ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
ムッシュよ、永遠に… 
2017/03/02 Thu 20:26
 3月に入って早々、悲しいニュースを聞くことになるとは。
 なんか今年は辛くて悲しいニュースが年明けから多くて、さすがのミーハー心も挫けそう。

 ムッシュかまやつ氏の訃報は本当にショックでショックで。ガンで闘病されていることを公表されていたからこそ、絶対に復活して下さると信じていただけに残念でなりません。かまやつさんを失ってしまった実感が全然無くて、また少ししたら幸ちゃんのラジオ番組とかにフラッと出演してくれそうな気さえしてしまいます。

 THE ALFEEファンとしてはアルフィーが売れない時代にかまやつさんが自身のツアーでバックバンドとして雇い、ご飯を奢ってあげるだけでなくアルフィーの出番でも無いのにいきなりステージ上に呼んでくれたり、予定には無い曲を演奏したりとライブバンドとしてのアルフィーを鍛えて下さったり、かまつやさんの存在無くして今のアルフィーは語れない偉大なる大先輩。それでいて、驕り高ぶらず誰とも同じ目線で共演してくれる器の大きい方。病に倒れる直前まで孫にも等しいくらいの若い世代と積極的にセッションしたりと、ミュージシャンとして常に新しい音楽を求めていたという印象が強いです。それでいてトークを始めるとマイペースで癒しキャラだったりして…、一言で語れない多面的なミュージシャンでしたよね。

 何年か前のラジオ番組で吉田拓郎さんが「昔はかまやつひろしの存在意義が見出せなかったけど今なら解る!彼は生きてくれているだけで良いんだ!」と言っていたのが妙に頭に残っていて、音楽界に無くてはならない人ですよね。私ですらかまやつさんの作品は何曲が空で口ずさめる曲があるからなぁ。音楽好きの人間の世界に当たり前のように存在して下さっていた人だと思います。

 アルフィーとは何度もテレビなどで共演してきていたけれど、前にNHKの番組だったかな?かまやつさんを特集していた番組でだったか詳細は覚えていないんですけど、アルフィーとかまやつさんが『四葉のクローバー』を一緒に歌ったのが好きだったなぁ。アルフィーが本家のガロぽく歌っていて、かまやつさんとガロが共演しているようにも映ったんですよね…。あと、アルフィーではないけど和幸とかまやつさんが共演して歌った『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』も凄くカッコ良かった。
 そういえば、アルフィーがブレイクした後に高見沢さんが六本木でかまやつさんに会って「アルフィーの良さってどんなところ?」と尋ねられ「…何なんでしょうね」と即答できないでいたら「良いところが解らないところがアルフィーの魅力なんだろうね」としみじみと言って貰えたというエピソードが大好きです。

 かまやつさんの声を最後に聴いたのは去年の5月かな。幸ちゃんとBSテレビの特番や高見沢さんと幸ちゃんのラジオ番組に続けてゲスト出演して下さって。特に『ロックばん』の方ではスパイダース時代の「え?それ話しても良いんですか?」と高見沢さんも焦るくらいの暴露話を連発して下さって凄く面白かった思い出。まだThe KanLeKeeZがデビュー前で、Takamiyソロver.のメタルにアレンジされた『フリフリ』を聴いてかまやつさんが「この発想は無かった」と面白がっていたんだよね。出来れば、かまやつさんともThe KanLeKeeZは共演して欲しかったな…。きっと一緒にGSごっこしながら楽しんで下さっただろうに…。もっともっと後輩たちにかまやつさんの感性を伝授していって欲しかった。返す返すも本当に残念です。

 去年の6月に放送された『ミュージックフェア』でTHE ALFEEと森山直太郎さんが『我が良き友よ』をコラボした映像を改めて観て、色んな想いが込み上げてきて涙目になっております。

 ムッシュの音楽はこれからも色褪せることなく流れ続けていってくれますよね。

 合掌。


web拍手
2017/02/25 Sat 21:58
 珍しく連日のblog更新。

 だって、だって、昨晩blogを書きながら聞いていたTHE ALFEEの坂崎幸之助さんのラジオ番組NACK5K's TRANSMISSION』に予期せずして10年ぶりにアルフィーの3人が勢揃いしたのですよ!!

 前日の『ももいろフォーク村』の放送において幸ちゃんが風邪により喉が絶不調で声が出なかったという情報を知っていただけに、生放送であるラジオ番組『Kトラ』の放送がどうなるのか気掛かりでしたが、冒頭から幸ちゃんではない聞き覚えのある声が流れてきて「え?」と思ったら、まさかの桜井さんがピンチヒッターとして登場。もちろん隣に幸ちゃんもいたけれど、メインDJは桜井さんになるというサプライズな内容。当日、棚瀬マネージャーが桜井さんに電話でピンチヒッターを打診したら「やるでしょ。俺らバンドだぜ」と即答したというエピソードを明かしてくれて大感激しましたよ。さすが、バンドはこういう時に心強いですね。

 その後は出来るだけ幸ちゃんを喋らせないように棒読みになりながらも番組を進行する桜井さんが素敵過ぎて!桜井さんはDJ向きの良い声だな~と惚れ惚れしながら番組を聴いていたら、何と途中から本当に不意打ちで高見沢さんが「よぉ!」と登場!高見沢さんは番組収録が4本あったのに(BSジャパンの『あの年この歌』かTBSラジオの『ロックばん』かな?)、やはり喉が絶不調の坂崎さんが心配で収録を終えるなり番組に駆け付けたという高見沢さん!ちょっと、泣かせないでよ~。
 新曲をリリースしてもイベントを開催しても、2人のメッセージは流してもこの番組に3人が揃うことなんて10年間無かったのに、幸ちゃんの調子が絶不調と知るなり駆け付けちゃう2人の絆の強さに感動した2時間でもありました。こういうことをサラッとやられちゃうからね、ファンは幸せ者ですわ。

 奇しくも当日はプレミアムフライデーで「プレミアムフライデーとは何ぞや?いつもと変わらないぞ!」と思っていましたが、アルフィーファンには本当にプレミアムフライデーになった夜でしたね。ああ、こんな所で恩恵を受けるとは(笑)

 しかも高見沢さんも登場して10年ぶりに『Kトラ』でアルフィー3人揃ったというのに、本来ならメインDJである幸ちゃんは風邪で声が出せない、桜井さんはピンチヒッターとして番組進行を頑張る、高見沢さんは幸ちゃんは喋らないように見張りながら進行を頑張る桜井さんに茶々を入れて番組を掻き回すという…気が付けば愉快なアルフィーのラジオ番組になっていて終始大笑いしていました。桜井さんと高見沢さんが進行そっちのけで妙なクロストークを繰り広げるもんだから、幸ちゃんも参加したくてウズウズしてアコギを弾くことで存在をアピールしていたり、アルフィーらしさ満載で本当に嬉しい限り。桜井さんはむちゃくちゃ頑張っていたし、高見沢さんは助っ人というより遊びに来ていた体が強かったですが(笑)、メンバーのピンチに駆け付けて番組を盛り上げるバンド仲間って本当に最高ですよ♪
 放送が危ぶまれた回がまさかの神回になっちゃうだなんて、さすがアルフィー!

 ラッキーなことに私が送ったメッセージを桜井さんに読んで頂けましたからね!HNのイントネーションがちょっと違っていて、一瞬別の方が読まれたのかと思いましたけど(笑)嬉しかったなぁ。3人揃っていたのでNACK5ではなく某渋谷方面のラジオ番組で読まれたよな気分になりましたけど。

 ただ、今回は桜井さんと高見沢さんの助っ人により最高に面白い放送にはなりましたが、幸ちゃんにはくれぐれも無理せずに休める時はきっちり休んで療養して頂きたいです。なんせ声が商売道具のミュージシャンなんですからね。声が出せなくなるというのは一般人以上に辛いことだと思います。これからもずっと歌い続けて、喋り続けていって欲しいからこそ、休む勇気も持って頂きたい。来週までには幸ちゃんの喉が少しでも良くなっていると良いな。
 4月かはら春フェスタも始まるし、幸ちゃんだけでなく御三方にはくれぐれも体調管理を万全にして頂きたいです。見た目もやる事も若いけれど、肉体年齢とかは実年齢通りだったりしますからね。元気でいてくれることがファンの一番の望みですもの。

 3人揃っただけに「週刊坂崎」も3人の直筆メッセージがあって嬉しい限り。幸ちゃんを励ます2人のメッセージにまた泣きそうになりましたが、高見沢さんのあのイラストは何なんだろう?マスクした幸ちゃん?ゴジラ?相変わらず愉快なイラストを描かれる方ですよね。和みました。

 そんな訳で、「アルフィーファンで良かった♪」と改めて痛感した金曜の夜でした☆


  web拍手

テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

恒例のバカンス 
2017/02/24 Fri 21:15
CATEGORY【travel】
 本日はプレミアムフライデーとかで15時までには仕事を切り上げることが出来る企業もあるとか。欧米の真似らしいですが、実施する企業は全体の10%にも満たないらしいですね。そもそも小売業やサービス業には関係無いというか、職種によっては余計に仕事が増えるんじゃ?まだ手探り状態で始まったばかりですからね、徐々に浸透していくのかな?メディアが煽っているだけの気がしないでもないですが…。

 数日前まで4泊6日でハワイへ行っていました。
 この時期の恒例と言えば恒例なんですが、今回は頑張って一日増やしてみてホテルもいつもよりランクアップしてみたりね。ただ、これはツアーを予約したタイミングが凄く良くて意外にリーズナブルな価格だったんですよ。一週間後に同じプランをチェックしたら万単位で上がっていましたから。本当にラッキーでした。

 来年以降はどうなるか不透明だし絶対に行きたい!と思っていたから、旅行が決まってからインフルエンザ対策を今まで以上に注意したり、旅行前に食中りにならないように好きな魚介類を生で食べることを控えたりとね、体調管理に気を付けたんですけど右足の親指を怪我してしまって海に浸かれなかったのは痛恨であった…。ま、そんなもんですよねぇ。

ハワイ-ダウンタウン 天気が心配だったんですが全日良好な天気で予定通りに過ごせまして、到着した日は初めてダウンタウンの方に行ったんですけど思っていた以上にディープな街で、ハワイなのに日本人をあまり見掛けなかったし、ワイキキとは雰囲気が全然違いました。中華街ぽかったけど横浜とかの中華街とも雰囲気が違う。夜は出歩いてはいけないよな~みたいな。でも、美味しいお店もあったし、お洒落なお店も幾つかあって、ミスマッチとアンバランスが上手く混ざっている不思議な街でもありました。すごく新鮮な体験だったなぁ。
 あと、道路表記の見た目が可愛くて。書かれていることは「ゴミを捨てるな。海に続いている」ということで、それだけゴミの不法投棄が多いエリアってことなんでしょうけど、街全体が観光地として改善していこうと動き出しているってことですよね。このお魚さんのイラストはダウンタウンのあちこちにありましたもの。

 …と、いきなりハワイらしさを感じない画像を載せましたが(笑)

コオラウ・トレイル 今年は前回のリベンジ!ということで、ちゃんとした所でトレッキングの予約をしてコオラウ・トレイルに再度行きましたよ。ガイドさんがちゃんした方で滝も見ることが叶いましたよ!むしろ、何でこのルートを前回のガイドさんは迷ったのか不思議なくらい。やっぱり変な所で料金をケチッてはいけませんぜ。
 今回のガイドさんは山林を歩きながら植物などについても細かく説明してくれて色々と学べたし、何より驚いたのがガイドさんは日本に3ヵ月程ホームステイをしていた経験があり通っていた大学が私達の母校だったという凄い偶然が!そんな一流でも有名校でもないのに(笑)。今回の旅行の中で一番の驚きだったかもしれません。その所為か、お互い妙な親近感が沸きまして終始楽しいトレッキングになりました。私は滝の近くで足元を軽く滑らせて左足が川にドボンしたけど直ぐに乾いた気候に感謝である。友達の中で多分…いや絶対に私が一番鈍くさいんだろうなぁ。ガイドさんにも「Level4」て言われた(笑)。補助に手を差し出された時も「may be(私の手を取れば多分大丈夫)」と言われて思わず「may be!?」と聞き返してしまい全員に爆笑されたくらいさ。
 しかし、コオラウ・トレイルのトレッキングは初心者向けとはいえ、擦れ違った欧米の方々の中にはサンダルという軽装の方もいたり、赤ちゃんを抱えている方もいたり密かに驚いていました。

 しかし、このトレッキングに限らず、今回の旅行は笑い多き旅だったなぁ。海も相変わらず綺麗で、朝陽や夕陽も堪能できたし、何処に行っても愉快なエピソードが出来てね。どれも偶然の巡り合わせだったんですけど、多少なりとも無理をした旅行でしたが決行して良かったと思っています。行ける時に行っておかないとね♪

 行き帰りの飛行機も大して揺れることなく(特に帰りの機長さんは着陸が上手かった!)誰一人怪我も病気も無く戻って来ることが出来て良かったです。
 また行けるように色々と頑張ろう。

ハワイ旅行2017


 …そして、只今、幸ちゃんが風邪を引いて喉が絶不調と知り今日の『Kトラ』の生放送が気掛かりだったんですが、まさかの桜井賢さんのピンチヒッターで登場して冒頭から爆笑&感動しております。
 バンド仲間って良いですよね。しかもアルフィーの場合、全員トークが秀逸だから!

web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

2017/02/13 Mon 22:40
 気が付けば2月も半ばに差し掛かろうという時期ですが、東京では粉雪が舞ったかと思えばスギ花粉も飛散が始まっているという、色んなものが空気中を漂っている季節なのかもしれませんね。

 只今、高見沢さんがTBSの特番に出演されていますけど長時間テレビの前に居る習慣が無いので(どちらかというと長時間テレビを観るのは苦痛)、HDDさんに頑張って貰っています。テレビを視聴するなら長くても2,3時間がベストなんですけど、ここ数年ムダに放送時間が長いテレビ特番が多くないですか?生放送とかでも半分が過去映像だったり再現映像だったり…今の時代ネットで検索すれば幾らでも観られると有難味を感じない我儘な体質に成長中です。まぁ、今の時代はテレビを齧り付き観るというより、何かしながらテレビを観る…ながら観が主流なんでしょうね。そういう器用な観方が出来ない私は辛い。

 さて、昨日は一年ぶりの再演でもあるInnovation Classics 2017 西本智実×高見沢俊彦 at Bunkamuraオーチャードホール へ行って来ました。2/11,12と2日公演だったのですが、私は12日のみの参加。去年と同じパターンですわ。

Innovation Classics 2017

 前回が大好評だったことを受けて、ヴィヴァルディの「四季」から『夏』とムソルグルスキーの『展覧会の絵』は前回の引き続き今回も演奏されたのですが、今回は新たな挑戦としてTHE ALFEEの楽曲を初日はAプログラムと題して『星空のディスタンス』と『Masquerade Love』を、2日目はBプログラムと題して『恋人達のペイヴメント』と『Orionからの招待状』を演奏するという試み。
 私は2日目のみの参加だったのでAプログラムは鑑賞できませんでしたが、初日に参加したママンボによると『星空のディスタンス』も『『Masquerade Love』も両方素晴らしかったとのこと。特に『星ディス』を絶賛していて、ライブCD盤を出して欲しい!としきりに言っておりました。でも実際にINNOVATION CLASSICS 2017を体験したら「映像ソフトだけでなくライブ音源のCDも出して欲しい!」ってなりましたわ(笑)。去年、初公演して好評を博したから再公演!…というだけでなく、高見沢さんも西本さんも互いに新たな挑戦をしている姿を目の当たりにしてd大感激しましたよ!

 そんな東京2公演の内容は『DeColum』に画像付でレポートが掲載されています。

 以下は私のミーハーな感想になります。
 まだ来月に大阪2公演がありますのでネタバレ満載の感想になりますから、ネタバレしたいくない方はここで読み止めて下さいね。


web拍手
-- 続きを読む --

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

名優、逝く。 
2017/01/26 Thu 23:55
 松方弘樹さんの訃報には衝撃を受けました。
 去年から闘病生活をされていることは報道はされていましたが、病名は違えど盟友の梅宮辰夫さんがカムバックされたから松方さんも…!と信じていたので。

 私の松方弘樹さんのイメージといえば時代劇。夕方の再放送だったと思うけど、祖母と一緒に『遠山の金さん』をよく観ていました。子供心に時代劇によく見る顔だなぁと思っていた。あと『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』では、この人は笑い過ぎても感動し過ぎてもよく泣く人なんだな~と松方さんの一挙手一投足を楽しく観ていた思い出。現代劇でも『HOTEL』のマネージャー役が印象に強いけど、2時間サスペンス物によく主演されていたイメージがあり、特に『犯罪心理分析官』シリーズが好きで大学に進学した時に心理学を学ぼうと思ったキッカケでもあったり。それと別に自分は釣りには興味は無いのに松方さんと梅宮さんが釣りをする特番が放送していたら何気なく観てたり、芝居をすると物凄い迫力があるけどバラエティ番組に出ると愉快な大御所役者さんだという認識が昔も今も変わらない方だった。

 昨今はマグロを釣っている話題が先行していたけれど、松方弘樹は東映の大スターだ!と再認識させられたのが2010年に公開された三池祟史監督作品の『十三人の刺客』での見事なまでの立ち回り。この作品はラスト50分が殺陣というとんでもない展開なんだけれども、その中で群を抜いて強くて美しかったのが松方さん演じた倉永左平次の殺陣。当時68歳だっとは思えないくらいのキレと俊敏な動きと惚れ惚れするくらいの綺麗な静の姿勢は圧巻でした。作品そのものについては過去に散々語っているので割愛するとしても、21世紀に入ってからの時代劇作品であそこまで本格的な立ち回りを演じられる役者さんは少ないし、もっともっと…松方さんが活躍する姿を観たかったと残念でなりません。
 松方さん自身、時代劇を知らない若い世代の役者達に伝えたいこと教えたいこと、まだまだ沢山あったと思うんですよね。

 さすがに直ぐ『十三の刺客』を観なおす気にはなれなくて(作品そのものに魅入ってしまうので重い!)、公開当時にテレビで放送された『十三人の刺客~男祭り』という特番を改めて観たのですが、出演者が勢揃いしてアンケートをするというコーナーで「出演者の中で戦ったら最後まで生き残るのは誰か?」という質問の1位はダントツで松方さんだったんだけれど、松方さん自身が「コレ自分で自分に入れたの。こいつらには負けてたまるかって。絶対に最後まで生き残ってやる。長生きして嫌なジジィになってやる」と笑いながら語っている場面があってね、他の出演者も納得しながら大ウケしていてすごく楽しくて愉快なシーンなのに涙ボロボロになっちゃってね…。
 そういえば、この時とは別の特番で松方さんは吾郎ちゃんが演じた暴君を絶賛してくれていたんだなぁと。これ程の役者さんに認められいた吾郎ちゃんも役者として幸せだよね。

 闘病生活は過酷なものだったでしょうけれど、公私共に豪快に生き抜いた数少ない昭和の大スターだと思います。私が記憶には『十三人の刺客』で魅せたカッコいい松方さんの姿が残り続けます。

 合掌。

web拍手

テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ