FC2ブログ
PC画面表示でご覧ください。蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的にミーハーで節操ありません。
2020/02/11 Tue 20:48
 2月の半ばに差し掛かろうとしていますが中国で発生した新型コロナウイルスの収束が見えず、巷ではマスクや消毒液が品切れになるなど異常事態が続いていますね。物凄い感染力の強さがあるようですが、とにかく手洗いや水分補給をマメにして清潔に保っていればマスクが無くても何とか予防はできるはず…とマスクが全然手に入らない状況で己を慰めております。
 ただ、この時期から日本ではピークを迎えるインフルエンザの感染者が前年に比べて10万人以上も減っているとかで、「正しく予防する」ということは色んな意味で大事なんだなと。とりあえず免疫力を高める為に規則正しい生活、バランスの取れた食事に良質な睡眠、何よりストレスを貯めないことを心掛けなければ。少しくらいダラダラしたっていいじゃない!←

 豪華客船に乗船している方々や武漢から帰国された方々といい、長いこと軟禁状態になっていますが、一日でも早くウイルスの猛威が収束してみんなが当たり前の日常を過ごせるようになって欲しい。

 そんなこんなで私は出来るだけ無理をしない生活を心掛けております。「アルコール消毒だ!」と言い訳して家で飲むことが増えてきちゃったりして、それはどうよ?と自分でも思いますが…。

 人が集まる所は避けるように…なんて言われてますけど、「ストレス発散になる!」とライブハウスに行ったりね。久し振りにAnchang率いるSEX MACHINEGUNSのライブに行きましたが、相変わらず楽曲はユニークでも演奏はカッコ良かったですわー。対バン相手のTHE冠も然り、今はメタルは売れない時代と言われているみたいですが、実力が無いと成立しないジャンルだし、どんどん広まっていって欲しいんだけどなぁ。見た目や激しいライブパフォーマンスが敬遠されちゃうのかな?確かに観客も体力勝負なところは多々ありますが、最低限の秩序は守られてると思うんですけどね。
 高見沢さんだってソロではTakamiyメタルをやってくれているし、「知る人ぞ知る」じゃなくて、もっとメジャーになって欲しいものです。Takamiy頑張って!←

 で、高見沢さんの名前が出たところで(無理やり)
 2/11にリリースされる加山雄三&The Rock Chippersの『Forever with you~永遠の愛の歌~』をフラゲしました。10年前にザ・ヤンチャーズと名乗っていた加山雄三さん、森山良子さん、谷村新司さん、南こうせつさん、さだまさしさん、そしてTHE ALFEEが、今年の4月に加山さんがデビュー60周年を迎えることを記念して加山雄三&The Rock Chippersとして復活!加山さん80代、森山さんと谷村さんと南さんが70代、さださんとアルフィーが60代ということで「678=ろっくちっぱーず」と名乗っちゃう凄さ。去年デビュー45周年を迎えた前期高齢者のアルフィーが一番下っ端なんですから(笑)

加山雄三&The Rock Chippers


 今回の新曲『Forever with you~永遠の愛の歌~』は作詞がさだまさしさん、作曲・編曲が高見沢さん。既に去年のFNS歌謡祭で披露されていますが、超高齢バンドとは思えないアップテンポな元気の良い曲。前奏からの高見沢さんのギターとさださんのヴァイオリンの掛け合いなんてプログレ感満載だし、森山さんと加山さんの張りのある高い声なんて実年齢を超越している。この年代がここまで元気に活躍しているんだから、この下の世代はもっと元気出さなきゃ!と思ってしまう。

 なんせ豪華メンバーなのでCDには『Forever with you~永遠の愛の歌~』のヴァージョン違いが他に3曲収録されていて聴き応えがありました。さださん&高見沢さんver.は高見沢さんの安定の高音キーに笑いすら込み上げてきてしまう。あと、カップリングとしてザ・ヤンチャーズの『座・ロンリーハーツ親父バンド』が再録されていまして、当時も「イイ曲だな」と感じていましたが今改めて聴くと歌詞が妙にグッときちゃって。10年経ってこの曲の歌詞が染み入る世代に仲間入りしたんだな…と、ちょっと複雑な気分に(笑)

 そしてボーナストラックとして、この曲をレコーディングした際のメンバーによる雑談が部分的に収録されているというユニークな内容。このボーナストラックを聴くと、最年少でプロデュースを任された高見沢さんがどれだけ苦労したかが伝わってきて(笑)、ボーナストラックの雑談を一通り聴いてから再度『Forever with you~』を聴くと、「高見沢さん、頑張ったんだな…」と別の意味で感激すること請け合い。←
 でも、冗談抜きにボーナストラックの最後に収録されている、高見沢さんの提案にさださんが即興ですぐ対応するところとか本当に感激しました。その一つ前のオチにいなっている桜井さんのお茶目っぷりからのギャップもあって、ボーナストラックも歌唱曲とは別の意味で聴きどころ満載で楽しいです。

 自分は人生100年なんて絶対無理だと思っていますが、この方々は人生100年はいってくれそうです♪本当になんて頼もしい親父バンドの皆様…!

web拍手

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/683-78e50d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ