FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/03/02 Sat 22:05
 3月に入りスギ花粉の飛散が本格化してきましたが、私はまだ大丈夫のようです。先月は別のアレルギー症状で眼科通いをしていたから無駄に耐性が付いているのかな?このまま症状が出なければいいんですが…。最近は花粉症対策の薬品も多様化してきましたよね。昔は目薬と鼻づまりの飲み薬くらいしかありませんでしたが、スプレータイプやら塗り薬やら…。それだけ花粉症が国民病になったということでしょうけど、そろそろスギ花粉そのものをどうにか出来ないものか…と。とりあえず、一日も早く花粉の飛散が収束してくれることを願うしか今はないですね。

 2/26に発売された『オール讀物』3・4合併号に髙見澤さんの小説第2弾の『秘める恋、守る愛』の続きが掲載されました。

オール讀物3.4合併号 デビュー作『音叉』が主人公のバンド活動の話を軸にした青春群像劇でしたが、第2弾はうって変わって恋愛小説!初回は12月に発売されたオール讀物1月号に掲載されまして、倦怠期を迎えてしまった夫婦が異国の地に留学している娘に会いに行く話から始まるという意外な設定に驚き、異国の地で主人公の過去と現在が交錯する展開に惹き込まれていきました。

 その話の続きなんですが、初小説ということで初挑戦という勢いと試行錯誤の跡が垣間見られた『音叉』とは違いTHE ALFEEの楽曲やソロの楽曲でも禁断の愛をテーマにした歌詞が多いだけに得意分野なのか、文章というか展開のテンポが良くて心が急かされるように一気に読破してしまいました。
 表題のところに「夫婦の絆を問う意欲作」と書かれていましたが、あのタイトルにある『秘める恋、守る愛』という想いを抱えているのは主人公一人だけではないというのが物語が進むにつれ明かされていき、読んでいけば読んでいくほど歯痒いくらいの焦燥感に駆られるのがクセになりそうな作品です。読む度に感情移入する相手が変わりそう

 何より、この物語を独身貴族の髙見澤さんが書いているというところが何ともいえません。モデルにしている人がいるのか、自分が家庭を持っていたらこうなっていたかも…と妄想したことがあったのか、過去に書いた禁断ソングに登場したモデルを具体化してみたのか、『音叉』ほどでは無いにしても邪な妄想をしてしまいます(笑)

 そして今回も絶妙なところで物語が終わっていまして、この先どうなるのか?続きが気になって仕方が無い。2作目にして髙見澤さんは「連載」のコツも掴んできているんですね。
 正直言って、『音叉』よりも一気に読めそうな内容なので『オール讀物』に掲載される度に読むより、一冊の書籍として発行されてからの方が自分に合っているんじゃないかと早くも悩み始めております。

 
 で、今朝は先週に引き続きNTVの『ズームイン!!サタデー』に高見沢さんが生出演。 先週はド派手なピンク衣装でしたが今日はタカミーブルー(笑)。早朝から刺激が強いですなーって、高見沢さんの存在が早朝から刺激が強い!
 そういえば、昨晩の『Kトラ』で棚瀬マネージャーが「早朝の番組なので視聴者の年齢層も高かったみたいで義理の母から『高見沢さんが出ていたね』と連絡が来ました」と言っていてウケてしまいました。

 先週は彦根城繋がりで城のことを語っていた高見沢さん、今日は洋画の特撮繋がりでまさかの『ウルトラマン・Takamiy』の映像が流れるという…。この作品、4年前にDVDとしてリリースされてから毎年テレビで映像が流れているような気がするのですが(笑)

 そんな早朝番組のゲスト出演も来週で最後。
 馴染んだ頃に終わってしまうようですが、最後はロケにも出るみたいなので楽しみです♪

 


web拍手

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/653-7b251859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ