ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/01/26 Mon 21:48
 実はお正月明けに普段は滅多に出ないアレルギー症状が久しぶりに出てしまい少し体調を崩し掛けてまして、お正月休みは絶対と言っていいほど体重が増量するのに少しだけ減り、「これをキープできればいいなぁ」と思っていたんですが、意志が弱かったようで今日辺りで見事に元に戻りましたわ。
 多分、私は食事制限すれば効果覿面なタイプだと思われ(笑)。でも絶対に食欲に対するストレスが溜まって、理想通りに体重を落せても体重以外の面で不健康になると断言する!←

 昨晩、25日はテレビ東京で『1位じゃなくっていいじゃない』という特番の放送がありました。
 番組MCは稲垣吾郎と草なぎ剛。なんと二人でMCを担当するのは初なんだとかっ!SMAPの中では積極的に前に出ることなく中間管理職ポジションと呼ばれる二人にはピッタリな企画番組ですが、ホントか後付けなのか定かでは無いですが、局側は中居くんにMCのオファーをしたところスケジュールが空いてなくて、たまたま空いていた二人にオファーが回ってきた」とか(笑)

 そして番組冒頭から司会者とは思えない和みっぷりを発揮する二人に心鷲掴みされた♪
 番組の小道具やセットに茶々を入れたり、番組紹介も自己紹介もゲスト紹介もどこか緩い。でも、この二人の仕切る番組なら別にこれ良いんだろうと納得してしまう妙な雰囲気(笑)
 それでいて、タイトルからも判る通り、「1位じゃないからこそ、素晴らしいことはたくさんあると」陰の主役たちにスポットを当てた番組で、司会が吾郎ちゃんと剛、ひな壇ゲストが「1位じゃないゲスト」と言われてしまう面々(笑)、番組内で紹介される方々も確かに表立っては出てこない存在ばかり、それどころか殆ど知られていない存在もあったり…何気に徹底していました。

 ぶっちゃけ、この手の趣旨の番組は過去にもありましたけれど、なんせMCがあの二人ですから(笑)。まず、本来なら番組を仕切らなけれないけない司会者だろうと変わらない剛の天然っぷりが最強でしたし、さすが年上だけあって意外に流れ読んで上手く仕切る吾郎ちゃんはカッコ良かったけど絶妙なツッコミや剛とはまた違った天然発言ぷりも可笑し過ぎて、「ココでそういう発言がくるか!」と予想の斜め上をいくので観続けていても全く飽きがこない。
 しかもゲスト陣も端から「私は1位じゃないですから」と自虐キャラの姿勢でいたので(その中でも柔道の篠原さんはさすがスポーツマンだけあって「柔道は1位じゃなきゃダメ!」と終始貫いていた姿勢は素晴らしかった!)、誰かを貶めて笑いを取るとか最近のバラエティー番組ではよくある不快感を覚える展開もまったく無く、寧ろボケに失敗した人を他のゲストがフォローしたり、吾郎ちゃんと剛に少々Sっ気の混じったツッコミからボケ返したり、自滅モードに入りそうになる司会者2名に助け舟の如くツッコミを入れたり、司会者とゲスト陣の関係性がアットホームで和んだ、和んだ。

 テーマである「1位じゃなくっていいじゃない」も、決して「1位になりたくない」という訳ではなく、1位の存在には敵わなくても自分には1位の存在よりも秀でているモノを持ち合わせているという確固たる自信があって、1位の陰に隠れるのではなく堂々としていることを、当事者の格言ならぬ銀言で紹介するストレートな構成は実に解りやすかった。
 しかも番組内て紹介されたどの存在も個性的で納得の素晴らしいモノばかりというのが凄い。個人的には富士山の次に高い山「北岳」が印象に残ったなぁ。あと、ちくわぶはどちらかと言うと苦手だったけど「売れ残るほど美味くなるなら食べてみようかな」という気にはなりましたよ(笑)

 また、この番組のナレーションを先日お亡くなりになられた声優・大塚周夫氏が担当されていて、ご子息であり同じ声優である大塚明夫氏に「ナレーションではなく芝居をしてやった」と楽しげに語っただけあって(大塚明夫氏がご自身のTwitterで明かされているエピソードです)、ツッコミちっくに入るナレーションなどが秀逸で、その後の展開に注視しっぱなしでしたもの。実は大塚明夫氏も4カ所ナレーションに参加していて、この番組が大塚周夫氏の遺作でもあり、親子競演にもなった作品。番組の最後に哀悼メッセージが出てグッときました。大塚周夫氏も多くの銀言を持つ素晴らしい存在ですよね。

 最初から最後までお気楽に、それでいて見入っちゃう「深い」番組だったな。この手のテーマをあんなに嫌味なくストレートに伝えちゃうって凄いですよ。

 「(2人で司会なんて)自信無いね~」と言い合っていた吾郎ちゃんと剛ですけど、この二人だからこそ醸し出せた和やかな雰囲気と妙に説得力のある発言が飛び出したんじゃないかな。その中でも、ゲストの土田晃之さんに向かって「どうでした上田さん?」とADの出したカンペを見間違えゲストの名前を間違えて言ってしまう痛恨のミスに動揺しまくる剛に、「しかもその台詞、僕の台詞だったんですけど!」とADの出したカンペを指す吾郎ちゃんのやり取りが可愛過ぎて。あまりの動揺っぷりに土田さんから「もっと頑張りますから!!」と逆にフォローを入れられて、更にパニクッて己の意見を纏められなくなる剛が可愛くて♪あの場面で「今が一番面白いよ!」と剛を称賛した吾郎ちゃんもさすがだったわ(笑)

 ほのぼのコンビは番組のエンディングまで最強というか、最後の最後で剛が「この番組、本当にオンエアされるのかな?」と言えば、吾郎ちゃんが「…多分」と自信無さ気に答えてゲスト陣を混乱させるとか、普通のバラエティー番組では観られない仕切りっぷりでしたよ!

 「続くかどうかわからないですけど…」と吾郎ちゃんは言ってましたが、これは続けましょうよ!改変期ごとに放送する特番でいきましょうよ!テレビ東京さーん!!テレ東公式サイトの「番組感想」を送る欄は400字以内に纏めるのが超大変だったのよー!!←

 久しぶりに2時間ガッツリ観た甲斐があった特番でした♪


web拍手

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/520-3177b1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ