ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/07/10 Fri 22:32
 気が付けば7月も10日が過ぎて漸く7月最初の更新。これが7月の更新の最初で最後だったりして(笑)
 鹿児島ほどではないですが関東もずーっと雨続きで今日は久しぶりに「晴れたぁ♪」という晴天気候で、今しかないとばかりに洗濯!明日は大物を洗濯できそうだ。来週は台風11号の影響も受けそうですから、また洗濯のタイミングが難しくなりそうなんですよね。湿度も高いから乾きも遅いし、梅雨時はお洗濯が大変。

 最近は私にしてはTV番組を観ているのですよ。Takamiyのシングル発売日も近付いて来たので、高見沢さんがちょこちょこ露出するようになってきていますしね。特にミニ番組の『LIKE』は予想以上に面白くて最高でした♪ホストの2次元キャラのLIKEくんを終始困惑させる高見沢さんのマシンガントークとマイペースぶりに毎日大笑いしてましたわ。たま~にあの番組を観ているけど、LIKEくん(裏の顔HATEくん)がツッコミも出来ずタジタジになっている姿を初めて見たわ。
 あと、先日の『MUSIC JAPAN』に出演して新曲TV初披露となったけど(ルークさんも映って嬉しかったよ♪)、光一くんと一緒だったから「ベスト・ヒット・タカミー!」とか言っちゃうわ、2人でユースケさんとゲストトークになったりと本当に某番組のような絡みが見られて嬉しかったな。しかし、あの最新のエンジェルギター、雑誌『Player』では「意外に弾きやすい」って語っていませんでしたっけ?…あ、エンジェルギターの中ではってことか(笑)
 ALFEEとしては3年連続で『MUSIC DAY』に生出演していたけど、最初の『STAR SHIP』の音響は残念だったな~。普通に歌い切っていたのはさすがでしたが…。坂崎茂は安定の癒しコーナーになっていて良かったですけどね。本物の流しに間違われていた場面ではウケました♪

 …て、またまた本題に入っていない(笑)

 7/7のTV番組が何気に吾郎ちゃんdayで、テレ東の特番『そうだ旅(どっか)に行こう』にゲスト出演、その後にフジの連ドラ『HEAT』が初回2時間SPでスタートしたのです。トータルで4時間、さすがにリアルタイムで視聴はできませんでしたけどね。

 『そうだ旅(どっか)に行こう』は今までの放送した宿や絶景を人気順に紹介した総集編的な内容だったらしく、ロケ映像メインでスタジオゲストの一人である吾郎ちゃんは基本ワイプで抜かれる程度。でも、OPに司会者のウッチャンを押しのけて(?)「こんばんは稲垣吾郎です」と堂々たる登場ぶりにテレ東アナも「きゃ~♪」ってなってた演出は好き(笑)。あと、ウッチャンが他局でSMAPが5人で旅に出た番組に触れてくれて、「かなり反響があったのでまたやりるかもしれないですね」という言葉を引き出せたことがハイライト!吾郎ちゃんは「この番組でやりましょう」的なことをリップサービスしていたけど、ゲストの土田さんが「いやいや、それは(予算的に)この番組では無理でしょう。お台場でやっていただいた方が…」とツッコミ入れていたのもツボ。個人的にはテレ東で放送して欲しいな~とか思っちゃったり。
 エンディングでは来週の特番『1位じゃなくっていいじゃない』第2弾の告知CMが流れて、今回はロケをしている吾郎ちゃんと剛の映像も流れてウハウハでした。前回とても面白かったから今回も楽しみですわ♪しかもロケまであるだなんて期待値が上がってしまう。

 でもって、『そう旅』の放送が終わって直ぐ連ドラ『HEAT』の初回2時間SP放送がありまして、当然のことながら吾郎ちゃん目当てだったんですけど、2時間放送で吾郎ちゃんの出番は5分足らず…!(涙) いや、主人公の上司という設定からして出番の多いキャラではないだろうとは思ってはいましたけど、2時間もあってここまで出番が少ないとはね…。ドラマの内容そのものが面白ければ耐えられたんですが…。←
 申し訳ないですが、ドラマの内容としては私は苦手な部類です。いくら初回放送だからって、この手の内容を2時間で放送する意味が解らなかった。1時間で十分纏まる内容だったんですもん。だから展開が鈍重で退屈な場面が多かった。あと「昭和のドラマ?」と思うくらい展開がベタで…。主人公はじめ、登場人物はスタイリッシュな雰囲気なのに内容が昭和ドラマな展開って…キツい。

 吾郎ちゃん演じる社長は使えない人間は片腕的な存在でも即座に切り捨てる冷酷な人間だけど、一代で大企業を築いただけある先見の明と辣腕ぶりで主人公のタツヤも一目置くほどの人物。とにかく社内の人間全員が社長に畏怖の念を抱いているらしいですわ。気に入った部下にはお茶を振る舞い、ただしお茶を飲み終わるまでに自分が納得がいくプレゼンをしないと用無し扱い、蝶ネクタイを付けて身だしなみにも気遣い、社長室でお気に入りの薔薇を丹精込めて育てる殿上人のようなお方です。無駄にミステリアスです。

 多分さ、主人公のタツヤが社長にプロジェクトを採用される為に狙いを定めた地域に消防団に加入することで都市開発しやすい環境を整えていこうするけど、消防団の活動を通して地域の人達と触れ合っていくうちに自分のやり方に疑念を抱くようになり、都市開発を諦めて地域密着の活動に精を出していき最終的に消防団員の立場で社長と対立することになるんじゃないかね~。そんなベタな展開は嫌だから、敢えて自分の予想を書いた次第ですけど(笑)

 とりあえず第1話は、主人公のタツヤとそのライバルの濱田が「社長からお茶をいただく」為に張り合う話だと理解しました。←間違ってます

web拍手
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/540-f6521425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ