ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
CANTA in 新宿BLAZE 
2012/11/25 Sun 20:13
 朝晩は冷え込むようになりましたなぁ。
 気象庁が前回「東から西日本は暖冬傾向」と出していた長期予報を180度変えて「今年の冬は寒さが厳しい傾向になる」との長期予報を出しましたが、最終的には近日の天気予報を参考にして欲しいとのことで、だったら長期予報なんで出さなければ良いのにと思ってしまう。まだまだ試験段階なら出すだけ出して公にはしないっていのはダメなのかな?意外に長年農作業などに関わっている方々の方は「今年の冬は寒くなるな」とか、経験で正確に感じ取れたりしているんだよね。
 文明の利器に頼り過ぎると本来備わっている能力が低下するってあるよな…と、今回の件で改めて思ったり。だってさ、私も電話番号なんで昔は20~30件分なら軽く覚えていたけど、今ではホンの数件分しか頭に入ってないもん。携帯電話に登録してあるから自分の指でいちいち押す必要無くて、電話番号すら覚えられなくなっている自分の劣化ぶりが怖い。

 さて、24日はCANTA in 新宿BLAZEのライブに行って来ました!
 「秋CANTA'12『史上最大の侵略(後篇)』」と題された今回のTOURファイナルであり、今年のCANTAのライブ納め。初CANTAでもあった前篇で参加した横浜のライブが凄く楽しかったので、後篇も行きたいなぁ♪…と思って新宿ファイナルのチケットをgetした次第でございます。お陰で、この三週間は週一ライブさ(笑)

新宿BLAZE 新宿BLAZEは初めて行ったライブハウスでしたが、元新宿コマ劇場の近くにあって判り易い上に2010年に出来た新しいライブハウスなので客席フロアの後がしっかり段差が付いていて、後方に位置を取ってもステージ全体が見やすく、フロアが横三分割という感じに手摺が設けられているのでライブハウスの割には均等に観客が並べる感じ。
 だから今回も後方に位置を取りましたが凄くステージ全体が見やすかったです。あと、横浜の時は下手側だったので今回は上手側をキープしてみた。お陰でMASAKIに悩殺されっぱなしでしたわ♪

 以下、TOURも終わったのでネタバレが混じった感想でいきます。

 開演時間を回るとヤカンを片手にMASAKIが登場、白地のタンクトップ(キラキラしたスカルのプリント入り)に黒いジレを合わせた定番のスタイルに黒の皮パンに紅いショールを腰に巻いたりと相変わらずのお洒落さんぶりでした。ドラムの湯澤さんは黒のタンクトップにカーキ色のチノパンとシンプルでしたが、細身ながらも逞しい身体が際立ってカッコイイ。しかも髪型をハーフアップしていて似合うんだ、これが。ラストは隊長ことルークが登場しまして、ドレープの効いた白と黒の長袖Tシャツなんだけど重ね着してりようでそうではない変わったデザインで、それに赤っぽい柄のパンツを合わせていて可愛かったわ。

 1曲目が『一滴』で始まったのは前篇の時と同じだな~と思っていたら、次にいきなり『1400km/h』が演奏されまして、個人的にCANTAで一番好きな曲だったものだから泣きそうになってしまいました。もうね、この曲が生で聴けただけでも、このライブに参加した甲斐があったというものですよ。

 その後のMCでは前日も同じ新宿BLAZEでやっていたせいか、ルークのテンションが可笑しくて「おいおい、大丈夫かい?」とツッコミを入れたくなることが多々あったんですが、この妙な言動の数々はずーっとルークが試行錯誤してきた「自分独自のキャラ」を完成させた結果だったと後半で知り呆然としました。ウケ狙いで築き上げたキャラらしいですけど(その時点で間違っているような/笑)、うん、「ありのままのルークさんで十分だよ」という言葉を送っておきます。←何様
 あ、でも、後半のMCでは「此処に集まって来て楽しいと思えるのは、その前後の日常生活での辛さを乗り越えて来れたから。これが楽しいだらけだったら、皆も僕も此処には集まらないよ」とか、「作り笑顔を悪いとは思わない。自分の汚れた嫌な部分を見せたくなくて隠したくて作り笑顔をするんだから、そこにはちゃんとプライドがある」って語ったりして、すごくルークぽいなと感じたと同時にこの人の書く歌詞だからCANTAの楽曲が好きなんだと改めて痛感しました。

 途中でメールで募集した企画コーナーが入ったり、1stアルバムの楽曲が演奏されたり、4ヶ月前に参加した横浜とは内容が変わっていて楽しかったです。
 ルーク自身も「喋りすぎだね」と自覚するくらいの長いMCもあったけど(笑)、それでいてメンバー紹介中はステージを下がっちゃって最終的に一人残されたMASAKIが最高のオーディエンス煽りをやってのけたりと、さすが経験豊富な実力派揃いだけあって隙がありませんでしたね。

 アンコールのラストでは恒例の客席降りがありまして、ルークは反対側から降りたので無理でしたがMASAKIと湯澤さんがすぐ横を通り過ぎたのでタッチすることが出来て感激。相変わらず、湯澤さんは妙な鳥のフィギアを持参して生きているかのように動かしていたのが可笑しかった。しかも湯澤さんてば、鳥のフィギアに注視していたから天井が低くなっていることに気付かなくて軽く頭を打っちゃって「イテッ!」となっていたのがツボ。PA卓がある位置は高くなっている分、天井に近いので頭上にはくれぐれも注意して下さい(笑)
 後方で観ていても降りて来てくれるからCANTAの3人を間近で見られるのは嬉しいですね。また、そういう演出でもオーディエンスが暴走することが無いというのも、ライブハウスが不慣れな私も安心して参加できる理由の一つだったり。
 しかし、本当にPA卓まで来てくれると近くで見られるので、ルークの華麗なるアイメイクもバッチリよく判るくらいでしたよ(笑)。しかもニッコニコで本当に良い笑顔なんだわ。湯澤さんとMASAKIもハイテンションで、妙な言葉を叫んでオーディエンス煽りをやってのけ、更に笑顔が深まるルークの表情に和みました。

 CANTAのライブ、何が楽しいって、やはり当人達が心底楽しんでいるのが直に伝わってくるので、こちらも盛り上がっている中でその楽しさというか笑顔が伝染して凄く気持ちイイんですよね。あの一体感は正にCANTAならではですね。

 あ、そういえば、ルークは最近ジムに通っているらしいんですが、健康の為なのか筋トレに目覚め始めたのかは知りませんけど、某王子のようになるのだけは勘弁して下さい。←切実

 えーとですね、この楽しい勢いに乗ったまま、来年の新年会も参加しちゃいますわ。ああ、ヤバイなぁ。


web拍手

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/424-3da73324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ