ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
最終回。 
2016/12/27 Tue 23:04
CATEGORY【SMAP】
 前回のblog更新で年内最後の書き込みと書いていましたが、年内のうちにどうしても書いておきたかったので。

 今朝、寝起きの自分の顔というか目元が酷くてね。
 1月の時点で覚悟していたし、8月の時も「遂に来たか」くらいだったから、26日の『SMAP×SMAP』の最終回は残念だなという気持ちで観られるだろうと思っていたんですが、予想以上に精神的ダメージを受けた模様です。私はSMAPのこと…好きだったんだなぁ。

 流石に5時間近い生放送をリアルタイムで全部観る事は叶わなくてタイマー予約をセットしましたけど、中盤以降はリアルタイムで観ていました。ここ数年は気が向いた時にしか観ていなかったのに全部記憶に残っている場面ばかりで、昔から当たり前のようにテレビで彼等を観ていたんだな~と。
 だからデビューしたてのキラッキラした天真爛漫な姿から国民的アイドルグループと評されるようになって貫録もついてきた過程が本当に一つの時代の流れのように見えて、どんな事があろうと常に前を向いていた彼等が無言で深く頭を下げて終わって行くラストシーンは辛かった。特に歌い終わった後に中居くんがカメラに背を向けて涙を堪えている姿ね、本来なら絶対にそんな姿をステージでは見せない人でしょう。

 最終回を全部観られたわけじゃないからHDDを最初から再生すれば良いんですけど、今はこのまま観ずに録画データを削除しようか葛藤中です。そんな心境。

 始まりがあれば終わりがある。
 でも、SMAPとして25年…結成からだと28年…エンターテイメントの世界で第一線を走り続けていた彼等のラストステージがあんな終幕を迎えるのは悲しいとか辛いとか残念だとか悔しいとか惜しいとか、思い付く言葉だけでは表現できない感情が燻っている。この一年、エンターテイメントとは何か?と考えさせられて、最後の彼等の姿を見ても答えを見出せなかったもどかしさ。

 解っているのは今後、自分がアイドルグループに夢を抱くことは無いってことと、テレビを観る時間が更に減るということくらい。
 
 THE ALFEEがコンサートで冗談混じりに「僕らを何処で知ったのか判りませんが、テレビやラジオに出ている僕らは世を忍ぶ仮の姿ですから。このステージに立っている僕らが真のアルフィーの姿です」と言うけれど、決して的外れな台詞では無いと思う。生放送ならともかく、昨今の情報は「編集」でどうにでも本人の意思とは違う演出がされてしまうことだってありますからね。

 様々な「制限」がある中で、常に真摯な姿勢でエンターテイメントを提供してきてくれたのがSMAPであり、『スマスマ』だったと思います。だから20年以上もファン以外からも親しまれてきたんじゃないでしょうか。
 その姿勢は最後まで貫いてくれた…と思いたい。

 何を言っても言えなくても言わなくても、SMAPがこれまで築き上げて来た功績は消えるわけが無いし、あんな最終回を見せられたら「絶対に忘れるものか」と想いは強くなった。

 私の脳裏に刻まれるのはスポットライトが当たらなくてもキラキラ煌めいていてカッコ良くて面白くて…何より楽しそうにしていたSMAPの姿。彼らの存在をリアルタイムで知り、あの光景を生で見られたことに感謝。
 結末がどうあれ、飽きっぽい私が最後まで気になる存在を見届けられたって滅多に無いですからね。

 そして最後まで被災地への義援金を呼び掛け続けてくれたSMAPを心から尊敬します。

 ああ、そうか…、『スマスマ』でのSMAPのラストシーンはこの被災地への義援金を呼び掛ける姿だった。


 幕が下りてしまったら、新たなステージの幕開けを待つ。
 何かを信じて待つことも悪くはないものですよ。
 もちろん、私は私の進むべき道を進みます。

 ススメ!


web拍手

テーマ:SMAP×SMAP - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/586-0aab179b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ