ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
2009/03/30 Mon 22:20
 先日の『smaSTATION!!』では月一恒例の『月イチゴロー』がありました。
 連ドラ『トライアングル』が終わってしまったし、『Goro's Bar』も終わってしまったので(これはすぐに『マイ・フェア・レディ』という番組に移行するけど)、終わってしまうものが多い分、『月イチ』が普通に放送されるが非常に有り難く感じてしまう。

 3月に劇場公開される映画作品の中で慎吾がチラシだけ見て選んだのが、世界的に大人気の日本のコミック『ドラゴンボール』のハリウッド版実写化『DRAGONBALL EVOLUTION』、実際に起きたヒトラー暗殺を忠実に再現したトム・クルーズ主演の『ワルキューレ(英題:VALKYRIE)』、ネガティブ人間がポジティブ人間に変わっていくジム・キャリー主演のコメディ『イエスマン “YES”は人生のパスワード(原題:YES MAN)』、『さらば、わが愛/覇王別姫』のチェン・カイコー監督が再び京劇の世界を描いた『花の生涯~梅蘭芳~』、伝説となった有名インタビュー番組の舞台裏を描いた『フロスト×ニクソン(原題:FROST/NIXON)』…以上の5作品でした。

 もうね、今回はラインナップを見ただけで吾郎ちゃんの順位が判っちゃったよ。しかも、見事に全て当たったわ。まぁ、これは『ワルキューレ』を既に観ていたので、ランキングが予測しやすかったというのもあるんだけどね。


 しかし、相変わらず続く冒頭の"接待シーン"(笑)。今回は花見弁当ですか。色々と出してくるよなぁ。何気に吾郎ちゃんが映画の話をしようとして、大下アナが食べ物の話に戻しちゃうっていう展開が面白かった。
 そうそう。今回は某映画で大下アナがいつになく熱く語っていたというか、「稲垣吾郎・人生相談」になっちゃって可笑しかった。大下アナ、キャラがどんどん濃くなってきて、イイ感じでございます。


 以下、『月イチゴロー』のランキングのネタバレになります。



web拍手

1位『花の生涯~梅蘭芳~』…東洋人独特の抑えた表情がグッとくる。
2位『ワルキューレ』…今までのT・クルーズには無い作品。テーマ簡潔で判り易い。
3位『フロスト×ニクソン』…緻密て計算された対談が凄い。
4位『YESマン』…想像の範囲内の作品。内容がテーマに追い付いてない。
5位『DRAGONBALL EVOLUTION』…原作を中途半端に料理している。


…以上の結果になりました。

 5位の『DRAGONBALL EVOLUTION』は誰もが予想できたランキングじゃないかと(笑)。私も原作は読んでいましたが、製作段階で「孫悟空」が高校生という設定を聞いて在り得ない!て思いましたもん。しかも、吾郎ちゃんによると「クリリンが登場しない」だなんて!更に在り得ない!史上最強の人間を出さないだなんて、製作関係者は『ドラゴンボール』の話を理解してないんじゃ?と思ってしまいます。次回作をやる気があるなら、「原案:ドラゴンボール」にして欲しい。
 しかし、余りに良くなかったからって、かなりネタバレオンパレードしていたけど、あそこまで放送しちゃって大丈夫だったのかな?(笑)

 慎吾が原作好きだから入れたんだろうけど、吾郎ちゃんの「堂々の5位」と酷評ぶりは言い過ぎと言うより的を得ていると思います。


 4位の『YESマン』も堂々の4位(笑)。まぁ、ありがちな展開の話と言ってしまえばそれまでですよね。あらすじでだいたい読めてしまうというか…。まぁ、「気楽に観られる映画」て言う意味はイイ作品なんじゃないかな。大下アナは大変気に入っていたようで、吾郎ちゃんに引かれるくらい自分と重ねて語っていて面白かった。ポジティブになりたい!と願っている人にはお薦めの作品のようです。
 あ、でも、吾郎ちゃんは「僕はどちらかというと何でも受け入れるし、どちらかというとポジティブだし…」なんて言ったのを見て、慎吾が「違うよ~。ネガティブだろ~。嘘だよ~。」と文句を言っていたのにはウケました。


 3位の『フロスト×ニクソン』からレベルアップし(笑)、非常に面白い良い作品だと高評価になりました。ドキュメンタリー番組に近い感じにも見えるそうですが、綿密に計算されたインタビュー内容や舞台裏の駆け引き、そのリアルなやり取りに惹き込まれていってしまうそうです。
 「日本の政治家のみなさんにもね、これぐらい見習って欲しいよね…」と、違う意味で毒を吐いていた吾郎ちゃんに同意見でございます。


 2位の『ワルキューレ』も、今までトム・クルーズが出演してきたエンターテイメント作品とは毛色が違い、自分のオーラを消して演じ切っていたところが良いと高評価。また、「ヒトラー暗殺」という一つのテーマで押し切り、暗殺計画の実行までをスピーディーに見せた展開に緊張感を煽られ、非常に見応えがあったとコメントしていました。
 この作品は既に観ていましたが、自分が観て良かったと思った作品を吾郎ちゃんも高評価だと嬉しいわ。


 1位は予想通り『花の生涯~梅蘭芳~』でした。随分前に、この監督作品の『さらば、わが愛/覇王別姫』を吾郎ちゃんが大絶賛していた記事を読んだことがあったので、同じ京劇を扱っているのなら間違いない!って思いましたもん。
 しかし、「チャン・ツィチーの伏し目がちの仕草に男はやられる!」と熱く語り、何故か伏し目がちを何度も再現する吾郎ちゃんが面白かったです。男性がそれをやっても女性は堕ちないと思うなぁ(笑)。やっぱ、男性がグッとくる仕草なんだな。


 そして慎吾は大の『ドラゴンボール』好きだけあり、散々悩みながらも『DRAGONBALL EVOLUTION』を3位に上げていました。個人的には大ブーイングだわ、その動かし方っ!ゲストの小栗旬さんが、吾郎ちゃんの評価の方を推してくれていて嬉しかったというより安心しました。


テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nananbo.blog59.fc2.com/tb.php/93-66c782c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ