ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2014/05/20 Tue 20:24
 ここ数日、音楽業界のニュースが騒がしい。
 どちらも共通して残念でならないけれども、国内ニュースの方はね、もうこれ以上信じて着いて来てくれた人達の心情を裏切って欲しくないな…と。どんなに時間が掛かろうとも心身共に健やかになって欲しいです。

 最近は連載モノ以外のコミックは買っていなかったのですが、久しぶりにテレビ番組の影響をモロに受けてコミックを購入しちゃいました。
 先月放送された「ビストロSMAP」でゲスト出演したキョンキョンこと小泉今日子さんが読書家であることから、SMAP5人にそれぞれ合った書籍をセレクトするというコーナーがあり、吾郎ちゃんには松田奈緒子先生のコミック『えへん、龍之介。 (KCデラックス)』がプレゼントされました。あの文豪、芥川龍之介を主人公にした創作コミックなんだそうですが、キョンキョンから「吾郎ちゃんのイメージにピッタリ」と評されたのを聞けば、そりゃ吾郎ファンとして興味が沸きますとも♪

 このコミックは2011年に発行されていたせいか放送後に近所の書店を巡ってもどこも品切れ状態。それじゃネット通販だな…ポチッ!としたものの待てと暮らせど「入荷」の通知が届かなくて、短気者のななんぼさんは「だいぶ興味も薄れちゃったからいいや」とキャンセルちゃって数日後、なんと最寄の書店に置かれていたのを見つけた次第です。「ああ、やはり買う運命だったのね♪」と感激したのは些か大袈裟か(笑)

 コミックとはいえ文豪を主人公にした作品なのだからある程度主人公に対しての知識を持っていないと厳しいかな…と思っていたのですが、第1話からなんの抵抗感も無くスーッと作品の世界観に入り込めてしまった不思議。最初のたった30頁足らずで芥川龍之介の人柄や魅力を的確に描写しいて、その面白さに嵌り一気に最後まで読んでしまいました。
 実在の人物を取り上げてながらもドキュメンタリーテイストにはならず、激動の時代に「物書き」としての矜持を失わずに作品を世に出した龍之介の生き様を時折ユーモワを混ぜながらテンポよく、それこそ少女マンガのような軽妙なタッチで展開していくので、芥川龍之介という人物に興味が無かった私でも読み終わったと彼について少し調べてしまったほど。芥川龍之介がどんな人生を歩んだのか知識を得てから再度読み直してみると、「ああ、この部分はあのエピソードに引っ掛けているのか」と理解も深まり二度美味しい。
 最終話まで読み終わった時には小さな引っ掛かりを覚えたけれども、芥川龍之介の略歴などの知識を得てから再読すると一読した時に感じた引っ掛かりは消えて代わりに作者の芥川龍之介に対する愛情及び弔慰を感じました。

 そして、キョンキョンが吾郎ちゃんに薦めてくれただけあって、この作品上の龍之介は「吾郎ちゃんの当て書き?」と思うほど、パブリックイメージの稲垣吾郎っぽいのです!もうね、初登場シーンからして「あ、吾郎ちゃん」と思ってしまいましたもの。是非とも吾郎ちゃん主演で実写化して欲しいですね。できれば舞台で♪
 過去に吾郎ちゃんは舞台で石川啄木を演じていますけれど、この『えへん、龍之介』もキョンキョンの言う通り絶対にハマる!断言する!!

 まぁ、龍之介が吾郎ちゃんぽいとか抜きにして、実在の文豪を扱った作品として読み手が無知識でも十分に楽しめ、読後はその文豪についてもっと深く知りたくなる程の奥深い内容なので、芥川龍之介や大正ロマンに興味のある方には是非お薦めしたいコミックです。


web拍手

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/485-751252bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ