ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
名優逝く。 
2014/11/19 Wed 20:33
 今年、一番驚いたであろうニュース速報。
 俳優、高倉健さんの訃報には衝撃を受けました。映画作品に比重を置かれている役者さんだったから、テレビでお見掛けしなくても映画を撮っているんだろう新たな作品の準備をされているんだろうとしか思っていなくて、本当に「まさか」の悲報でした。

 高倉健さといえば、私が物心をつく前から大スターで、そんなに作品を観ていなくても「この人は凄い役者さんなんだ」と子供心に思わせる独特の貫録とオーラがありました。正に銀幕の大スター。昨今の芸能人はSNSを利用してファンとの距離を縮めている方も少なくない所為か、一部には「これはプライベートの切り売りじゃ?」と印象を受けるような芸NO人も目に付き、私のミーハー心を新たに刺激してくれる人が少なくなって寂しい限りなんですが、その点で言っても高倉健さんはプライベートを殆ど明かさない「住む世界が違う人」であり、手に届かない雲の上のような存在で本物の芸能人だった。
 しかも、秘話として関係者から伝えられるエピソードの一つ一つも心揺さぶられる逸話ばかりで、本当に役者として身も心もプロフェッショナルな方だったんだなと改めて痛感させられています。

 個人的に印象に残っている作品は『鉄道員』と『南極物語』。どちらも映画館で観た作品。リアルタイムで観たわけでなないけど好きな作品は『幸福の黄色いハンカチ』、『八甲田山』と『四十七人の刺客』、『ブラックレイン』、まぁベタなんですけどね。朴訥な役柄がとても魅力的な反面、眼光鋭い血気盛んな役柄もハマり、銀幕の中に存在して当然と思わせる高倉健さんのお姿はどんな作品でも目を惹いてしまいます。

 あと、すっごく個人的な事なんですが、私が生まれて初めて買ったパソコンは高倉健さんが影響しています。パソコンが一家に一台になりつつあった1997年、今以上に色んな国内メーカーからパソコンが発売されていて悩みまくった私は「高倉健さんがCMしているんだから間違いないだろう!」という理由が決め手になって、当時、高倉健さんがCMキャラクターを務めていた富士通のFM-Vシリーズのディスクトップを購入したのです。我ながらめっちゃ単純だと思いましたが、それだけ高倉健さんの存在って安心感に近い確証があったんですよね。
 当時のパソコンなんでかなりの高額でしたから、あんな高額商品をCMキャラクターが購入の決め手になったのは後にも先にも高倉健さんだけでしたね。

 私にとっては、それほどのお方です。

 最後の昭和銀幕の大スターがこの世から消えてしまい残念で堪りませんが、先に逝ってしまった愛しい人と天国で再会して、この世で果たせなかった幸せを永久に過ごして頂けたらな…とまで願うのは、さすがにお節介ですかね。
 今まで銀幕を支えて下さってありがとうございました。

 合掌。

web拍手
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/512-ad4285aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ