ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2016/02/22 Mon 20:52
 怒涛の一週間を過ごしました!
 週末は聖飢魔II 2dayに高見沢さんと西本さんクラッシクコンサートというライブ3daysだった一週間、まさか職場の近しい方がインフルエンザに罹ってしまいまして、仕事は倍増するわ「まさか自分も感染してる?」と精神的にダメージも受け、心身共にかなりハード日々を過ごしましたね。でも、この一週間は毎日一日2回体温を測ってますけど一度も36℃以上になっていないので、まぁ大丈夫かな…。ミーハーな行事が続くと意外に丈夫な身体になる体質のようです(笑)

 そんな訳で怒涛のライブ三昧になりまして、その全てがスペシャル過ぎる内容だったのですがまとめて書くのは不可能な訳で、本日は2/20の夜を持って魔界へ帰還してしまった聖飢魔IIの武道館ミサのことについて熱く語りたいと思います。興味のない方はUターンですぞ!

聖飢魔II 30th at 日本武道館

 2月の19、20日は2015年で地球デビュー30周年を迎えた聖飢魔II at 日本武道館の大黒ミサでした。
 現役時代ですら日本武道館2daysは無かったはず。それが30周年にして即日完売するという、解散してから動員数を増やすという実に悪魔なバンドです(笑)

 去年の下半期に地球に復活した聖飢魔IIは、全席死刑TOUR、続全席死刑ツアーと2種類のTOURを敢行し、参拝した信者に死刑を言い渡したわけですが、それで終わるのは嫌だという信者の願いを汲んで(?)追加公演というで決まった日本武道館、19日は控訴ミサ、20日は上告ミサとタイトルが付きました。

 天候に恵まれた19日の控訴ミサは、魔人倶楽部III(FCサイト)で前以てデーモン閣下から「第二教典(セカンドアルバム)『THE END OF THE CENTURY』を全曲演奏する」と告知されていました。ネタバレを毛嫌いする閣下にしては異例の御達し。それだけ気合を入れて参加しやがれ!ってことだったんでしょうね。

 プロジェクションマッピングを多用した素晴らしい演出で始まった控訴ミサ、デーモン閣下の陰アナから始まり『創世記』~『THE END OF THE CENTURY』に繋がって行くOPを観た瞬間からヴォルテージMAXですよ!!遂に武道館のステージに聖飢魔IIが立ったんだなぁ!と、特に現在の上手側のギターを務めているジェイル代官は初めての武道館になりましたからね。
 個人的に初めて生で聴けた曲も多くて『悪魔の讃美歌』や『怪奇植物』は演出も含め感激したなぁ。また、「武道館は絶対にステージから物を投げては行けないのだ!」とのことで、本来なら演奏中に悪魔たちが齧った林檎を観客に投げるパフォーマンスがある『アダムの林檎』の際は「公平に紅玉抽選会」と題してステージで抽選会を行っちゃう演出には笑いました。あと観客にコロセー!コールを言わせながらウェーブさせたりね(笑)、武道館ならではの演出が盛りだくさんで本当に楽しかった!!

 そして本当に最後となった20日の上告ミサ。
 この日は生憎の雨模様だったけど気合の入ったメイク信者様達は相変わらず多かった!それだけでも感激したなぁ。寒かったけれど「最後をしっかり見届けるぞ!」と開場前から武道館周辺は熱気ムンムンでしたね。

 この日の陰アナは「誰?」と観客がザワつくほど聞き慣れない声で始まりまして、でも「どこかで聞いたことがあるような…」と思っていたら、まさかの聖飢魔IIの創設者であるダミアン浜田陛下!!もう判った瞬間マジで泣きそうになりましたよ。聖飢魔IIに詳しくない人は解らないでしょうけど、聖飢魔IIという悪魔教団を作ったのも、デーモン閣下をヴォーカルに認めたのも、あの『蝋人形の館』を作詞作曲されたのもダミアン浜田陛下なのですよ。プロデビュー目前で魔界へ還られてしまった伝説の悪魔様なのです。

 こんな予想外な演出があって盛り上がらない訳がないですよ!
 しかも2日目では聖飢魔IIの中で一番古い曲と言われている『悪魔組曲』が演奏されまして、デーモン閣下が天地逆転唱法を披露したのが嬉しくってね~!あの曲を生で聴けただけでも本当に良かったと思っています。でも、この曲は始まる前に観客を2つに分けてコーラス練習があるんですけど、教えるギタリスト2名のルーク参謀とジェイル代官が揃って音を間違えて観客からブーイングされていたのが最高でしたね。ルークが最初に間違えちゃった時にジェイルが笑いながら観客にブーイングを煽ったんだけど、そのジェイルが2回も立て続けに最初に音を間違えるっていうね!そりゃ、ルーク以上のブーイングを食らいますよ。本悪魔は「天然は高級なんだ!」開き直ってましたけど(笑)

 更にネタバレが大っ嫌いな閣下に至ってはMCの最中に勢いで演奏曲(しかも最後の曲)を口にしてしまうハプニングもあってね!これは笑うしかなかったですね。まぁ定番曲でもあるので「お前らだって演奏するって解ってんだろ!」と開き直っていたのも納得です(笑)

 ただね、楽しい時間は本当にアッという間。
 終盤になってデーモン閣下が戦闘服(衣装)を着替えてきたのですが、それが1999年の本解散ミサで最後に着ていた戦闘服だったもんだから、もうそれを見ただけでも泣きそうになったし、ルーク参謀の速弾きギターが冴えわたった『Brand New Song』から涙腺がヤバくなって、『FIRE AFTER FIRE』で拳振り上げまくって大暴れしたけど、その次のラストを飾った『EL DORADO』の前奏で耐え切れなくなって号泣。本当に最後の最後までカッコ良くて…!全力で演奏、熱唱しまくる悪魔達の姿を必死になって脳裏に焼き付けました。

 最後、ステージ奥の魔界への門が開いて1名ずつ還って行く姿に涙が止まらなかったけれど、こちらも全身全霊で楽しんで感情を爆発させて気分もスッキリです。

 デーモン閣下は「また何処かで会おう」という言葉を残してくれましたが、2005年、2010年、2011年、2015年と5回目の解散を迎えたこの30周年で本当に最後だろうと思っています。
 今回の日本武道館2daysの大黒ミサ、セットリストもパフォーマンスも演出も全てがこれ以上にないくらい最高だったので、逆を言えばこれ以上なんてもう無いと思うんですよ。それだけ凄まじい有終の美を飾ってくれました。

 あと2日間を通して演奏曲が半分以上同じだったけれど、初日の方は第二教典を全曲演奏してきたり、2日目は『悪魔組曲』を演奏してきたり、デーモン閣下、ライデン湯澤殿下、ゼノン石川和尚、ジェイル大橋代官、ルーク篁参謀という構成になった2010年からの聖飢魔IIの集大成にもなったように感じました。

 今の自分に「また5年後も復活して欲しい」という想いはありません。
 それだけ最後を飾るに相応しい圧巻のステージでした。

 2日間は10分間のインターバルを入れて3時間強のステージでしたが、1,2曲ごとにMCに入っていたので今まで以上にMCが長かった印象です。もう最後なんだから、ここでMCを入れるならあと1曲聴きたいなと思ったのも本音ですが、あれだけの凄まじいパフォーマンスを維持するのにはこれがギリギリなんだなってことも痛感しました。その潔さと決断力も聖飢魔IIの美学だと思います。

 聖飢魔IIの地球デビュー30周年を思う存分に楽しめて本当に良かったです!

 それに悪魔は魔界へ帰還してしまったけれど、なんと4月13日に新曲を発布するんですよ。解散してから新曲を発表ってどういうこと?当然のことながら聖飢魔IIは新曲プロモーションなんてしませんよ、魔界へ還ってちゃっているんですから。
 4月から放送されるアニメ『テラフォーマーズ』の主題歌を担当するとかで、まだまだ聖飢魔IIへのお布施は続きますぜ。もう地球に居ないのになぁ…。これぞ悪魔の所業(笑)


 以下、【自分用のメモ】の2日間のセットリストです。


web拍手



聖飢魔II 30th at 日本武道館

2016.02.19. 控訴ミサ
第1部
1.創世紀
2 THE END OF THE CENTURY
3 DEMON’S NIGHT
4.悪魔の讃美歌
5.JACK THE RIPPER
6.蝋人形の館
7.怪奇植物
8.FIRE AFTER FIRE
第2部
9.GO AHEAD!
10.アダムの林檎
11.秘密の花園
12.WINNER!
13.BAD AGAIN ~美しき反逆~
14.BRAND NEW SONG
15.EL DORADO

2016.02.20. 上告ミサ
第1部
1.創世紀
2.地獄の皇太子
3.アダムの林檎
4.秘密の花園
5.MASQUERADE
6.蝋人形の館
7.悪魔組曲 作品666番 変二短調
第2部
8.GO AHEAD!
9.WINNER!
10.JACK THE RIPPER
11.BRAND NEW SONG
12.BAD AGAIN ~美しき反逆~
13.FIRE AFTER FIRE
14.EL DORADO

構成員
*デーモン閣下 vocals
*ライデン湯澤殿下 drums
*ゼノン石川和尚 bass
*ジェイル大橋代官 guitars & background vocals
*ルーク篁参謀 guitars & background vocals
(※怪人松崎さま support keybord & background vocals)

テーマ:聖飢魔II - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/561-043ed147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ