ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2016/08/07 Sun 22:15
 オリンピックが開幕して、夏の甲子園が始まり、正にスポーツの夏!という感じになってきましたが、広島に原爆が投下された日が過ぎ、間もなく長崎に原爆が投下された日を迎え、そして終戦記念日を迎える日本としてはスポーツに熱くなれる穏やかな日常の大切さを実感しなければならない時期でもありますよね。
 特に開催前から何かと問題が山積みのリオ・オリンピック、何事もなく平和に閉幕式まで迎えられることを切に願います。

 THE ALFEEの夏フェスから丁度一週間が経ち、私の中では完全に夏が終わった状態。その後も横浜の花火大会とか夏の風物詩を満喫できましたけど、私の夏はあの新横浜の2日間に集約された感じです。

 その余韻を引き摺ったまま昨日の土曜は幸ちゃんことTHE ALFEEの坂崎幸之助さんが旅人として出演したテレビ番組『ぶらり途中下車の旅』を観ました♪
ぶらり途中下車の旅/旅人:坂崎幸之助

 番組のエンディングテーマをTHE ALFEEが2クール連続で担当している縁での出演なんでしょうけど、だからってOPから番組スタッフさんが頑張り過ぎです(笑)。なんですか『ぶらりTHE歩き~半蔵門線の旅』って!!この番組はTHE ALFEEが曲を担当する前からよく観てますけど、こんな旅人に合せまくったOPタイトルは初めて観ましたよ(笑)
 しかも幸ちゃんが半蔵門線を選んだ理由はアルフィーがまだ売れない頃に各自がバイトをしていて高見沢さんが当時新設予定だった半蔵門線のトンネルを掘るバイトをやっていたからだとか!ファンには肉体派の高見沢さんだと知られていましたけど、まさか半蔵門線の線路工事に関わっていたとは意外。ここでも番組スタッフが遊び心を出しまして、半蔵門線の路線経路を説明する図を出した際に画面の端っこにトンネルを掘る若かりし頃の高見沢さんのコラ画像が(笑)。ファンには嬉しい演出でした!THE ALFEEの楽曲も幾つかBGMになっていたしね♪
 幸ちゃんの歩き旅もなかなか情緒があって良かったですよ。リュックを背負って歩く姿が様になっていて♪お店の人に地図を書いて貰った時に「この手書きのグーグルマップを頼りに行ってみます」とか言ったのがツボだったわ。あと食レポは素直過ぎるというか何と言うか、裏参道のお洒落なカフェエリアに行った時のアレは…シンプルなみたらし団子で食べた方が一番美味しいんだろうなって伝わってきた(笑)。下町の仮面屋さんの店長さんもインパクトあったけど、最後のロボットは純粋に凄いな~と。下町の町工場の技術の高さを垣間見られた感じで良かったです。


 そして、今日までの期間限定公開でしたが、渋谷のESP Museumまで『高見沢ギターコレクション』を観に行って来ました。去年も開催されたんですけど、あの時はエンジェルギターコレクションでして今回は歴代の変型ギターが50本も展示されたというスペシャルな内容!
ESP Museum高見沢ギターコレクション

 入館した途端、全てのブースに高見沢さんの変型ギターが飾られていた光景は圧巻でしたね!
 1990年代前半まではよく使用されていたFlying-AIIIシリーズや初代のエンジェルギターを間近で見られて感激でしたよ。特にFlying-AIIIの使用感が凄くて!エンジェルギターも初代の他にAUBEエンジェルギターやヴァンパイアギター、メタルエンジェルギター、ヴィーナスエンジェルギター#2、レッドローズエンジェルギターやブルーローズエンジェルギター等、今回の夏フェスに使われなかった大型エンジェルギターも展示されていて、再びヴィーナス・エンジェルギターを1本とはいえ生で見られて大感激♪個人的にはPROGRESSギターやNBAチームギター(ホーネッツとブルス)が懐かしく感じました。
 そして何と言ってもライブで二度と見られないであろう「重過ぎる・手が届かない」と致命的な欠点がある4本ネックのクイーントランプギターを生で見られたのは嬉しかったですね~。本当にデカいです!そして使用頻度が少ないだけあって古い変型ギターの割に綺麗でした(笑)。同じく「デカい・重い・見た目がシャベル」と欠点だらけで使用頻度が低いBELRINギターも展示されていたんですが、これホントに大きいんですよ!4本ネックとそんなに変わらない。むしろ、何でこんな大きいサイズで作っちゃったの!?と問い質したい(笑)。
 バスケットシューズ型ギターも白い方には藤子・F・不二夫先生のサインが入っていて、ドラえもんギター(こちらも2種類展示されていました♪)ではなく何でこのギターだったんだろう?と不思議に感じたり。サインといえばJourneyギターには松本零二先生のサインが入っていましたね~。A.C.Jギターには何故か高見沢さんがサインを入れていて似顔絵まで描いていたのは謎でしたが(笑)
 意外にも金鯱ギターは名古屋限定使用にも関わらずかなり使い込んである感があり、対照的に隣に並べられていたバナナギターの新品同然ぶりにウケてしまったほど。年代順という訳ではなかったですが、ギターの並べ方が見た目やキャラクター毎にコーナー分けされていたのは面白かったです。そうそう、使用感といえばマシンガンギターもなかなかの風合いになっていて、本当にマシンガンとして使用しているようにも見えました。しかし、一番歴史を感じたのは最初の変型モデルである黒のFlying-Vの高見沢カスタムでしたね。「TAKAMIZAWA CUSTOM」と刻まれたプレートの文字が消えかかっていたのを見て、高見沢さんと伴にこのギターが経験してきたライブの歴史が伝わってきて妙にジーンときました。

高見沢ギターコレクションカード 50本の1本、1本に高見沢さんの様々な思い出や情熱が詰まっていると目に判る素晴らしい展示内容でしたね。
 このギターコレクション開催に合わせて限定でエンジェルギターコレクションカードが販売されていまして、ヴィーナス・エンジェルギターが#1と#2と両方入っていると知り思わず購入してしまいました(笑)。スタッフさんによるとエンジェルギターシリーズの中でもアルフィーファンにはヴィーナス・エンジェルギターの人気が一番高いそうですよ!だから2種類ともカードに入れたんだそう♪ほら、私だけじゃないんですよ!!高い支持を得ているんですよ!!だから高見沢さん、夏フェス初日に限らず今後のアルコンでもじゃんじゃんヴィーナスちゃんを使って下さいね!!ご自身もお気に入りのエンジェルギターだとスタッフさんが聞いて知っているんですからね!!出し惜しみはよくない!!←

 高見沢ギターコレクションは今日で終わってしまいましたが、エンジェルギターシリーズはMuseumの一角に常時展示されているので(展示内容はその時によって変わるらしい)、また入場無料ですからまた気が向いたらフラッと寄ってみたいと思います。ギタリストの夢と情熱が詰まった素敵な空間ですからね♪


web拍手

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/574-79d174a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ