ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/05/15 Fri 20:49
 久しぶりのblog更新です。
 最近ちょっとノートPCが不穏な動きをする事があるので、あまり長い時間電源を入れないように気を付けております。蘇る去年の夏の悪夢…。大事に使っていかなければ…!
 スマホを使っているんだからスマホからもblogを更新できるじゃん!ってなりますけど、基本的にダラダラと長い文面になりがちなのでスマホでちまちま打っていくのは性に合いません。最近はblogよりもTwitterとかInstagramの方が主流なのが判る気がしますね。あちらだと文字数が少なくて済むからスマホで利用がしやすい。ただ、その分、簡潔なテキストにしなければならないので長文になってしまう私には不向き。素敵な画像に印象的な短文を添えてSNSに公開できる人は本当に尊敬しますよ!

 GWはなんだかんだで飲み会続きで胃袋的には素晴らしい日々でしたが、現在その後遺症ともいうべき体重増量に悩んでおります。ええ、自業自得とも言いますよ。この年齢になるとですね、食中りにでもならないと体重なんて一気に減ってくれないですからね、増量し過ぎないように気を付けてはいたのですが…食欲には勝てません。←
 今年も夏イベがあるからな~。夏に今年最大増量記録!は避けたい(笑)

 さて、昨晩の『ゴロウ・デラックス』には"トットちゃん"こと黒柳徹子さんがゲストに出演。
 日本のテレビ創成期から女優として活躍されていた黒柳さんは「生きるテレビの歴史」であり、ゼロから作り上げた「テレビドラマ」の逸話はどれも興味深い内容で惹き込まれてしまいました。逆に今は何でも揃っているからこそ、どんな事にも挑戦できる分だけテレビドラマが詰まらなくなってきているような気がしないでもない。技術的な事も含めて全ての面において現在のスタッフや役者さん達の方が優れているんだろうけれど、「揃っている」からこそ「ゼロから作り上げる」経験が無いというのは意外にハンデになっているかも。だから吾郎ちゃんから見たら、黒柳さんが経験してきたことが羨ましくて仕方が無いんじゃないかな~とも思ったり。
 当時はテレビドラマも生放送で映像なんて残らなったこらこそ、黒柳さんのような方が後世にまでその歴史をしっかりと語り継いでいって欲しいですね。

 課題図書は『トットひとり』で、そんな黒柳さんの半生が綴られた作品。
 吾郎ちゃんが朗読した脚本家の向田邦子さんとのエピソードは黒柳さんらしい逸話でもあり、そのエピソードを振り返ったことで「ああ、もう逝っちゃったのよね…」と遣る瀬無い表情を垣間見せた黒柳さんが切なかったな。「100歳まで生きる」と公言されているけれど、それは同時に仲間を見送る覚悟をしているということでもあり、波瀾万丈な半生を直向きに進んで来たからこその強さなんだろうなと。

 そして、TBSと黒柳徹子さんといえば生放送音楽番組『ザ・ベストテン』。生放送ならでは当時のハプニング映像が公開されましたが、さり気なく背後に席にアルフィーが座っている映像があって(風貌的に『STAR SHIP』辺りの頃かな?)アル中のななんぼとしては役得♪
 その中の一つに鈴木雅之さん達が扮するグループ『ザ・シャネルズ』に対して一般視聴者が差別的な言葉を発した際に、生放送という時間の限られた番組の中で早口になりながらも涙目で「(言った方に悪意があった訳ではないとは解っているけれど)そのような人を見下すような発言は決してするべきではない」と訴えた黒柳さんの機転に胸を打たれましたし、パートナーの久米さんも「黒柳さんが泣きながらお怒りになるのは当然です」と続いたことに、テレビ業界で仕事をする方の責任感と誇りを目の当たりにした気分になりました。後ろに座っていたミュージシャンの方々も(アリスだったかな?)賛同するように拍手を送っていたのも印象的。この場面、当時子供だった私が観ていたとしても、「さっきのような台詞は絶対に言ってはいけないんだ」と解ったと思います。
 テレビの中でワイワイ楽しいことを表現しながらも人として「正さなければならい時はしっかり自分の意見を言う」、特にテレビ業界という多種多様なシガラミがある中でそれを実行するのは非常に困難なことだと思いますが、それをしっかり通していた時代のテレビ番組は凄く面白かった。今はこんな場面…皆無なんだろうなぁ。むしろ、やり方を間違えて「炎上」になっちゃうんでしょうね。

 そんな訳ですっかり黒柳徹子ワールドに浸った30分間だったんですが、黒柳さんのお話が30分で纏まるはずもなく次回もあるそうです。しかし、その放送は再来週…!「特番でも入るのかな?」と思ったら、次週ゲストはこれまた大女優の八千草薫さん。とても嬉しいですが、何で黒柳さんの回を2週連続で放送しないんだろう?これも大人の事情ってやつなんでしょうか…。
 なかなかテレビ業界は難しいんですな。


 先ほど、ブルース界の巨匠、B.B.キングの訃報を知りました。
 ブルースはあまり聴かない私でも、やはり「ブルースといえばB.B.キング!」と思うくらいの超大御所。晩年も精力的にライブ活動を続け、多くのミュージシャンとも積極的にコラボレーションを重ね、特にエリック・クラプトンと競演は「カッコいい!!」と当時強烈な印象を受けまして、私がブルースをちゃんと聴くようになったキッカケでもありましたね。
 音楽界に多大なる影響を与えた偉大なるミュージシャンに哀悼の意を捧げながら、今宵はエリック・クラプトンとのアルバム『Riding with the King』を聴いていたいと思います。


web拍手
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/533-7a122fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ