ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2015/08/31 Mon 21:52
CATEGORY【SMAP】
 8月も今日で終わりですが連日最高気温が25℃前後という有り得ない気候。
 Takamiyの復活バケーションで最後の夏休みを満喫したと思ったら一気に秋ですよ。7月や8月上旬のは40℃近い酷暑も多かったというのに、本当に今年の夏は気温が極端ですよね。体調管理が大変ですな。秋は遂に聖飢魔II 30thが本格的に始動するから、風邪なんて引いていられないぞぉ!もちろんアルフィーの秋TOURだってあるんだからさ!!2015年の下半期もライブ三昧だね♪
 …しかし舞台関係は年内は諦め。るるる~…。来年は取り戻すぞっ!

 さて、先日は夏の恒例特番『ほんとにあった怖い話・夏の特別編2015』の放送がありまして、今年も「はい!吾郎さん!」ということで吾郎ちゃんとほん怖倶楽部の子供達も登場。ええ、幽霊系の怖いお話は大の苦手なのに、毎度「吾郎さん」目当てで頑張って観ていますよ。私はどちらかというとSっ気が強いと思っていたんですが、何気にM気質なのかも(笑)

 ただ、本編の「ほん怖話」は年々怖さがトーンダウンしているような?あまりリアルな怖さやお化け屋敷的な驚かせる演出を多用するとクレームがきちゃうのかな?それはそれで残念なことですけど…。なんなら「ほん怖番外編」でマジで怖いのを深夜に放送するとかね。その時は「吾郎さん」がいらっしゃらなくても良いですよ。怖くて観られないから。←
 そんな中でもリアルな怖さがあったのは高梨臨さん主演の『怖い日常』の電話オチ。あれ、地味に怖いし同僚酷くないか?(笑)。最初の『どこまでも憑いていくる』や『奇々怪々女子寮』は王道の怖さだったけれど、直後に吾郎さんが「顔、大き過ぎない!?」とツッコミを入れたり、「何で黒いの?」「(怖くて涙ぐむ子供に)夢に出るよ~」と悪魔のようなツッコミを入れてくれたお蔭で緩和されました。あれが無いと観続けられない(笑)
 ちょっと不思議な話だったのがピースの又吉さんが主演した『つきあたりの家族』、あれ捉えようによってはかなり怖い体験だと思うのに当人が恐怖感を抱かなかった自分に笑ってしまっていたのがリアルで怖かったです。もしかしたら、あの話が一番現実的な体験談だったのかもしれないなぁ。しかし、『ほん怖』の予告では又吉さんが恐怖に叫んでいるシーンが頻繁に流れていましたけど、実際のドラマでは叫ぶどころか淡々とした展開に終始していて…あれって予告用だったんですかね?それとも事実を知って叫ぶよりも笑ってしまった方がリアルだと変更になったのかな?経緯は判りませんが、結果的に良かったと思いますけどね。

 さて、来年はどんな『ほん怖』が出てくるんですかね。また、吾郎さん主演の再現ドラマも観てみたいなぁ。久しく出てないよね?

 でもって昨日は戦後放送70年を記念した特番として『NHKのど自慢』にSMAPが揃って生出演!来月の26日に特番で『SMAPプレゼンツのど自慢in山田町』の宣伝も兼ねていたわけですが(そちらの放送もすごく楽しみ♪)、出演された挑戦者の方々が揃って素晴らしくらいに個性的でして、SMAPが出ているからではなくて、その方のキャラに釘付けになってしまうことが多々ありました。
 そんな挑戦者の方々に対して生放送であることを忘れているんじゃないかと思うくらいの木村さんの素直過ぎるリアクションも最高で、自分が良かったぁ!と思った歌唱を披露した挑戦者の結果が鐘2つで落選になると「ええ~?今のが鐘2つ~?」と抗議の態度を示したり、社交ダンスをしながら『乾杯』を熱唱する史上初の挑戦者にも「鐘2つ」の結果が出ると「何で~ぇ!?」とばかりに鐘を鳴らしている方の所まで駆けて行って直談判する行動派(笑)。申し訳ないけど大爆笑しちゃいました。ゲストなのに、純粋に『のど自慢』を楽しんでいらして最高です。応援された方もすごく嬉しかったでしょうね。ああ、羨ましい。
 あのメタルバンドTHE 冠のヴォーカルの冠徹弥さんも「のど自慢最高やね」「やっぱり木村拓哉はスーパースターやね」とツイートされていたのが密かにツボ。国民的アイドルは音楽のジャンル関係無しに感動させられるんですな!

 あと、さすがSMAPだな~と思ったのは、司会補佐的なポジションは慎吾が担当していたけれど、挑戦者の雰囲気に合わせて中居くんがツッコミを入れたり、剛が絶賛したり)、吾郎ちゃんがフォローしたり、木村さんが抱き着いたり、しっかり役割分担ができているところ!それもごく自然に。『銀座カンカン娘』を熱唱されたおばあさまだったかな?自分の持っているマイクを無意識に離してしまって声が小さくなってしまったのを、吾郎ちゃんがさり気なく手を添えて口元に持って行く優しさも素敵だな~と思ったし、それでもマイクを離してしまうおばあさまに自分のマイクを口元にそっと向けたりね、その自然な仕草がとても印象的でした。
 何より5人が挑戦者を引き立てていて飽くまでサポート役、応援役に徹していたところが素晴らしい。同じくゲストだった坂本冬美さんもSMAPに負けず劣らずの名言といいますか素晴らしいフォローをされて流石だったな~と。

 SMAPが歌ったのは新曲ではなく『SHAKE』だったのも、更に会場全体が一つの雰囲気になって良かったですよね。木村さんが「鐘が2つしか鳴らなくても~イライラしない~♪」と替え歌していたのも可笑し過ぎて!あれだけ抗議していたのに!(笑)。そんな木村さんが大好きですわ♪

 思いの外、SMAPのキャラも際立ち、かつ挑戦者やその関係者とのほのぼのとした触れ合いにも癒されて、予想以上に楽しめた『のど自慢』でした。見逃さなくて良かったぁ!


web拍手
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/547-d8ba4260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ