ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/08/25 Fri 20:14
 もう夏は終わってしまったのか?と思いきや、ここ数日は30℃超えの猛暑が続いて夏がぶり返しました。お蔭で洗濯物がカラッと乾いて快適!ずーっと調子が悪かった私も回復傾向、食欲も回復傾向。実は何もしないで1週間で2kg近く減っていたんですが、2日で元通りですよ。ホントそんなもんなんですねー。

 8/25の今日はTHE ALFEEの43回目のデビュー記念日です!
 今日からデビュー44年目に突入。毎年、このアルフィーのデビュー記念日を迎える度にアルフィーがこんなに長く続くとは…と思うよりも、自分がここまで長くファンをやっているとは思いませんでした。本当に飽きっぽいんですよ。1986年にリリースされたシングル『Rockdom-風に吹かれて-』でアル中になってから早31年。それまでに色んな事がありましたが、どう振り返っても“今”の3人が一番好きなんですよね。だから飽きるキッカケが無い(笑)
 3人は還暦を過ぎてから露骨に寿命をちらつかせ「もう俺達を看取る覚悟でついて来い!」、「君達が購入するCDの1枚がアルフィーの寿命を延ばす!」とかストレートに言ってくるけれど(笑)、それだげ最期まで現役いる気満々なのが何よりも嬉しい。今になってからThe KanLeKeeZという新しいバンドまで作っちゃうし。これが古希を迎えたらコッキーズになって、米寿を迎えたらザ・ベージュに変名していくらしいので、少なくとも3人には米寿までの道筋は出来ています!なんて頼もしいんでしょう。高見沢さんだって「せめて70歳まではこのヘアースタイルを保ちたいと毎日髪の毛とお話している」と言う決意まで見せているくらいんですから。こんな楽しい姿を“今”もガンガン魅せ続けてくれているんだから、この先もずっと応援していきますとも。

 当時アルフィーにハマッた自分を褒めてあげたい。お蔭で私のミーハーライフは充実している♪

オール讀物9月号 そして、少し遡って8/22に発売された『オール讀物』に高見澤俊彦さんの処女作品小説『音叉』が掲載されました。
 幼い頃から父親や兄の影響で本に囲まれた生活を過ごしていた高見澤さん、過去に音楽雑誌やスポーツ雑誌、PC雑誌でエッセイを書いてきていたから「文を綴る」ことに秀でている方だと思っていただけに、本格的な小説に初挑戦と聞いて期待値はかなり上がっておりました。しかも内容が自分が青春を謳歌した1970年代を舞台にプロデビューを目指すバンドマンの話だなんて、高見沢さん自身やアルフィーを投影しちゃいますよね。発売前にラジオ番組『ロックばん』で「くれぐれも俺やアルフィーを投影しないように。全然違いますから!」とわざわざ忠告してきていたので、逆にファンが投影しやすいような内容なのかな?と思っちゃいますよ。

 …で、実際に読んでみたら、失礼な言い方かもしれませんが本当に小説でした。もっと自伝的な内容かと思っていたら、過去にバンドを組んでいた作家さんが書いたような小説。少なくともミュージシャンが初めて書いた小説とは思えない文脈というか構成というか、私は1970年代がどんな時代だったのか知りませんが読んでいて当時の情景がセピア色で脳内に再生されるんですよね。小難しい言葉を羅列している訳ではなく、簡潔にそれでいて情緒的に時に機械的に心情たら状況を描写しているバランスが心地良くて一気に読んでしまいました。

 出来るだけ多くの人に読んで欲しいので敢えて内容についての感想は書きませんが、作品に登場するバンドマン達は確かにアルフィーではない。でも、アルフィーファンでアルフィーがどういう経緯でプロデビューしたかを知っている人は更に楽しめる内容にもなっているし、アルフィーのことを全く知らない人でも「こんな事ってあるのか?」と音楽業界に驚きと興味を惹かれる内容になっているかと。

 報道によると『オール読物』で3回の連載の後、書籍化する予定だそうで、現時点で続きが待ち遠しくて仕方がありません。

 とりあえず、あと3,4回くらい読み込んだら文藝春秋さん宛てに感想を送ろうかなと。高見沢さんが「感想とかは文藝春秋さんへ!そちらへの反響が大きい方が色々と動くそうです!(笑)」とラジオで言っていたので、ファンレターとして感想文を高見沢さんへ送るよりも出版社経由で感想文を送りましょう!素敵なことは続いていって欲しいですからね。

 しかし、高見沢さんは音楽でソロ活動の時はTakamiy、小説家の時は高見澤俊彦と名前を使い分けていくんですね。今後も新しいニックネームor名前が登場することがあるのかな?
 自身が還暦を超えバンドもデビュー44年目に突入しても新たに挑戦したいモノに出会えるって素晴らしい♪


web拍手

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/606-a162b38d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ