ミーハーで蛇足な日記帳もどき。ALFEEを中心に音楽ネタが多いですが 、基本的に何でもアリで節操ありません。
大杉漣さんの訃報 
2018/02/22 Thu 22:15
 昨晩、スマホにニュース速報が入って来て内容を読んだ途端「えっ!?」と思わず声が出てしまった。私と同じような反応が出た方は多いじゃないんだろうか。

 俳優、大杉漣さんの急逝のニュースは余りにも突然過ぎて正直言ってまだ実感が無い。最後は亡くなる役を演じる作品に出たというニュースじゃないかと混乱してしまうくらい。
 だって現在も放送中のドラマ『相棒 season16』や『バイプレイヤーズ』に出演されている。バラエティー番組だってレギュラー出演されている。

 この突然過ぎる訃報の直後に『バイプレイヤーズ』の公式サイトがお悔やみの言葉や当日の放送内容についてトップ記事で掲載していて、いくら当日放送するからとはいっても随分と対応が早いな…と思っていたら、なんと『バイプレイヤーズ』のロケ先でお亡くなりになったとか!ロケを終え、夕食を済ませ、宿泊先のホテルに戻ったら腹痛に見舞われ、『バイプレイヤーズ』の共演者のグループLINEで体調の不調を訴えいち早く気付いた松重豊さんが部屋にやって来て、「病院へ行きましょう」と付添いタクシーで救急病院に向ったら容体が急変して…って。最期は松重さんはじめ『バイプレイヤーズ』共演者にも見守られただなんて、良く出来過ぎたドラマとしか思えない。こんな最期ってあるんですね。

 しかも「300の顔を持つ男」と評される程、数多のキャラクターを演じてきた大杉さんが最後に演じていたの「大杉漣」だなんて、物凄く早過ぎる幕引きではあるけど役者としてこんなにも鮮やかな終演てあるだろうか?
 総てが余りにも出来過ぎていて、そして余りにも早過ぎて現実感がありません。それだけ大杉さんが歩んできた役者人生が偉大だったということなんでしょうけど、悲しいとか辛いとかそういう次元の感情では表せません。

 個人的には8年前に稲垣吾郎さんと共演した新国立劇場で上演された舞台『象』で、初めて大杉漣さんを生で拝見しました。当時の感想はblogにも載せていますけど、シリアスな不条理劇でありながら不意にアドリブを入れて素の大杉漣になって笑いを取ながらも即座に演じる役柄に戻り、場の空気を一瞬で変えてしまう演技力には圧倒されました。
 まだ66歳、今後もどんなキャラクターを演じて下さるのかもっともっと観たかった。

 役者の顔の他に大のサッカー好きだったり、猫好きだったり多彩な面を持つ大杉さん、中でもフォークへの造詣が深く自分の芸名に大好きなフォークシンガー高田渡さんに「ご子息の高田漣さんの名前を付けさせて欲しい」と直談判したエピソードは有名。何度かギターで片手に歌っている姿をテレビでも披露されていた。あの楽しげな姿は今でも印象に残っています。

 誰もが衝撃を受けた突然の訃報に、もしかしたらご本人も「今度は天国で死者の役かな?」と思っているかもしれない。
 大杉漣さんが演じてきた生き様は忘れません。どうか安らかにお眠り下さい。



web拍手
2018/02/09 Fri 19:52
 気が付けば2月も半ば。
 関東の寒波はだいぶ落ち着いてきたけど福井を中心に北陸の方は32年ぶりの豪雪ということで、何日も相当数の車が立ち往生となり殆ど災害と化している状態。かと思えば台湾では大きな地震が起きて、まだ安否不明者も多いので心配です。株価もアメリカの影響を受けて不安定。そんな中で冬季オリンピックが本日より開催。妙に政治の匂いが漂い素直に見られない気分ですけど、どの国の選手達もこれまでの成果が発揮できるように頑張って頂きたい。そして何より、無事に閉幕しますように。

 プライベートなことでは少しだけ嬉しいことがありました。
 本当に些細なことだけどTwitterでサントリーの該当ツイートをRTしたら、2/13より発売されるノンアルコールビール「オールフリー」の稲垣吾郎さん&香取慎吾さんの直筆メッセージ入りラベルの缶が当選しました♪

新オールフリー、限定ラベル

 可愛いミニサイズですが嬉しいモンは嬉しい(笑)
 吾郎ちゃんと慎吾くんの直筆メッセージも個性が出ていて良いですね。まだ飲んでいないんですけど、オールフリーはノンアルコールビールの中でも美味しいのでリニューアルした味も楽しみです。一昔前はビール好きからすれば「ノンアルコールビールを飲むくらいなら普通のソフトドリンクを飲む!」的な存在でしたが、オールフリーが出た頃から格段とビールに近いノンアルコールドリンクが増えてきた気がします。ちょっとビールを飲みたい気分だけど翌朝は車を運転するからなーという夜は、よくノンアルコールビールで凌いだものです(笑)。あと家でお酒を飲むのを控えなくちゃなーと思った時の有り難い代替え品。そんな存在です。


 そして、凄く哀しいことは今日突然入って来た訃報。
 MR.BIGのドラマー、Pat Torpey死去のニュースは本当にショックでした。パーキンソン病を公表しながらもドラマーとしてプレイを続けていた姿には心を打たれましたし、何よりMR.BIGは去年も来日公演を果たして盛り上がっていましたからね。パットはとにかくプレイスタイルも風貌もカッコ良かった!まだまだ逝くには早過ぎます。
 学生時代、部活で一緒だった同級生がMR.BIGが大好きで頼んでもいないのにCDを何枚も貸してくれて、もちろん興味が無ければ2,3曲聴いてハイ聴きましたで終了していただろうけど、どのアルバムを聴いても良かったもんなー。結局、何枚か自分で買ったし。でも、暫くは彼等の音楽を聴く度に哀しい想いに駆られるんだろうな…。

 素晴らしいミュージシャンがまた一人此の世から去ってしまったのが残念でありません。
 R.I.P.





web拍手

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2018/01/26 Fri 20:31
CATEGORY【travel】
 数十年ぶりの大寒波の到来により東京でも連日氷点下を記録する異常気象が続いておりますが、私は東京に4年ぶりの大雪をもたらした日まで常夏の島で束の間のバカンスを満喫しておりました。

 お蔭様で色んな事が浦島太郎状態です。意外なニュースがあったり、おいおい…と思ったニュースもあったり。寧ろ、知らないでいた方が良かったじゃないかと思うこともあったり…。
 THE ALFEEに関しては『大阪国際女子マラソン』のテーマソングが今年でラストになるというのを帰国してから知りました。アルフィー関連でいえば、1/20の桜井賢さんの63回目のお誕生日お祝いは異国の地からメッセージを送りましたわ♪あと、小説家である高見澤俊彦氏の作品『音叉』第3話が収録された『オール讀物』2月号も昨日買いました!その他、色々取りこぼしている気がするけど、そのうち追い付きます。←

 しかし、今は時差ボケならぬ温度差ボケというんでしょうか。30℃近い気候の中で数日過ごした直後に雪が残る氷点下の気候の中で過ごすって思っていた以上にしんどいです。温かいビーチできゃっきゃっしていた足が翌日には氷と化した雪を踏みしめることになるとは想定外。インフルエンザも大流行していることですし、有給を取って遊んで来た分、体調を崩して仕事に支障を来たす訳にはいかないと必死です。

 でもって常夏の島のバカンス話に戻りまして。

ハワイ旅行2018


 1月のハワイは雨期に当たるので(だからこの時期のハワイ旅行は安い)通り雨に何度か降られましたが、全日天候には恵まれた方だと思います。ただ、天気が快晴だったら眺めが最高だった岬めぐりの時に限って一時的にスコールに遭ったり、昼過ぎまでしかいられない最終日が一番天気が良かったというのは…「旅行あるある」かな(笑)

ハワイ旅行2018夕陽


 でも毎日のようにビーチを散歩できたし、綺麗な夕陽を堪能できたし、このバカンスの為に旅行資金貯めて、休暇をもぎ取って、インフルエンザや風邪を引かないように気を付けまくった甲斐があったというものです。
 今回は例年以上に一緒に行った友達の周囲でもインフルエンザが流行りまくっていたので戦々恐々でね。各自気合いを入れて体調管理をした所為か、誰一人インフルエンザを発症することなく健康な状態で行けたのは本当に良かった。旅行中も怪我や事故や病気が無かったのも幸い。楽しい思い出を作って無事に帰って来られたのが一番嬉しい事かも。

 其々の仕事の都合とか色々あって友達全員が休みを合わせることとか年々難しくなってきていて、「今回が最後かな」という想いも多少はあったのか、互いに自分に合った楽しみ方を率先して選んでいった旅行でもあった気がします。現地ではメインのアクティビティやディナー以外は各自フリーダムに行動していたかな。適度な距離感を保てる間柄ってとても貴重な存在だと年々痛感しますわ。

ハワイ旅行アクティビティ


 ハワイは観光都市だけあって行く度に新しい施設が増えていて、特に大型ショッピングモールがあっちこっちに出来ているから買い物天国でもあるのだけれど、やっぱり「自然」を堪能したい気持ちは変わらずありまして、植物園を巡ったり(…と言っても山の中ハイキング)、断崖スレスレを渡り歩くちょいとハードな岬めぐりをしたり、普段はなかなか出来ない山や海に囲まれる環境を愉しみました。特に岬めぐりでは見晴らし台からホエールウォッチングも出来たり、雄大な自然を目の当たりに出来て感激でしたね。

カカアコウォールアート


 最近では「インスタ映えする」と評判のカカアコウォールアートという倉庫街にアーティストがペイントした壁画が観光スポットになっていて、街にも新しいショップが出来たり一気に発展してきている地域もあり、普段は写真とか撮ったりしない者同士なのですが流行に乗ってお互いを撮り合ったりと今までには無かった旅行の楽しみ方も体験できました。
 ただ、カカアコは倉庫街が徐々に発展しつつある地区でしてショッピングモールがある所は栄えているけど、ペイントアートがある倉庫街は日中でも人気が少なくワイキキとは雰囲気が全然違うので(ダウンタウンに近いかも)一人でお気楽に散策できる場所ではないかも。少なくとも夕暮れ以降は行っちゃいけません。高層ビルが幾つも建設中だったから数年後には雰囲気が様変わりしているでしょうけどね。

 しかし、ハワイは植物園や岬など自然をそのまま保護するエリアと、観光客を呼び込む為にどんどん開発していくエリアと両極端だな~と感じた旅行でもありましたね。きっと、一つのエリアは10年後に行っても当時とまるで変わらない風景を見ることが出来て、もう一つのエリアは10年後まったく新しい風景を見ることが出来るんでしょう。

 行く度に色んな発見があるし、心身共にリフレッシュできるから「また行きたい♪」て気分にさせられるのかな。また同じメンバーで楽しい旅行ができるように今後も頑張ろうっと。

 この先も何の気兼ねなく海外旅行が計画できる世界情勢であって欲しい。

web拍手

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

2018/01/10 Wed 20:20
 2018年が明けて早々、悲しいニュースが幾つも入ってきて辛いですわ。

 しかし、折角の成人式を台無しにした着物レンタル会社の雲隠れ問題は酷過ぎますね。福岡支店は社長と連絡が取れない状況でも独断でお店を開けて対応したそうですけど、他は預かった着物や代金を持ち去ったまま成人式の当日にトンズラ。有り得ない…!着物を預けた人の中には母親から継いだ着物だってあるだろうし、我が子の為にとお金を貯めて買った着物ばかりだと思うし、代金持ち逃げだけでも腹立たしいのに家族の想いまで持ち去るだなんて絶対に許されてはならない。噂じゃ転売されているとか聞くけど、全ての着物が無事に持ち主の手元へ戻りますように。あと同名のお店が酷い風評被害に巻き込まれているので、経営責任者は一刻も早く表に出て来て謝罪して処罰を受けるべき。こういう時こそマスコミが活躍すべきでは?
 前に旅行代理店が似たような手口で計画倒産したけど、顧客の立場どころか己の責任を自覚しない経営者が目に付くようになったね。特にインターネット上では幾らでもクリーンに着飾れて誤魔化せるから誰でも自称経営者になれちゃう時代。人との繋がりを大事してくれる経営者の皆さん、そんな偽物達に負けないで頑張って下さい。

 …で、昨晩一番驚いたのはギタリスト、藤岡幹大さんの訃報。

 あまりに突然のことで、ご本人の公式ツイートが第一報だったけけど「フェイクニュース?乗っ取り?」と疑ったくらい実感が無かった。本当に急に逝ってしまって、多分ご本人が一番驚いていんじゃないだろうか。
 BABYMETALを支える神バンドのギタリストしての知名度も高いですけど、身長158cmの華奢体型とは思えない存在感と安定感のあるプレイは国内外からも認めらいるし、講師として活躍されている印象も強いお方でした。個人的には何であんな滑らかに左指が動かせるのか不思議でしょうがなかった。幼いお嬢様達が自慢でツイッターでもよく登場していただけに色々と辛い。

 同じ神バンドのメンバーであるBOHさんが藤岡さんへの想いをブログに綴られていらっしゃいますが、藤岡さんがどれだけ愛される人柄であったのか伝わってきて胸が一杯になりました。
 藤岡さんの志半ばで終わってしまったミュージシャンとしての情熱はしっかりと心強い仲間達が受け継いで行ってくれますよね。

 偉大なギタリストであった藤岡幹大さん、安らかにお眠りください。






web拍手

テーマ:BABYMETAL - ジャンル:音楽

謹賀新年2018 
2018/01/01 Mon 20:40
CATEGORY【diary】
 2018年、明けましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願い申し上げます。

 2018年も例年と変わらないような朝を迎えました。
 届いた年賀状を確認して、家族揃ってお節料理を頂いて、お墓参りに行って、その足で買い物に行って…。いつも通りの事が出来た幸せ。当たり前が一番嬉しいです。

 2017年は振り返るのも嫌なくらい公私共に大変な一年でして、とにかく辛くて悲しいことが続いた年だったなと思います。勿論、良いこともあったんですよ。「一生分の運を使っちゃったかな?」と思うくらいラッキーなことだってあったんですけどね、精神的にキツかったことが多くて悲しい涙を今までの生きてきた中で一番流した年だったかもしれません。
 だから今年は穏やかに健やかに過ごせれば良いな…と。

 そんな訳で今年は年賀状を書くのを止めようかと思ったこともありましたが、2018年で以下のような年賀状を書き続けて30年目になることに気付き、我ながらよく続いたと思います。学生時代から私を知る友人知人は「毎回飽きずによくやるな」と呆れていることでしょう(笑)。だから個人的な節目じゃないですけど、今回まではしっかり書こうと思いました。あと、明るい年賀状を書いて明るい年が舞い込むように願いたいっていうことも大きかった。

謹賀新年2018

 少しでも目出度い感じに♪…と2018年の年賀状はThe KanLeKeeZの高見沢さんにしました。
 いつもはギターに力を入れるけど今回は衣装に一番力を入れました(笑)。このイラストを描く段階でThe KanLeKeeZの衣装はサイケ柄のミリタリー衣装が最新だったのですが、サイケ柄を描くのが面倒だったので一番目出度い感じがする赤ヴァージョンにしたものの、その後のアルフィーの日本武道館2days公演に参加した際、「レコード大賞」の企画賞にノミネートされたThe KanLeKeeZがその為に衣装を新調した!しかも初代の赤のミリタリーを踏襲してサイドに黒のラインが入ってる!…なんてなったもんですから、プリンターで印刷する前に慌ててミリタリー衣装のサイドに黒のラインを追加したんですよ(笑)。ま、本家と同じく判り難いんですけどね。←

 でも2018年の年賀状はThe KanLeKeeZの高見沢さんにして良かったー!と思っています。
 昨年の12/30に放送された『第59回 日本レコード大賞』において、企画賞を受賞したThe KanLeKeeZがパフォーマンスを披露した際に、演奏前のMCで安住アナウンサーと高見沢さんがコントばりのトークを展開したり、カバー曲の『ブルーシャトウ』、『あの時君は若かった』、オリジナル曲『Dancing 60's』をメドレーで演奏した際のカッコ良さが5分ちょっとの出演時間でも十分過ぎる程のインパクトがあって(大阪城ホールの翌日の出演だけあって特に桜井さんの声が出ていたぁ♪)、その放送時間以降ネットショッピングサイトでThe KanLeKeeZのアルバムがちょろっと売上を伸ばしたという事態になったり!ファンとしてはかなり嬉しい展開になったのですよ。
 直後のTBSラジオの生放送トークで高見沢さんが「今年でカンレキーズは終わりにしようかと思っていたんですけど、企画賞も頂いたのでちょっと考えます!」なんて言っていたり、今後も少し活躍しそうなThe KanLeKeeZにちょびっと期待しております。勿論、私の大本命はTHE ALFEEですよ(笑)。『レコ大』と連動していたラジオ放送もなかなか愉快で、テレビでは大人しくしていた幸ちゃんと桜井さんがアルフィーらしい本性を露呈して短いながらも最高に笑わせて頂きました!

 年末のテレビ番組といえば大晦日はなんだかんだいって『孤独のグルメ』大晦日SPを観てました。鯛のどんぶりとか、焼き肉とかラーメンという鉄板メニューに加えて、ラスト数分は某所から生放送で年越し蕎麦を食べるシーンでしたから見応えがあり過ぎて!あと、生放送でもエンディングの時間ピッタリに食べる五郎さんを演じきった松重豊さんに役者魂を見ましたね。2018年中に新シリーズが放送されないか、こちらの方にも期待しておこう。
 『紅白』はちょこちょこ観ましたけど、なんだかんだで演歌歌手やベテランの方々の安定感と上手さは別格だな~としみじみ感じる年齢にどうやら私も突入した模様です(笑)

 そんでもって新年はこれから『相棒 お正月SP』を観ます!
 一年の間で年末年始が一番テレビの前に居るかもしれません。

 2017年は1月かライブにバンバン行っていたけど、2018年はまず1月はライブ御休み期間。2月から本領発揮!というペースでいくかな?どうなりますかね。ライブは私の大切なエネルギー源でもあるので、楽しくライブに参加できる日常を維持できるように2018年も頑張ります!
 幾つになってもミーハー活動は大事♪

web拍手

テーマ:日記 - ジャンル:日記


copyright © 続・蛇足帳~blogばん~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ