ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2012/03/22 Thu 22:57
 最近、漸く春らしい気候になってきたなぁ…と思っていたのですが、ウチの方の明日の最高気温は一桁らしいっ。あれま、冬に逆戻りですかいっ。三寒四温と言うけど、これで「春らしい陽気だな」と思っても、直ぐに「暑いっ!」て日がやって来るような予感がします。なんか年々、春と秋の時期が短くなってきている気がするなぁ。
 どうか日本から四季が無くなったりしませんように…。

 さて、先日、最終回を迎えた連ドラ『ハングリー!』、前回の10話を見終わった時点で、「なんだかんだで終わるのが名残惜しい…」と書いたんですけど、ああ!出来ることならば、その時に戻りたいっ!!

 あ、でも、吾郎ファン的には23日の金曜プレステージで『Dr.検事モロハシ』の放送があるから良いか?←そういう問題じゃない

 な、何なんですか!?あの最終回はっ!?
 ぶっちゃけ、先週の第10話の方が最終回に相応しい内容だったし、見応えもありましたよっ。

 もうね、色んな意味で最終回は凄かった…!
 英介(向井理)の為に、麻生(稲垣吾郎)は『ガステレア』で料理センスを磨かせた後は2年間のフランス修行まで確約してくれたのに、仲間の剛(川畑要)と賢太(塚本高史)がそれぞれ麻生が用意してくれた仕事場でトラブルを起こして辞めていたと知るなり、「やっぱり、お前達と一緒に料理が出来る場所じゃなければ意味が無い!」と、フランス修行の道を簡単に投げ出してしまうんだな。

 とにかくドラマの主役である英介って、全編通して信念がブレまくり。
 だから、どんなに英介が「料理だけには情熱を持っている!」という姿勢を見せても、全く持って説得力が無い。出される料理は確かに美味しそうなんだけど、人の心を動かす程か?…って、思っちゃって感情移入すら出来ない。

 一度は大家さんの主張によって閉店を余儀なくされた『ハラペコ・キッチン』も、超ご都合主義な展開で営業再開に漕ぎ付けることが出来ちゃって(お店を出た時に外で待ち侘びていたお客さんの数が多過ぎて退いたわ…)、ホント、「世の中、舐めてんだろ?」とツッコミを入れたくなったわ。

 要は、英介は「気の置けない仲間に囲まれて、自分の好きな料理を作る店があれば良い」ってことで、それが維持できるのであれば、腕を磨くための辛い修行なんてする必要無いでしょっ!仲間と離れるの嫌だもんっ!って思考だったのです。

 まぁ、ドラマ的には有りなキャラなんでしょうけどね~。画期的なキャラだもの。

 対する麻生は信念ブレブレな英介とは違って、本当に一本筋が通ったキャラで、決して悪役ではありませんでした。多分、料理に対する情熱は英介よりも純粋で熱かったと思う。だからこそ、若くしてあれだけの地位を得られたんだろうけど…。

 だから、英介が自分の甘々な環境を維持したいが為に麻生との約束を断りに行くシーンなんて、笑い飛ばした直後に激怒した麻生様の気持ちの方が理解できたので、「もう二度と関わりたくない」と一度は取り上げた『ル・プティシュ』という店名を返すと言った所はカッコいい!と惚れ惚れしてしまった。うん、麻生様は英介みたいな人間と関わっちゃイカンよ。
 そして、「久しぶりに怒ったからお腹が空いた」と、レストラン内を硬直させておきながら英介を追い出した後は優雅に大量のオーダーをする麻生様、素敵過ぎですっ♪色々と不満多き最終回だったけど、『今週の麻生様』は最後までクリアしたわ。

 ストーリー的には不満要素だらけというか、元から私好みの内容では無かったので文句も許容範囲ではあるんで、ぶっちゃけ「麻生時男」という、ムカつくけと信念通っているしカッコいいぞ♪と、非常に萌えられるキャラクターを作り上げて下さったことには感謝ですな。
 ありがちな主人公を苦しめる嫌な敵役かな~と最初は思っていたけど、むしろ麻生が障害になってなければ英介は全く成長できなかったわけだしね(そこは英介自身も認めている)、非常に魅力的なヒール役だったので満足です。

 でもってラストは、英介の店は『Hungry!』と名前を変えて営業再開、気の置けない仲間やお客様の憩いの場になるってわけですが、しっかり窓から様子を伺う麻生さま…!もう、いいから!関わらない方がいいから!コードに足を引っ掛けて店内を停電させる天然ぶりも発揮していたし、まだまだ麻生は英介に関わるつもりでいるらしい…。なんか麻生って超ドSキャラのようでいて、実はMキャラなんじゃ?と思いたくなったわ。

 恋愛模様も逆戻り的な感じになり(でも、英介とまりあは初回よりもイイ雰囲気になったのに、横取りする気満々になっていた千絵には不快感。あのキャラ、要らなかったよねぇ…)、その気になれば「続編、いけまっせ~」感を漂わせた終わり方でございました。最近、こういうパターンが多いよね。

 ま、お気楽に観られるドラマ…という意味では成功していると思いましたし、麻生はもちろん、三浦翔平さんが演じた拓ちゃんのキャラは好きだし(もしかしたら主人公より成長したぞ!)、チョイ役だったけど橋本じゅんさんが演じた千絵パパも最後まで強烈なキャラで居てくれて面白かったです。

 結論、私の『ハングリー!』最終回は第10話ってことで!


web拍手

テーマ:ハングリー! - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/386-08fe3ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ