ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2012/08/27 Mon 20:53
 なんか最近は週一更新が定着しそうな私のBLOG。
 実は8年程使用していたノートPCが本当に限界を迎えようとしていたので、夏モデルが底値になってきていたしWin8にするのは抵抗があったこともあり、思い切って買い換えました。しかしながら、同じTOSHIBA dynabookのモデルにしたのに、さすがに8年も間が開いていると全く別物ですな。何よりもキーボードの位置設定や感触が違うので慣れるのに苦労しそうです。あと、Win8を見越したモデルなのでタッチパッドが今までと違っていて、iPhoneやiPadを持っていない者としては若干操作に戸惑う部分があります。なんだかんだで長文を打たなければならない時は、旧パソの方を使っちゃったりしているのよね。←ダメダメ

 さてミーハーBLOG。
 昨晩は何気にTVでALFEEを観ていた感じ。特に『新堂本兄弟』のゲストがデーモン閣下で面白くて、冒頭で閣下が「タカミー王子と初共演になる(実は勘違い)」と言った時に、高見沢さんが「片割れの悪魔とはよく一緒にやってんだけどね」とルークの話題が出て嬉しかった。何気に閣下も「ウチのルークとね」とか言ってくれたし。あと、聖飢魔IIのICBMパリ公演の映像が流れたのも新鮮。ラストの歌ではスペシャルゲストにANCHANGも出演して、何気に王子連合色が強かったような(笑)
 そういえば、今週末は王子ソロTOUR、ファイナルの東京国際フォーラムですな。いやぁ、楽しみになってきた♪

 …で、本題(前振り長過ぎ)
 先週の『ゴロウ・デラックス』は1時間SPで、なんとゲストが美輪明宏様でした。吾郎ちゃんとは親交が深いとはいえ、この番組に出演して下さるとは思ってもいなかった!でも、小島慶子さんとも過去に共演経験があったんですねぇ。

 課題図書はベストセラーにもなっている『紫の履歴書』かと思いきや、現代に生きる女性へ向けたエッセイ本『乙女の教室』でした。この書籍は読んだことが無かったんですが、吾郎ちゃんと小島さんがそれぞれ気に入った個所を朗読したのを聞く限りではかなり面白そうで、変にお説教めいている訳ではないので非常に読み易そう。
 その中で「性別なんて関係ない」と断言し、自分が同性愛者であることを差別が激しい時代にカミングアウトした理由が重かったですね。愛情を持っているにも関わらず、同性を愛することで差別され自ら命を絶たなければならない世界なんて有り得ない!と、美輪さん自ら非難されることを覚悟でカミングアウトしたからこそ、やはり一つ一つの言葉が他の方々よりも説得力があるんだろうな。

 この本の紹介の前後に吾郎ちゃんと美輪さんのエピソードが色々と語られて、街中で普通に自動車を運転している美輪さんを見掛けた吾郎ちゃんが、信号一つ分走って追い駆けて声を掛けたとか、新宿の某所で舞台の稽古をしていたら真下のスタジオで美輪さんも芝居の稽古中だったらしく、突然やって来て「"あ"の発声が違う!」と指導してくれたとか、なかなか興味深いものばかりでしたね。

 その話題から美輪さんに発声の指導をして貰うことになって、「高い声が出せない」と言う吾郎ちゃんが美輪さんの指導で無理なく高音を出せたのは流石の飲み込みの早さでしたね。反対に山田親太郎くんはなかなかコツが掴めず、美輪さんにみっちり指導された所為か後で吾郎ちゃんが嫉妬する羽目になって可笑しかった。

 今回はスペシャルということで課題図書が複数あり、2冊目は『愛と美の法則』の中から、美輪さんが自身の舞台でも上演されているシャンソン歌手エディット・ピアフが作詞した『愛の賛歌』を、美輪さんなりの訳詩によって朗読されました。朗読といっても舞台のような雰囲気で非常に迫力あり、過去にこの美輪さんの舞台『エディット・ピアフ物語』を鑑賞したこともあったので、その時の感動が鮮明に蘇ってきました。
 この歌詞を聞くと、「無償の愛」の重さと切なさ、そして哀しさを痛感させられますね。私が生きている間に、そこまで極められるんだろうか…。まったくもって自信が無い。

 課題図書3冊目は『霊ナァンテコワクナイヨー』という心霊もの。誰でも持っている力で強いか弱いかの個人差があるだけに過ぎず、身構えることではないようなことを語られていましたね。
 歌手、役者である一方でこの手のジャンルにも積極的に語っている所為か、相談されたりアドバイスをしたりすることが多いそうで、何と吾郎ちゃんも数年前に美輪さんからアドバイスを受けたそうです。でも、まだそのアドバイスを実践出来ていなくて、今になって「あの時言われた通りだった」と悔やんでいるんだとか。

 この時だったかな、吾郎ちゃんの生き様を美輪さんは「賢い生き方だ」と仰っていましたね。1番を取ってしまうと後は落ちるしか無いんだから、2番手3番手以降の方が良いに決まっている。その定義を体現しているのが吾郎ちゃんなんだとか。確かに、SMAPの中で吾郎ちゃんが前面に出てくるようなキャラだったらファンになっていなかったかも。後ろに控えていても独特の個性がしっかり出ていて、何よりブレていない姿勢が好きなのよね。

 ぶっちゃけ、1時間SPの所為か無駄にCMが多くて些か苛立ちながら観ていた短気者だったんですが(笑)、内容としては本当に深みのある言葉の数々に色々と考えさせられました。

 そういえば、美輪さんてばセットに登場してから何の躊躇いも無く吾郎ちゃんの隣に座っていたけど、本来ゲストは小島さんの隣だよね?吾郎ちゃんの隣に座ったゲストは木村拓哉さん以来だぞ(笑)

web拍手
コメント
この記事へのコメント
王子の「片割れの悪魔」発言は萌えました♪
そういえばルークにはミサで二度ほど美輪さんからお花が届いていました。
なにげにつながってますね。
吾郎ちゃんが実践できていないアドバイスって何でしょうね。
すごく気になりました。
あと山田くんに嫉妬してたけど、20年前ならもっとべたべた触られてただろうなと思いました(^^)
2012/09/01(土) 21:13:03
URL | meyu #iLtOrAZA[ 編集 ]
>meyuさん
「片割れの悪魔」発言はツボでしたよねぇ!
悪魔と意識していて毎度エンジェルギターを持たせる策士ぶり(笑)

そうそう、TTJの時もルーク宛に美輪さんか届いてましたよね。
確か、ご近所仲間なんでしたっけ?
おおっ!ここにも意外な吾郎ちゃんとの共通点がっ!
私も吾郎ちゃんが実践できていないアドバイスは気に成りました。
いずれ実践できると良いですよね。
確かに、20年前の吾郎ちゃんだったらベタベタ触れていたかも(笑)
でも、十分に今でも吾郎ちゃんは可愛がられてますよねぇ♪

2012/09/03(月) 21:40:40
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/411-ed2a9b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ