FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2019/09/05 Thu 22:37
 9月に入り真夏の酷暑日は少なくなってきたものの、台風によって刺激を受けた前線などの影響で局地的に甚大な豪雨被害が出たり。今年の夏も災害が多いですね。しかも週末は発生したばかりの台風が関東に直撃の恐れありと。ライブに行く予定があるんですけど、ここ数年予想できない天候の急変などがありますからね。状況次第では、無茶な行動はしないようにと己を戒めなければ…。

 さて、前回のblogでも少し触れましたが、ESP Museumでは8/1~9/16までTakamiy's Guitar Heaven 2019が開催中です。500本以上を所有する高見沢さんのギターコレクションの中から150本のギターが展示されるというもの。当初は8/1~9/8までだったのが大好評を博し、公開期間が一週間延長になったそうです。
 私は8月半ばに一度観に行っていたんですが、8/29以降から今年の夏イベや大阪で開催されたプレミアム公演で使用されたギターも展示されるということで、9月に入ってから再びESP Museumに行って来ました。

ESP Museum Takamiy's Guitar Heaven
左が前半のポスター/右が後半のポスター


 ESP Museumは二部屋で構成されているんですが、今回のたかみーギター天国の場合はエントランスから向かって右側の部屋が主にヴィンテージコレクションや初期の変型ギター(フライングAシリーズなど)が展示されていて、左側の部屋には大型変形ギター(エンジェルギターシリーズなど)が展示されていました。

 2年前にも高見沢さんのギターコレクションが開催された時はエンジェルギターが中心でしたが(あのヴィーナス・エンジェルギターが2種類展示されたというレアなギター展でした!)、今回は新旧の変型ギターがバランスよく展示されていた上にヴィンテージギターもギタリストモデルのレスポールが一堂に会して見応え十分。
 個人的には浜田省吾さんからプレゼントされたというB.C. RICHをじっくり見ることが出来て感激でした。あとMOSRITEでTakamiyモデルを作っていたとは知らなんだ!

 前半の時はガラスケースにESPのMetal Blue Cross-Tギターが展示されていて、ボディ裏も至近距離でじっくり鑑賞できて目福。細か彫り込まれた立体的なブルーのクロスは裏側もちゃんと彫り込まれていることが確認できたのが良かった。あと、何故かギターではないTakamiyソロで使用されたソードも展示されいまして、柄の部分に細かくスワロフスキーが装飾されているのは間近で見ても感嘆するほどの丁寧な仕上がり。たった1曲の演出の為に製作されたモノとしては勿体ないくらいです。光るんだし、高見沢さんにはまた使って頂きたいところ。

Takamiy's Guitar Heaven 後半では伊勢神宮の御神木から作った「剣」と「勾玉」の2種類が初展示!もう一つ、5本限定で受注生産させることでも話題のシン・ゴジラギターも!どちらも間近で見るとその彫刻の細かさに驚かされます。本当にESPは何処へ向かっているのだろう(笑)
 特に御神木ギター2本はアークエンジェルギターと並んで展示されていたので、普通のギターミュージアムとは別格の迫力がありましたね。ずーっと見続けていても飽きないくらい。
 エンジェルギターも多数展示されていて、会いたかったぞ、ヴィーナス・エンジェルちゃん♪ということで1本だけ展示されいて今回もじっくりと観察。相変わらず見惚れる美しさでしたわ。だからステージも使ってくれ。←
 
 そうそう、室内にはTHE ALFEEの過去の夏イベの映像が流れていたんですけど、2012年のさいたまスーパーアリーナ公演ので丁度『さすらい酒』を演奏したあとのMCに入り、高見沢さんが「いつか桜井には着流し姿で王将ベースを持って『さすらい酒』を歌って欲しい」と言っていた場面だったんですよ!今年の夏に幕張メッセで実現したじゃないですか!あれから7年…、現実になったんですなぁと妙に感慨に耽ってしまいました(笑)

 …そんな訳で、今回のたかみーギター天国(英語表記が面倒になったわけじゃないよ♪)も楽しかったです。今回初めて間近で見たギターが何本もありましたが、そろそろGRETSCHのSilver Jet辺りも出してくれないかなぁ。あれ絶対に間近で見たら綺麗なはず!次回に期待だ。←

web拍手

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/670-fef1ecd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ