FC2ブログ
ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2018/03/29 Thu 21:44
 まだ4月にも入っていないのに東京は25℃近くまで気温が上がった個所があるそうですよ。一週間前は雪が降ったというのに一気に初夏を迎えそうな気候で、桜が平年よりも10日近くも早く満開を迎えたのも解る気がします。今年の気候は「突然」変わりますよね。

 先週、都心で桜が満開を迎えたと速報が入った日にタイミング良く目黒川へ花見に行きました。ただ、目黒川の桜はまだ八分咲きくらいだったですけどね。気温も暑くも寒くもなく心地良い陽射しの中を川沿いにお散歩するのにはうってつけの日で、数年振りにじっくり目黒川の桜を堪能できて嬉しかったなぁ。

目黒川の桜2018年

 一年に一回、満開に咲けば圧倒的な華やかさでありながら見頃は数日しかない儚さがあるからこそ、桜は人の目や心を惹き付けるんでしょうかね。

オール讀物2018年4月号 でもって、今月の22日に発売された「オール讀物」4月号に高見澤俊彦さんの初小説『音叉』の最終話が掲載されまして、もちろん発売日に即getいたしましたよ!

 「オール讀物」には2017年の9月号、11月号、そして2018年の2月号に小説が掲載され、今回の4月号で『音叉』が完結。半年掛けての不定期連載でしたが、読み終わってしまうとアッという間でしたね。

 ネタバレしない程度に感想を述べるならば、1970年代の東京を舞台に仲間達とプロのバンドデビューを目指す青年…風間雅彦を中心とした物語でしたが、今回の最終話が一番読み易かったというか、一話毎に確実にレベルアップしていく高見沢さんの小説家らしい文章力というか描写力や構成力に圧巻。雅彦を取り巻く人間模様がクライマックスに向けて予想外の展開になっていき、途中で読み止める気にもなれず一気に読破してしまいました。
 先週の特番のTBSラジオ『ロックばん番外編~トークばん~』で文藝春秋の編集長と高見沢さんが対談した時に、編集長は高見沢さんの当時の記憶力とそれを的確に描写できる文章力を絶賛されていたんですが、この最終話も1970年代の東京の情景をリアルに描写しているから当時を知らない私でも自然に脳内で風景を想像できるし、ある衝撃的な事件に関しては凄くリアルに描写されていた分、切ないくらいに痛い気分を味わったくらい。

 高見沢さんは第一人称の方が書き易かったから風間雅彦というキャラクターの視点で物語を書いただけで、決して彼が自分を投影した存在ではないと何度かラジオでも語っていたけれど、高見沢さんは1970年代の東京…激動の時代の中を直接的に巻き込まれるような生活をしていたわけでは無かったけれども、間接的に当時の事象に影響を受けてきたからこそ『音叉』のような物語が書けたんだろうな~と感じました。あと、雅彦を取り巻く異性関係の絶妙な描写力からして、魅力的な女性と何人も出会って来たんだろうな~とも妄想しちゃったり(笑)
 読み終わるのが惜しいと思うくらい最後の最後まで『音叉』の世界観に夢中になれました。

 物語は完結したけれど、雅彦はじめバンドの"この先"の人生をもっと読んでみたいというのが読了直後の感想です。

 今年の夏には既刊予定とのことで、そちらも楽しみです♪

web拍手

テーマ:小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/622-bf7afa31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ