ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/02/19 Thu 21:32
 12年間ずーっと買い続けていたコミック『犬夜叉』が、18日に発売された56巻で完結しました。『犬夜叉』については、以前もblogに書きましたが、最終巻を手にして「ああ、やっと終わったんだな~」て感じました。

 12年間買い続けたんだからそれなりに面白かったんですけど、もう後半は「いつ終わってくれるのかな」って気持ちが強くて、自分でもなんでここまで買い続けたのか判らないくらい。やっぱ、ここまで続くと、「一体どういう結末を迎えるのか意地でも見届ける」って気になっちゃって、読者というよりコレクターのような感じになっていたかも。

 実際に最終巻を読んでみたら意外にすっきりと話が収まっていたので、大風呂敷を広げたのによくここまでまとめたなぁ~と高橋留美子先生の力量には驚きましたが、逆に「この結末だったら、もっと早い段階で終わらせられたんじゃ?」とも思いましたね。

 『犬夜叉』て20巻以前までのは何度か読み返すことはあるんですが、それ以降はほとんど読み返さないで本棚に納まっちゃっています。犬夜叉が敵を追う→敵の刺客が現れる→刺客を倒して敵を追い詰める→敵に逃げられる→敵を追う…というパターンが一体何回繰り返されたことか。その度にキャラクターの葛藤や成長とか色々あるんだけど、やっぱ読んでいて「またこのパターン?」てガッカリしたことも多かった。

 むしろ、何でこのパターンで連載が続けられるんだろう?まさか、これが大人の事情?と思ってたほど(笑)。この『犬夜叉』をキッカケにマンガ離れが加速してきた感じ。まぁ、私もイイ大人なんで(笑)、マンガ卒業は当たり前なのかもしれないけど、『犬夜叉』完結を機に50巻以上も続くコミックを買うことは止めようと決めました。

 なんか、今は昔と違って、連載が長く続いているから面白いとは限らないんだと痛感したなぁ。いくら人気があるからって、読者ですら「どうみても間延びだろ…」と感じるようになるまで続けるのは酷だ。


web拍手

テーマ:犬夜叉全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/75-2adef574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ