ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/01/07 Wed 19:15
映画『ウォーリー』 去年の11月以降から色々あって、とでもじゃないけど映画館に足を運ぶ余裕も無かったんですが、昨日に祖母も四十九日法要が無事終わったので、気分転換にずっと気になっていたアニメーション長編映画、『WALL-E(ウォーリー)』を観て来ました。

 物語の舞台は、人間がゴミだらけにして去っていった為に廃墟と化した地球。
 たった一人(一台?)だけ残っていたゴミ処理ロボットの"ウォーリー"が、毎日プログラム通りにゴミ処理を続けて700年の月日が経っていた。好奇心旺盛なウォーリーは、廃棄物の中から宝物を探すのが楽しみだったが、一人ぼっちのウォーリーの本当の夢は誰かと手を繋ぐことだった。
 そんなある日、ウォーリーの前に巨大な宇宙船が降り立ち、その中からピカピカのロボットが出て来た。その新しいロボット"イヴ"に好奇心を抱いたウォーリーは、いつしかイヴと手を繋ぐことを望むようになっていくが、そのイヴがウォーリーの目の前で宇宙船にさらわれてしまった。

映画『ウォーリー』画像1 …という内容で、前半は地球でのウォーリーの孤独な生活のドキュメンタリー、後半はイヴを追うウォーリーの冒険ファンタジーになっている作品でした。
 ウォーリーの動作と微妙な表情の変化だけで状況を描写していく無声映画のような前半部分は、個人的にかなり好みでツボに入ったんですが、後半の冒険劇はエンターテイメント作品らしいけど、ちょっと長過ぎるかな…とも感じました。もちろん、後半部分も面白いんですけど、前半がとにかく素晴らしいんですよ!アニメーション映画の原点回帰のように感じました。

 地球に居るウォーリーだけでも十分に魅力的に描写されているので、逆に登場人物が増え展開が複雑になっていくと、ウォーリーの"良さ"が薄くなってしまっていたのが残念。ただ、前半はほのぼのと見せている反面、後半は人間の文明社会に対して痛烈な皮肉が織り交ざっていて、決して子供向けの作りでないところが気に入りました。

映画『ウォーリー』画像 しかし、『ファインディング・ニモ』の監督作品なだけに、"愛すべき存在を命懸けで助け出す"という共通テーマがありましたね。そういえば、あの作品でも人間はあまり良い描写ではなかったな~(笑)

 前半の描写が丁寧だった分、後半の展開にはいささか粗さというかご都合主義も目立ちアンバランスさも感じましたが、主人公のウォーリーが常に魅力的だったので最後まで楽しく観ることができました。
 最初に冒険アニメーションと書きましたが、すっごくピュアな恋愛映画でもあると思うし、どういう視点で観るかによって色んな"楽しみ方"ができる作品だと思います。

 この映画を観終わった後、古いテレビは丈夫で長持ちしたけど(変な話、叩けば直る部分もあった)、新しいテレビは多機能で綺麗だけど壊れやすいよなぁ~と痛感してしまいました。


ウォーリーと地球の相棒(?)の関係が密かにツボでした→★★★★


web拍手

テーマ:ウォーリー WALL-E - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
こんばんは♪
TBありがとうございました。

>すっごくピュアな恋愛映画でもあると思うし

ですよねっ!
どうも昨年は恋愛物が今ひとつだったように思えるんですが、その中で私にとって最高のラブストーリーとなったのが意外にもこの「ウォーリー」でした♪

依然としてそちらへのTBができませんが(泣)、今年もまたよろしくお願いします。
2009/01/08(木) 00:17:32
URL | SOAR #yNivjtVU[ 編集 ]
トラ&コメありがとうございました!
あらっ。ななんぼさんの個人ブログも『よろずや』さんなんですね。
私の映画以外の通常ハンドルが“よろづ屋TOM”なんです。『づ』はこだわりと差別化のための置き換えなんですが。
いや~、密度の高い作品でしたね。仰るように私も「後半も台詞要らんのに」派なんです。可能ならば後半もサイレント風にした再編集版が観たいものですが…
『007慰めの報酬』ご覧になったらまたぜひトラバ&コメントください。
これからもよろしくおねがいします!
2009/01/08(木) 09:37:44
URL | よろ川長TOM #SHLDkvn6[ 編集 ]
ななんぼさん、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
おばあさまが亡くなられたのですね。。ご冥福をお祈りします。

ところで、この映画とっても素敵でしたね!
特に前半が素晴らしい、というのは同感です。
ピクサーの映画は、アニメの枠を超えていると思います。
今年もよろしくお願いしますね。ではでは~。
2009/01/08(木) 10:10:34
URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集 ]
>SORAさん
コメントありがとうございます。

恋愛映画と思って観たわけではなかったんですが、
ウォーリーのイヴに対する一途な想いってピュアで素敵でしたよね。
観ていてすごく癒されました。

相変わらずTBの相性が悪いみたいで申し訳ないです。
2009/01/08(木) 22:57:18
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
>よろ川長TOMさん
コメントありがとうございます。

そうなんです。
私も「YOROZUYA」なんです。
節操のないミーハー人間なので、こういうタイトルになりました(笑)

そうそう!後半も無声映画的な演出だったら、私はパーフェクトでした。
あれだけの映像なら、台詞は無くして擬音だけでも十分だったように感じました。

『007/慰めの報酬』は絶対に観ますっ!
鑑賞後は、またBLOGの方にお邪魔させて頂きますね。
2009/01/08(木) 23:00:54
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
>真紅さん
祖母へのお言葉、ありがとうございます。
突然だったので、正直まだ実感がないんですけどね。

やはり、あの前半の演出は素晴らしいですよね!
もう少し尺を短くして、全体的にああいう演出にすれば良かったのに…

確かに、あのシンプルかつ繊細な演出はアニメ映画の域を超えてます。
他のジャンルの映画作品にも見習って欲しいかも。
2009/01/08(木) 23:03:59
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
ななんぼさん こんにちは♪
ゴミ処理ロボットにここまで心を鷲づかみにされるとは思ってもいなかったですよね!

>古いテレビは丈夫で長持ちしたけど

あぁ~これ分かります!
そそ、叩けば一瞬、直ったりしましたね~(笑)
ブラウン管のほうが生命力あるのかな。

この映画を観てると人間が汚してしまった地球でも、地球自自身が蘇生するチカラを持っていてすごいなって実感しました。

2009/01/10(土) 08:08:42
URL | なぎさ #-[ 編集 ]
>なぎさsan
コメントありがとうございます。

まさかロボットに心鷲掴みされるとは…
アイボとか魅力を感じなかったんですけど、価値観変わりそうです(笑)

あと、ウォーリーの丈夫さって、古いテレビの丈夫さに似てますよね。
単純な方が生命力あるって感じるのも、文明の進化には皮肉かな?

文明社会に頼り過ぎた未来の人間の姿を見てしまうと、「自然の力」の大切さを痛感させられるし、地球の生命力というのにも考えさせられますよね。地球の生命力を短くしているのは、人間達なんですもんね。

2009/01/11(日) 21:01:07
URL | ななんぼ@管理人 #qYsjHJMI[ 編集 ]
TBありがとうございました。
TB有難うございました。
ウォーリーとイブの心の交流は
忘れかけていた純粋な愛を気付かせてくれました。
冒頭30分無音でしたが、ウォーリーの孤独な姿が
伝わる見事な演出でした。
様々な小ネタも盛り込み、子供たちに後世まで
伝えていきたい映画です。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
2009/04/30(木) 16:55:23
URL | シムウナ #rbkUbWW2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/60-ec81c436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
日曜、八戸フォーラムに映画観に行って、1本目に観たのが、「252 生存者あり」、2本目に観たのが
2009/01/07(水) 19:36:02 | 欧風
ツンデレとダメ男ロボットを通しての人類への警告 【Story】 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“...
2009/01/07(水) 20:12:47 | Memoirs_of_dai
 『それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―』  コチラの「WALL・E ウォーリー」は、29世紀人類が見捨てたゴミだらけになってしまった地球を、700年もの間、たったひとり?で働き続けたゴミ処理ロボット”ウォーリー<WALL・E>”の冒険を描いた12/5公開のハートフル・?...
2009/01/07(水) 20:21:16 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
本作品のキーワード : 『LOVE -地球・人間-』 
2009/01/07(水) 21:13:56 | <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅
12月7日(日) 21:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:600円(買っていない。小ぶりで貧弱、いつものピクサー。) 『WALL・E/ウォーリー』公式サイト ピクサーの大人も子供も安心して見る事のできる手堅いアニメーション。 WALL-...
2009/01/07(水) 21:27:04 | ダイターンクラッシュ!!
動物モノの3Dアニメってイマイチ馴染めないところがあるんだけど、この『WALL・E』は初めて劇場予告編を目にしたときに何だかワクワクしてきちゃいました。アースカラーが中心で色彩的に落ち着いてるのが大きいけど、未来世界でのロボットの物語というのは3Dアニメにとて?...
2009/01/07(水) 21:45:59 | カノンな日々
JUGEMテーマ:映画  ピクサーの映画にハズレはない。私の中でこの記録がまた更新されました。前評判も相変わらず高く、実際はどの程度かな?と思っていましたが、やはり一級品でした。あらゆる年代の人が楽しめ、温かい気持ちになれる。ほとんど台詞のないロボッ?...
2009/01/07(水) 21:48:33 | ハピネス道
遥か未来。地球はゴミが溜まり過ぎて生物が暮らすことが出来なくなり、人類は地球を捨てて宇宙に旅立っていた。人類がいなくなって700年。ゴミ処理ロボットのウォーリーは、たった一人で地球のゴミを処理し続けていた。そんなウォーリーにはいつしか感情が芽生え、誰か...
2009/01/07(水) 22:07:45 | 5125年映画の旅
WALL・E/ウォーリー’08:米 ◆原題:WALL・E◆監督・脚本: アンドリュー・スタントン「ファインディング・ニモ」「バグズ・ライフ」◆声の出演:エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、キャシー・ナジミー、シガニー・ウィーバー ◆STORY?...
2009/01/07(水) 22:16:40 | ☆C\'est joli~ここちいい毎日を~☆
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!  人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙?...
2009/01/07(水) 22:22:19 | シネマ親父の“日々是妄言”
▼動機 評判良さそう&「月イチゴロー」での低評価 ▼感想 これはすごいアニメだ ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)?...
2009/01/07(水) 22:24:26 | 新!やさぐれ日記
イヴが、かわいかった~。 泣けた~。 とっても、よかった。
2009/01/07(水) 23:13:27 | 或る日の出来事
WALL・E彼の名はウォーリー地球型ゴミ処理ロボット。700年もの間、人間のゴミを片付け続けるーどんなときも、たったひとりで上映時間103分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2008/12/05ジャンルファミリー/SF/ロマンス【解説】人類に見捨てられ...
2009/01/07(水) 23:20:05 | CinemaCollection
あの声がしばらく離れません(^_^;)E.Tのイメージがあったんですが…違う!序盤、ウォーリーの動きとBGMがまたピタッと合って、可愛くてたまらない♪そしてこんなに感動するとは思ってませんでした。  『WALL・E / ウォーリー』    セリフが全くと言うほど  無い中...
2009/01/08(木) 00:14:03 | 美容師は見た…
ウォーリー◆プチレビュー◆独創的なラブ・ストーリーに鋭い現代文明批判を組み合わせた秀作。ロボットのカップルが愛しい。 【85点】  29世紀、人類が去って荒廃した地球。ゴミ処理型ロボットのウォーリーは、700年間ひとりぼっちで作業を続けていた。ある日、そこに...
2009/01/08(木) 00:27:54 | 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
原題:WALL・E Wall-Eとは"Waste Allocation Load Lifter-Earth Class"のこと、ただのゴミ処理ロボットではない~切なくも微笑ましいウォ~リィーとイ~ヴァの恋の物語~ 地球上のゴミをひたすら集めてはパックして塔に積み上げる、それがゴミ処理ロボットの
2009/01/08(木) 00:40:33 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
  それは、700年の孤独が生んだ――   ■人間たちが見捨てた、29世紀の地球。そこに、700年もの間、ひとりぼっちで働き続けるゴミ処理ロボットがいた。名前は、”ウォーリー”。長い年月の中で、いつしか”感情”が芽生えた彼は、ゴミの中から”
2009/01/08(木) 05:04:48 | 唐揚げ大好き!
 WALL・E  ゴミだらけで汚染された地球を離れ、人類が宇宙に暮らして700年。地上に残さ れたゴミ処理ロボット「WALL・E」は、一人(一台...
2009/01/08(木) 08:50:37 | 真紅のthinkingdays
もうCGアニメという冠は不要。映画はアイデアと脚本とそれを活かす演出次第であって、CGは単なる表現手段に過ぎないという事をこの作品はあらためて見せつけてくれたからです。
2009/01/08(木) 09:27:10 | よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
小さなロボが人類を救う。  
2009/01/08(木) 10:41:11 | Akira\'s VOICE
西暦2700年の地球。 宇宙に逃れた人間が残したゴミを、 700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。 ある日...
2009/01/08(木) 11:54:37 | 心のままに映画の風景
映画「ウォーリー」の感想です
2009/01/08(木) 15:23:55 | ジャスの部屋 -映画とゲーム-
原題:WALL・E(2008年アメリカ)監督:アンドリュー・スタントン声の出演:
2009/01/08(木) 19:58:58 | ピョンスケさんの徒然blog
ディズニー/ピクサーの待望の新作は、未来の地球が舞台。人類の消えたその場所で、孤独にゴミ処理を続ける小型ロボット“WALL・E” そんな彼の愛と冒険の物語が、切なくも温かい、懐かしくも新しい不思議な世界へあなたを誘います。 物語:人間たちが見捨てた、2...
2009/01/08(木) 21:15:46 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
ウォーリーと言っても、あのメガネでシマシマの服の人ではない。 「Waste Allocation Load Lifter Earth-Class」の頭文字をとったウォーリーは、ピクサー...
2009/01/08(木) 22:48:25 | ノラネコの呑んで観るシネマ
【監督】アンドリュー・スタントン 【声の出演】ベン・バート/エリッサ・ナイト/ジェフ・ガーリン/フレッド・ウィラード/マッキントーク/ジ...
2009/01/08(木) 23:18:40 | シネマをぶった斬りっ!!
「ウォーリー」WALL・E/製作:2008年、アメリカ 103分 監督:アンドリ
2009/01/08(木) 23:36:12 | 映画通の部屋
原題:WALL・E監督・原案・脚本:アンドリュー・スタントン声の出演・サウンドデザイン:ベン・バート声の出演:エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、キャシー・ナジミー、シガニー・ウィーバー公式サイトはこちら。<Story>29世紀の荒れ果...
2009/01/08(木) 23:36:14 | NiceOne!!
この土日が珍しく、仕事が休みで連休なので、家にこもってDVD鑑賞に明けくれようかと思ったので、昨日の夜は仕事が終わったその足で、新宿ピカデリーで『WALL・E/ウォーリー』を観てきました。 公開初日だからどうかなーとは思ったけれど、激混みすることもなかったので...
2009/01/09(金) 00:59:13 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m この作品は11月頃に ウォルト・ディズニー・スタジオ モーション・ピクチャーズ・ジャパンの 試写室で観たのです。 良かったので、帰りにスタッフの人に「面白かったです」と言っ?...
2009/01/09(金) 01:20:46 | 映画、言いたい放題!
『ウォーリー』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 既に人類が居無く成って700年を経過する地球の29世紀のお話。 その間、一体のゴミ処理ロボット《ウォーリー》が人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けているが。長い年月の間に、感情が芽生え、ごみ中
2009/01/09(金) 07:54:13 | 映画と秋葉原と日記
笑!未来人ごろんごろん ((( ○
2009/01/09(金) 10:45:09 | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
甥っ子&姪っ子連れて見てきました! 「誰もいなくなった29世紀の地球にたったひとりで残されたのはゴミ処理ロボットのウォーリー。 宇宙に逃げ出していった人間たちに置き去りにされ700年もの間人恋しさでいっぱいになりながら黙々と働いていた。 唯一の友だちはゴ
2009/01/09(金) 14:37:21 | 日々のつぶやき
JUGEMテーマ:映画 2008年12月5日(金) 公開 先割れスプーンはスプーンなのかフォークなのか・・・?(byウォーリー) 小2の娘も楽しみにしていたこの映画を観てまいりました! いやぁ~実に良かったです!!! これね、特に前半はほとんどセリフ...
2009/01/10(土) 08:02:41 | UkiUkiれいんぼーデイ
29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた。そ
2009/01/11(日) 00:48:56 | 映画な日々。読書な日々。
ハズと一緒に、DisneyとPixar合作のコンピューターアニメーション映画、『WALL-E』を映画館で観た。監督は、アメリカで大ヒットした『Finding Nemo』のAndrew Stanton。日本では、12月に公開されるそうだが、アメリカの私の...
2009/01/12(月) 01:45:19 | 犬連れ国際結婚
2008年390本目映画「ウォーリー」それは、700年の孤独が生んだ≪奇跡≫――ストーリー人間たちが見捨てた、29世紀の地球。そこに、700年もの間、ひとりぼっちで働き続けるごみ処理ロボとがいた。名前は\"ウォーリー\"、長い年月の中で、いつしか\"感情\"が芽生えた彼は、?...
2009/01/12(月) 21:32:55 | 腹黒い白猫は見た!!
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが?...
2009/01/13(火) 10:05:49 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
       【WALL・E 】 【監督・原案・脚本】 アンドリュー・スタントン   【日本公開】 2008/12/05    【上映時間】 103分   【...
2009/01/14(水) 02:04:29 | +++ Candy Cinema +++
ピクサーが“ディズニー”ピクサーと名前を変えようとも・・・。私が、一年に一度しか映画が見れなくなったら、見に行く映画は、決まっていま~す。答えはピクサー!今年の作品もまた、素晴らしかった。
2009/01/24(土) 12:55:55 | レザボアCATs
◆ウォーリーとイヴ(のつもり) 『WALL・E/ウォーリー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したCGの長編アニメーション映画です。 実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。 ●導入部の...
2009/01/31(土) 15:22:25 | yanajunのイラスト・まんが道
台詞がなくても、孤独というウォーリーの感情表現が 見事でした。しかし、長いこと、無音映画に慣れていない ため苦痛に感じる人もいるでしょうね。 音があることが普通と考えている。
2009/04/26(日) 23:03:13 | 気ままな映画生活
それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―― 【関連記事】 ウォーリー 壁紙1 壁紙2 壁紙3 壁紙4 壁紙5 壁紙6
2009/08/22(土) 04:37:52 | Addict allcinema 映画レビュー
今日{/kaeru_rain/}も結構雨{/kaeru_rain/}が降っている北部九州地方です(昨日の朝ほどではありませんが{/face_ase2/})。 一昨日の記事でも書きましたが、一昨日から昨日にかけての北部九州地方はヒドい集中豪雨{/kaeru_rain/}{/kaeru_rain/}に見舞われました{/hiyo_or...
2009/08/29(土) 14:29:09 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
 ウォーリーのデザインを見て、1984年にニッカウヰスキーのCMで人気を博したロボット "アポジーとペリジー" が25年を経てついに映画化されたの...
2009/09/28(月) 00:49:32 | 映画のブログ
何らかの方法で全人類がごみだらけの地球から脱出したあとのストーリー? 意思をもつごみ掃除ロボットは毎日地球のごみ処理をしていた。 ...
2009/09/28(月) 01:04:56 | 単館系

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ