ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2017/09/15 Fri 19:59
 早朝から物騒な事が起きましたね。これが常態化しないで欲しいものです。自然災害と相対するだけでも大変だというのに。

 ただ、今は社会情勢というか現状がちゃんと受け止められない状況です。
 一週間ほど前に身内に突然の不幸がありまして、何度か経験があるとはいえ命が燃え尽きる時間を見届けるというのは辛く哀しいことでした。同時に生命の終わりの呆気なさを感じ、なんとも言えない虚無感にも囚われました。生きているうちは多少なりとも我武者羅に突き進んだ方がいいのかな…とも感じたり。その故人との最期のお別れが今日あったのですが、ここにくるまで色々とあっただけに無事に送り出すことができてホッとしています。悲しい時間ではあったけれど、家族愛に溢れた温かい時間に自分も浸ることができました。
 正直に言えば何度も経験したくない事ですが、自分が年齢を重ねていけばいくほど避けては通れない事でもあるんですよね。それが人生なんだろうな…と悟れているようで悟れていませんが。

 これからも自分はしっかりと自分の人生を突き進んで行きたいと思います。

 話題が前後するのですが、8月の最終週にEPSミュージアムで9/10まで開催されていた高見沢さんの変型ギターを集めた『Takamiy's Guitar Heaven』を観て来ました。

Takamiy's Guitar Heaven

 ESPミュージアムには2フロアあって、通常1フロアは専属アーティストの変型ギターコレクション、もう1フロアはヴィンテージギターコレクションになっているのですが、この期間だけ全フロアTHE ALFEEの高見沢俊彦さんのギターコレクションで埋め尽くされるというアル中には堪らない企画だったのです。去年も高見沢ギターコレクションが同時期に開催されていましたが、その時は1フロアだったので今回は展示されているギターの本数が倍になって見所満載。高見沢さんの変型ギターの代名詞であるエンジェルギター・シリーズは初代から展示されていて、高見沢さんのソロ公演が終了した後からは最新のアーク・エンジェルギターも展示されていたとか。それ以外も普段のアルコンではお目に掛かれなくなった4本ネックのトランプギターや、様々なコラボによるキャラクターギター、初代の高見沢カスタムギター、フライングAギターシリーズなどなど。変型ギターだけでなく、最近愛用しているRELISHギターや、初期の高見沢カスタムで制作していたKRAMERのギターも展示されていたり、個人的に今まで生で見ることが無かったのギターも観ることが出来ました。もうフロア内、圧巻!の光景なんですけど、これで高見沢さんのギターコレクションの一部の一部なんですからね(笑)
 勿論、私の大好きなヴィーナス・エンジェルギターも1本展示されていたのでガッツリ観察してきましたとも!2本あるうちの1本だけだったので、もう1本は高見沢ソロで使用されるんじゃないか?と淡い期待を抱きましたが淡いまま消えていきましたよ。←
 表紙&巻頭特集された「YOUNG GUITAR」10月号でヴィーナス・エンジェルギターのことを「(アークエンジェルが登場するまでは)造形の素晴らしさという点ではこれを超えるギターはないと思っていた」と評しているくらいなんですから、出し惜しみせずに今後もステージ上で使って欲しい!

ESP Takamiyピック 実は9/7だかに高見沢さんがESPミュージアムに訪れていて、正面のポスターにサインを入れて行ったそうなので(高見沢ソロ公演後は演奏されたギターも追加展示されることもあり)再度ESPミュージアムに行きたかったのですが、流石にそれは叶わない状況になってしまい残念な限りでした。確か、最終日に無料配布されていたポストカードがヴィーナスエンジェルギターのイラストだったんですよねー。私が行った時はブルークロスギターのポストカードを頂きました。
 で、ESPミュージアムに行った記念にこの期間に合せて限定販売されていた高見沢さんのオリジナルピックを購入。サインまで印字されていて凝っています。デザイン的にも美しいので、前にESPで買っていたピックホルダーになるキーホルダーに早速このピックを入れようかな。ギターは弾けないけど(笑)、好きなギタリストのピックはコレクションしたくなります。

 高見沢さんのギターコレクションは開催する度に大好評らしいので、また来年も開催されると良いな♪あれだけの変型ギターを間近でジックリ観察できる機会はここでしかないですからね。

web拍手

テーマ:【THE ALFEE】 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/608-6feb2e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ