に見掛て、いつもなら我が家にとっては久しぶりの天敵出現という感じで日常といえば日常だから、いつもは「ゲッ!また来た!」と思うはずなのに、何故か懐かしく感じると同時に、妙に嬉しくも感じてしまって…。どうしてこう感じたのか自分でも判らないけど、「姿を現してくれてありがとう」と思ってしまいました。

web拍手

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/383-3e524fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ